« 雨に日には… | トップページ | 広島せらワイナリーのナチュラル系ワイン »

スロバキアの注目スパークリングJ.E.フーベルトが日本上陸

オーストリーとハンガリーの北のあるスロバキアは9世紀頃からワイン生産が行われている生産地域です。
18世紀末、ヨーロッパ社交界ではシャンパンが人気の的になっていました。
かのナポレオン皇帝もシャンパンの大ファン。
当時造られていたのはシャンパーニュ地方のみでした。
しかし、1825年にナポレオン軍の軍人だったヨハン・E・フーベルトがスロバキアでシャンパンと同じ瓶内二次発酵によるスパークリング・ワインを造り始めたのです。
世界で、シャンパーニュ以外の土地で造られたスパークリング・ワインはたちまちヨーロッパで人気を博しました。

ヒュー・ジョンソンのポケット・ワインブックでも、注目すべきスロベキアのスパークリング・ワインとして取り上げられているJ.E.フーベルトが日本で発売されることになりました。
スロベキアは緯度がアルザスとブルゴーニュの間に位置しいてる内陸性気候。
J.E.フーベルトが使用しているブドウは、スロベキア南西部のマロカルバツシュカとその東隣のニトリアンスカ。
シャプタリゼイションの必要がないほど高い糖度を持ちボディ感のあるマロカルバツシュカのブドウと、きれいな酸が際立つニトリアンスカのブドウを使ったJ.E.フーベルトのワインはあくまでエレガント
でスタイリッシュです。


Hubert3bottle_2

オリジナル ブリュット(写真左 標準小売価格¥3,100)は、ピノ・ブラン、リースリング、ヴェルトリンスケ・ゼネレー(マロカルバツシュカとニトリアンスカでもっとも収穫量の多い白ブドウ)を使ったフルーティでフレッシュなドライ・スパークリング・ワインです。

オリジナル ロゼブリュット(写真真ん中 標準小売価格¥3,300)は、オーストリーでも多く栽培されているピノ・ノワールのニュアンスのある黒ブドウ、サンローランから造られたもの。
赤い果実の香りが華やかに開き、きれいな酸と豊かなハーモニーを奏でます。
アペリチフとして、また肉料理/魚料理を選ばない万能ワインとしても活躍します。

オリジナル ルージュ ドゥークス(写真右 標準小売価格¥3,300)は、サンローランから造られた甘口スパークリング・ワイン。
深みのあるルビー色の甘口スパークリングは、食後の口直しにぴったりです。


Photo_2

ヨハン・E・フーベルトの名を冠したフラッグシップ・ワインがヨハン E フーベルトです。
ピノ・ブランとグリューナー・フェルトリーナーを使ったドライ・スパークリングはクリーミーな細かな泡と繊細な白ブドウの香あふれるプレミアム・ワインです。
とっておきの特別な日に飲みたいワインです。

忘年会やクリスマス、さらに新年会などスパークリング・ワインを飲むこの時期に、一度は飲んでみたいフーベルト・スパークリング・ワインです。
フーベルト・スパークリング・ワインを飲めるレストランや買う事ができるショップはこちらから

|

« 雨に日には… | トップページ | 広島せらワイナリーのナチュラル系ワイン »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨に日には… | トップページ | 広島せらワイナリーのナチュラル系ワイン »