« 新・日本のワイン | トップページ | 勝沼の新田商店 »

勝沼のミル・プランタン

勝沼の国道20号線沿いにある瀟洒なレストラン「ミル・プランタン」は、銀座レカンでシェフソムリエだった五味丈美さんのお店です。

Photo_3

中は天井が高く、開放感がある落ち着いた造り。

Photo_4
前菜盛り合わせに

Photo_5
田舎風パテ。

Photo_6
本来、田舎風パテは前菜盛り合わせに入っているらしいのですが、パテを単品でお願いしたら、盛り合わせは組み合わせを変えていただけました。
丁寧に手作りでつくられた前菜はいずれも味わい深く、かつ味の個性がはっきりしていて美味。

五味さんにおまかせでワインをお願いすると、出てきたのは、

Photo_10
フジッコワイナリーのフジクレール・シャルドネ・バレル・ファーメンテーション2011と旭洋酒のトピネ・ルージュ2011。
しっかりした白と、バランスのよいブレンドの赤です。

メインは鴨とPhoto_7
地元牛のステーキ。

Photo_8

ステーキは刺しがたくさん入っているわけではないので脂っぽくないのに、口の中でほろほろとほぐれます。
絶品です。

Photo_11

特製のカクテルもいただいてしまいました。

今回は二人だったので、五味さんに山梨県のワインをグラスで料理に合わせて選んでいただきました。
あいかわらず華麗なサーヴィスに見とれます。

日本でも料理に合わせて、グラスワインを選ぶ贅沢がワイン産地でもできるようになったのは嬉しいことです。

新宿行の高速バスが、お店近くのバス停から午後9時に出ているので、東京からも日帰りできますよ、と五味さん。
ランチはとても人気で予約必須ですが、やはりディナーでいろいろなワインとともに食事を楽しみたいレストランです。
次回はぜひジビエを食べたいものです。








|

« 新・日本のワイン | トップページ | 勝沼の新田商店 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の住所 | 2013年9月 8日 (日) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新・日本のワイン | トップページ | 勝沼の新田商店 »