ピーロート・ジャパン「ル・グラン・テイスティング」

Photo_4

11月2日~4日、三日間にわたり目黒雅叙園でピーロート・ジャパン「ル・グラン・テイスティング」が開催され、約6,000名の来場者が最高品質のワインを楽しみました。

フランス
人気の一番はやはりフランス。30以上のブランドが集まりました。

Photo

ドメーヌ・ベルターニャ Domine Bertagne

ブルゴーニュ、ウジョーの生産者。
安定した味わいで人気です。
今回はマダムが来場。

Photo_2

ドメーヌ・ドゥ・バロナーク Doomaine de Baronarques

バロネス・フィリピーヌ・ドゥ・ロートシルトと彼女の二人の息子が、1998年、ラングドックのオード県リムー近くの ドメーヌ・ドゥ・バロナークを購入。
以来、ラングドック・ワインのトップを走り続けています。
ワインはエレガンスさと、ラングドックの親しみやすさを持っています。

オーストリア
グリューナ・フェルトリーナがやはり魅力。

Photo_7
ローレンツ・ファイヴ Laurenz V.

1124年創業という古い歴史を持ちながらも、常に新しいことにもチャレンジし続けています。
「ローレンンツ・ファイヴ&ソフィー シンギング」はローレンツV(5世)の娘、ソフィー氏に捧げられた、シンギング(歌いたくなるような)ワインです。

 

■チリ
今回はチリのプレミアムワインが多数登場。

Photo_6
クロ・アパルタ Clos Apalta

コルチャガ・ヴァレーに1994年、グラン マルニエ創業者のひ孫夫妻が創立したワイナリー。 
ラポストールとミッシェル・ローランの共同プロジェクトとして1997年にリリースされました。
上品な味わいのプレミアム・チリ。

Photo_8
オッドフェル・ヴィンヤーズ Odfjell Vineyards

30年以上前、ノルウェー人で船舶所有者であったダン・オッドフェルがマイポ・ヴァレーを訪れ、その地のテロワールに魅了され、ワイン造りを始めました。
コルチャグア、ロントゥエ、カウケネスに畑を増やしましたが、そこには100年以上の樹齢のブドウも植えられています。
オッドフェルのロゴは、持続可能と不滅を象徴。
2012年にはバイオダイナミック農法のデメテール認証を受けました。

Photo_9

ワインラベルもビオっぽい。

Photo_10

ヴィーニャ・ヴィック Vina VIK

アレクサンデル・ヴィック氏が南アメリカで一番のワインを造ることを目指して興したワイナリー。

とても印象的なボトルデザインの「La Piu Belle」。
カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、カベルネ・フラン、メルロ、シラーのブレンド。

******

世界各地の65の生産者が並ぶ会場は壮観。
また来場者の年齢が若返っている印象のあるグラン・テイスティングでした。

| | コメント (0)

ボルドー上級甘口ワインセミナー~「和の味」の最高の出会い

Photo

11月1日、六本木「割烹 小田島」で、ボルドー上級甘口ワイン組合による「プレス向けフードペアリングセミナー」が行われました。
会場には生産者協会代表のエマ・ボードリー氏、シャトー・ド・マルサンのギヨーム・ゴンフリエ氏、シャトー・ルピアック・ゴディエのニコラ・サンフルシュ氏が来場。
ナビゲーターはソムリエの大越基宏氏。

ボルドー地方の甘口ワインの保護原産地呼称(AOP)は10あります。
AOPソーテルヌ、AOPバルサック、AOPルービアック、AOPサント・クロワ・デュ・モン、AOPカディヤック、AOPプルミエ・コート・ド・ボルドー、AOPグラーヴ・スペリウール、AOPコート・ド・ボルド・サンマケール、AOPボルドー・スーペリウール、AOPセロンス。
甘口と言っても、それぞれ味わいやスタイルが異なります。

Photo_2

この日に提供されたワインは11種。
それぞれに和食の特徴的な味わいのものがペアリングされました。

🍷シャトー・ド・マルサン 2016 AOPプルミエ・コート・ド・ボルドー×「鯛の昆布じめ ウニソース」
ウニのねっとり感が甘口にぴったり。

🍷シャトー・ルピアック・ゴディエ 2016 AOPルービアック×「とうもろこしと長芋の揚げ物」
甘口ワインの高い酸が、揚げ物をすっきりと食べさせてくれます。

🍷パヴィヨン・ド・ルケット 2014  AOPルービアック×「イカの塩辛ゆず風味にふり胡麻」
塩辛と甘口ワインの意外な組み合わせです。これは自宅でも試したい組み合わせ。

ブドウの品種や、樽の使い方などでワインボディの重いものは、やはりしっかりした料理が合うようです、
また、塩味や油が甘口ワインのおいしさをより引き立てます。
以前よりは糖度を抑え、よりナチュラルな味わいを目指したものが多いように感じました。
そのためより料理に合わせやすくなっているようです。

新しい甘口ボルドーの楽しみ方を知ったセミナーでした。

Photo_3

| | コメント (0)

ギィ・マルタン シェフの「味覚の授業」

10月東京・中央区の明正小学校で、パリの二ツ星レストラン「ル・グラン・ヴェフール」のギィ・マルタン シェフによる「味覚の授業」が行われました。

Photo
味覚の教育活動「味覚の一週間®」で行われている、小学生を対象にした「味覚の授業」。
マルタン・シェフはフランスで30年ほどこの「味覚の授業」を行っています。

「ボンジュール!!」マルタン先生が教室に現れると、小学3年生の勢い良い挨拶の声が響きました。
「発言する人は手を挙げてから」など、マルタン先生の授業ルールの説明から始まります。

Photo_3

Step 1 パン
ひとりひとりに3つのパンが配られます。
「匂いを嗅いでみて、違う匂いがするか?」とマルタン先生。
次に「食べてみたら、味の違いが分かる」と。
じつはこれ、米粉でつくったパン、工場で大量生産された工業的なパン、職人が手作りでつくったパンなのです。

Step 2 水
今度は3つのカップに入った水が配られます。
ここでミネラルウォーターと水道水の違いを学びます。

Step 3 ゼリー
オレンジしたゼリーが2種。
ひとつは工場で人工的な香りと味わいで作られたもの、もうひとつは天然果汁を使って職人が作ったもの。

Step 4 5つの味のビスケット
5つの並べられたビスケットは5つの味(苦み、甘み、酸味、塩味、旨味)で作られています。

見て、匂いを嗅いで、甘いか?辛いか?熱いか?冷たいか?─味わうことの基本で、自分の身体に何が良いか? 何がお腹が喜ぶか?
「今日から何かを食べる時、君たちには今までとは違う味がするはず」というマルタン先生の最後の言葉でした。

Photo_2

見て、香りを嗅いで、味わう─ワイン・テイスティングと同じでした。

写真提供:「味覚の一週間」®実行委員会

| | コメント (0)

CORAVIN(コラヴァン)発明・創立家によるプレゼンテーション

10月30日、31日、アカデミー・デュ・ヴァン青山校においてCORAVIN(コラヴァン)CEOグレッグ・ランブレクト氏によるプレゼンテーション「ブラインドテイスティング」が開催されました。

Photo

コルクを抜くことなくボトルの中のワインを楽しめ、ワインを注いだ後にニードルを抜くとコルクが自然に穴を封止し,何カ月でもワインを保護する、という画期的なツール「CORAVIN(コラヴァン)」です。

CORAVINの発明・開発家で創業者のランブレクト氏は、MIT(マサチューセッツ工科大学)卒業後、医療器具の開発に携わりました。
神戸に住んでいたこともあって、プレゼンテーションは日本語で行われました。

ワイン愛好家でもあったランブレクト氏は、ワインをいつまでもおいしく飲みたいと思っていました。
ガン治療で使う特殊な針を使えば、コルクを抜くことなくワインをグラスに注ぐことができるのではないか?と考えたのです。
「アイデアはあったが、開発は難しかった」とランブレクト氏。

2013年に背品として発売がスタートしたCORAVINですが、材質の変化、カラーヴァリエーションの追加など進化し続けています。
現在、世界70カ国で発売。
ワイナリー、レストラン、エデュケーター、ワイン・ラヴァーなどの他にロバート・パーカーやジャンシス・ロビンソンなどにも愛用されています。

Photo_2
2カ月前にCORAVINを使用して開けたワインと、当日に抜栓したワインを比較するブラインドテイスティングが行なわれました。
CORAVINを使用したブルゴーニュ/ヴォルネイ2015は、新鮮な味わいを保っていて、とて抜栓して2カ月経ったものとは思えません。

一度に飲みきれないグラン・ヴァンを新鮮なままもう一度飲みたいワイン・ラヴァー、高価なワインをグラス売りしたいレストラン&バーにはとても貴重なツールです。

2
http://www.coravin.jp/

CORAVINについてのより詳しいことは専用ホームページで

| | コメント (0)

八丁味噌ソースのおにぎり ~West meets East~

「味覚の一週間」®第7回インターナショナルBENTOコンクールに応募した「八丁味噌ソースのおにぎり ~West meets East~」が実行委員会賞をいただきました。
今年のテーマは「おにぎりで出会う食文化」。

以前、フランス人との会食でステーキが出た時、そのフランス人がいきなりフォークでソースの味見をしたので、なぜそうしたのか訊くと、「ステーキはフランスの家庭でよく食べられるが、家それぞれのソースの味がある」と言われました。
「フランス料理はソースで食べる」とも言われますが、「本当にそうなのだ」、と実感。

そこで、おにぎりをソースで食べては?と言う発想でつくったのがこの料理。

ソースには日本の伝統的な食材という事で先日、入手したカクキューの「有機 八丁味噌」を使用。
味醂と料理酒を同量加え、隠し味に顆粒の野菜コンソメを少々加えます。

具はエスカルゴにしたいところですが、予算(コンテスト規定で500円以内)なので、食感のタコのアヒージョに、海老のアヒージョを加えたもの。

おにぎりの表面にいり胡麻をまぶして、八丁味噌ソースとおにぎりのごはんの違和感を無くします。
味噌と胡麻の相性の良さは周知のこと。

さっぱりした後口にしたいので薬味に細ネギを加えました。
みじん切りにトッピングにするのではなく、まるごと1本添えたのは、手で千切って加えて食べて欲しいから。
伝統的なフランス料理では、完成した形で料理が提供されますが、日本では焼き魚のスダチのように食べる人が手を加えることがあります。
食材や調理法だけでなく、食べ方にも食文化の違いが現れるからです。

Photo_2

賞品で天然羅臼昆布をいただきました!

| | コメント (0)

「味覚の一週間」®第7回インターナショナルBENTOコンクール、結果発表!

10月17日、東京ガスStudio+GGINZAで「味覚の一週間」®第7回インターナショナルBENTOコンクールの最終選考会が行われ、結果が発表されました。

一次審査(書類選考)通過者10名が最終選考会に進出、応募作のおにぎりを調理しました。
調理の間には、審査員の方々からの質問あり、プロの料理コンクールのようです。
30分の調理時間が終わった後、審査員の試食。
その後、審査会が行われ、結果が発表されました。

優勝
わんちゃん さん 「たらことチーズの発酵健康おにぎり」

準優勝
りんご さん 「APEROnおにぎり」

3位
ミッチ―ドリーム さん 「焼き鮭とパルミジャーノのおにぎり」
msy Kame さん 「ボッタルガおにぎり」

おにぎりの写真とレシピは公式サイトで見ることができます。
https://legout.jp/bento-contest/

Photo
審査員の方々とファイナリストたち。

写真提供:「味覚の一週間」®実行委員会

| | コメント (0)

Spain Wine & Gourmet Fair 2018

10月24日、25日、八芳園において「Spain Wine & Gourmet Fair 2018」が開催されました。

ワイン、オリーヴオイル、生ハムなどの25生産者が日本輸出を目指して出展しました。

01_2
Antigva アンティグア
DOリベラ・デル・ドゥエロ
DOカバ

🍷Millésimé  ミレジメ
マカベオ30%、パレラーダ30%、シャレーロ30%、シャルドネ10%
熟成34カ月のため、ひじょうに細かな泡で、クリーミーな口当たり。
ほどよい残糖。

03

Bodegas Sommos ボデガス・ソモス
DOソモンターノ
DOカラタユド

スペインでは、ユニークな形をしたモダンなワイナリー建築があります。
ボデガス・ソモスのワイナリーもJesús Marino Pascual氏の手による左右対称型の巨大なワイナリーです。
大手グループのワインらしくいずれも安定した造りですが、主力はDOソモンターノ。

🍷Glarima Joven Tinto
メルロ50%、テンプラニーリョ30%、シラー10%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
コスパの良いエントリーワイン。
ブレンドのためバランスが良く、食事と楽しむためのワイン。

04

Bodegas Altanza ボデガス・アルダンサ
DOシェリー
オリーヴオイル

1998年、リオハ・アルタで創業。
テンプラリーニョのワインを主にフレンチオークで熟成させるモダンなスタイルのワインを造っています。
また、ワインのラベルにはスペイン人画家の絵があしらわれています。

半年前にシェリー製造のプロジェクトが始まりました。
今回はパロ・コルタド、アモンティラード、オロロッソ、ブランディ、ペドロ・ヒメネスそしてヴェルモットの出展です。

シェリーはいずれもクリアなモダンスタイルで、ギアペニンやパーカーポイントで高得点を獲得しています。
とくにヴェルモットは、イタリアのものとまったく異なる味わい。エレガントでロックで飲んでもおいしそう。

04_2
輸出部長のElena Sanchez Tenderoさん。

6
Bodegas Beronia S.A. ボデガス・ベロニア
DOCaリオハ

🍷Ⅲa.C.Beronia
テンプラリーニョ96%、グラシアーノ2%、マズエロ2%
樹齢70年以上のテンプラリーニョから造られるスーパープレミアム・リオハ。
コールド・マセラシオンの後、26℃以下で発酵するモダンな造り。
濃厚な赤色、熟した果実に、チョコレートの風味が加わるフルボディ。
おそろしいまでにシンプルなボトルデザインが目を惹きます。

9
Bodegas Heras Cordon ボデガス・エラス・コルドン
DOCaリオハ

リオハ・アルタで100年以上続く家族経営のボデガ。
古木と低温発酵しない伝統的な造りで、クラシックなリオハを産み出しています。

🍷Heras Cord o n Reserva 2012
樹齢46年のテンプラリーニョ90%、樹齢35年のマズエロ5%、樹齢31年のグラシアーノ5%
手摘みしたブドウを自然酵母で30℃までの温度で発酵。
18カ月フレンチオークとアメリカンオークの樽で熟成。
伝統的な温度で造られる、リオハらしリオハ。
複雑な味わいと、ていねいな造りからのエレガンスさが魅力の1本。

写真は輸出部長のVictor Zabalza Ulibarri氏。

.***

全体的に規模の大きな生産者多く、安定した造りのワインのため輸出を目指しているのがよく分かります。
スペイン固有品種がもっとあっても良いのでは?という感じもしました。

| | コメント (0)

イタリアのテーブルブランド「イタレッセ」のCEOが新商品発表で来日

イタリアのテーブルブランド「Italesse イタレッセ」のCEOマッシモ・バルドゥッチ氏が来日。
10月18日、青山オーバルビルにあるモンテ物産直営店「CA' MONTE(カ・モンテ)」で新商品「Masterclass Collection(マスターコレクション)」のプレゼンテーションを行いました。

Photo
1973年、トリエステでクラウディオ・バルドゥッチ氏が創業したItalesse。
マッシモ氏は二代目です。
数々の美しくて、手頃な価格のグラスを発売してきたItalesseが、現在のイタリアグラスの最高の技術で造りあげたのが、Masterclass Collection(マスタークラスコレクション)。

「ブドウ品種によってグラスを選ぶのではなく、樽を使っていたり使っていなかったりなどからくるワインのスタイルによって選ぶグラスを創りました」というマッシモ氏。

Photo_2
マスタークラス 48
容量480cc  税抜き価格\2,500
フレッシュな白ワイン、ロゼ、スパークリングなどに。

マスタークラス 70
容量480cc  税抜き価格\2,800
マスタークラス 48と同じようなフォルムで大き目。
樽熟成のシャルドネや若々しい赤ワイン、ボディのしっかりしたロゼヴィンテージ・シャンパンなどに。

マスタークラス 90
容量480cc  税抜き価格\3,000
熟成したピノ・ノワール、オレンジワインにも。

いずれもマシンメイドと思えない細さのステムが美しい!

マスタークラスコレクションはLAZY SUSAN(レイジースーザン)の各ショップで1脚ずつ購入できます。

Photo_3

おいしくワインを飲むためには、やはり良質のワイングラスが必要です。

| | コメント (0)

「プロセッコ月間(メーゼ・デル・プロセッコ)2018」結果発表

8月1~31日開催された、プロセッコDOCプロセッコ・飲食店販売キャンペーン「プロセッコ月間(メーゼ・デル・プロセッコ)2018」の結果が発表されました。
第二回となる今年は全国から114店舗だ参加。

1位: ビアンカ (東京・渋谷区神宮前)
2位:トラットリア・アズーリ (埼玉・さいたま市南区)
3位:ベネチア食堂 (静岡・藤枝市)

特別参加賞
俺のイタリアン YAESU / 東京・中央区八重洲
NIDO(ニド) / 東京・品川区大井
Sergio(セルジョ) / 愛知・名古屋市中区
ラ・ソムリエール / 静岡・静岡市葵区
ワインレストラン ドミナス / 東京・中央区日本橋室町
Cantina arco(カンティーナ アルコ) / 京都・京都市中京区
FINE DEL MONDO(フィーネデルモンド) / 愛知・名古屋市瑞穂区)

| | コメント (0)

「イタリアワイン六千年 2018」始動!

6000

10月5日、ザストリングス表参道で、イタリア大使館貿易促進部によるイタリアワイン・プロモーション「イタリアワイン六千年 2018」の記者発表がありました。

6000_2

ジョルジョ・スタラーチェ在日大使閣下からは、2017年のイタリアワインの日本への輸出総額は前年比10%増の約217億円、2018年は上半年で12.4%増となっているとの説明がありました。
今年からは「イタリアワイン三千年」ではなく「イタリアワイン六千年」として通年でイタリアワインのプロモーションをさらに強化することが発表されました。
  
写真は、イタリアワイン試飲会「BORSA VINI」(京都11月12日、東京11月13日開催)のチラシを手にするスタラーチェ在日大使閣下と、「イタリアワイン六千年」のアイコン・イラストを手掛けたヤマザキマリ氏。

6000_4
イタリア大使館貿易促進部部長アリスティア・マルテッリーニ氏からは開催趣旨と主なプログラムの紹介がありました。

イヴェントの内容等は、「イタリアワイン六千年」公式サイトでチェックすることができます。
http://www.ice-tokyo.or.jp/6000vinoitaliano

6000_6
ワイングラスを掲げる「テルマエ・ロマエ」のルシウスの前で、乾杯!
6000_7
会場にはイタリア20州のワインが並びました。





| | コメント (0)

«「第一回ACCI イタリア料理コンテスト」結果発表