« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

ボルドー新世代代表 x 日本のワイン界のキーパーソンが語る「ボルドーワインの近未来像」

9月12日、TRUNK BY SHOTO GALLERY(渋谷)においてボルドーワイン委員会(C.I.V.B.)によるパネルディスカッション”ボルドー新世代代表 x 日本のワイン界のキーパーソンが語る「ボルドーワインの近未来像」”が行われました。

Photo

パネリストは
・Anais Maillet (アナイス・マイエ)
  Chateau Lafon-Rochet AOCサン=テステフ 格付け第4級
・大橋健一氏
  (株)山仁酒店代表取締役 マスター・オブ・ワイン(MW)
・David Siozard (ダヴィッド・シオザール) 
  Vignobles Siozard 輸出営業担当 
・Axel Marchal(アクセル・マルシャル)
  2010年にボルドー大学醸造学博士号を取得後、研究員を経て、現在はコンサル
タントとして活動。
・三澤彩奈 氏 
  中央葡萄酒(株) 栽培醸造責任者 ボルドー大学ワイン醸造学部
・David Siozard (ダヴィッド・シオザール)
  Vignobles Siozard 輸出営業担当 

モデレーターは
山本昭彦氏 ワインジャーナリスト

Photo_2


1ボルドーワインのニュートレンドとしての辛口白ワイン―ソーヴィニヨン・ブランによりフォーカス中。
2エコロジーと持続可能な発展―世界の他の生産地域と同じようにオーガニック/持続可能型などへの転換。
3ボルドーワインの多様性&輸出マーケットに向けての戦略とマーケティング―ボルドーワインは白、赤、ロゼなどあり、多様性に満ちていて、市場のニーズに対応するワイン造りを行っている。
4ワインのオークへの影響―オークにステビアがあることが判明し、それぞれのワインに合ったオークの使い方を行う。
という4つのテーマについて、フランスからの担当スピーカーのプレゼンテーションの後、日本側からの意見が述べられました。

現在、ボルドーワインの輸出先第一位は中国(数量ベースで日本の約3倍、金額ベースで日本の約2.5倍)。
中国マーケットが縮小した時こそ、ボルドー新世代の正念場となるのではないでしょうか?

Photo_3





| | コメント (0)

南アフリカワイン検定 ~オンライン・エデュケーション・コース開設

9月20日、Wines of South Africa(以下WOSA)のサイトで英語で展開されていた「南アフリカワイン検定 オンライン・エデュケーション・コース」の日本語版が、「田辺由美のWINE SCHOOL」のサイト上に開設されました。
http://wincle.com/sawinetest/



6つのセッションをひとつひとつ学び、すべてのQuizに合格すると、Wines of South Africa(WOSA)の名簿に「南アフリカワイン・フレンド」として登録され、合格証明書としてディプロマがダウンロードできます。

気軽に学んで、南アフリカワインをより身近に感じられるようになります。

| | コメント (0)

アラン・デュカスの美味しいフランスめぐり ─ 第三回“ローヌ=アルプ地方”

青山「ビストロ ブノワ」では、10月21日(金)~30日(日)、「アラン・デュカスの美味しいフランスめぐり ─ 第三回“ローヌ=アルプ地方”」を開催します。

“ローヌ=アルプ地方”は、リヨンを中心とするフランスきっての美食満載の土地。
一ツ星「ラ・クレール・ドゥ・ラ・プリューム」シェフ、ジュリアン・アラノ氏がブレス鶏をはじめとする豊富な食材でプロデュースします。
また、ワインはソムリエが厳選リストを作成。グラス一杯から、お得なペアリングコースで合わせることができます。

特別コースメニュー
ランチ:5,500円(1名)
ディナー:8,500円(1名)

ジュリアン・アラノ・シェフによる来日、≪クッキングデモ&ランチ≫
10月21日(金)、最新鋭のキッチン設備が整うミーレのショールーム「ミーレ・センター表参道」でアラノ・シェフのプレゼンテーションを見学した後、「ビストロ ブノワ」でランチコースをいただくイベント。
料金:15,000円(1名、デモ・ランチ・グラスシャンパーニュ・グラスワインつき)
10名限定の完全予約制につき、「ビストロ ブノワ」へ直接電話(03-6419-4181)予約。

| | コメント (0)

TASTE OF AMERICA 2016

9月6日、ビストロ バーンヤード(銀座)で「TASTE OF AMERICA 2016」開催の発表会があ行われました。
毎年、開催されているUS食材を知り、食文化に触れ、アメリカの食を広く楽しむプロモーション「TASTE OF AMERICA」が今年も10月1日(土)~14日(金)開催されます。
今年は約50のレストランが参加予定。

Tasteofus

今年のテーマは「TOGETHER」。
皆で楽しむtogetherです。

■今年のフューチャー料理はガンボとスライダー
今年のフューチャー料理はルイジアナ州が発祥のガンボ・スープと、スライダー(直径7センチほどのバンズを使ったミニハンバーガーやミニサンドウィッチ)。

■ツーリズムEXPO ジャパン2016にTASTE OF AMERICA 2016 オリジナルカフェが出店
9月23日(金)~25日(日)、東京ビッグサイトで開催されるツーリズムEXPO ジャパン2016に「TASTE OF AMERICA 2016 オリジナルカフェ」が出店します。

・アメリカンフードやクラフトビール、ワインが楽しめます。
・初来日シェフ(ジェイソン・フォックス氏;カリフォルニア州、コーディ&サマンサ・キャロル夫妻;ルイジアナ州)のトークショー
・ガンボとスライダーのコンテスト
など盛りだくさんの内容です。
24日(土)と25日(日)は一般参加もできるので、「アメリカの味」を味わうチャンスです。

■スタンプラリー
「TASTE OF AMERICA」アプリ(9月20日オープン)をダウンロードして(App storeまたはGougle playで「テイストオブアメリカ」をサーチ)、「TASTE OF AMERICA参加店でスタンプを集めると、景品をゲットできます。

■10月1日、「TASTE OF AMERICA 2016」×青山ファーマーズマーケット
人気の青山ファーマーズマケットに「TASTE OF AMERICA」が登場。
ガンボとスライダーのコンテストの優秀賞獲得店のガンボとスライダーが味わえます。
また、アメリカのフードトレンドが体験できるワークショップやサミナーも開催予定。

■レストランイベント
ガンボを食べながら、ルイジアナ州の旅の画像や音楽を楽しむ(10月2日、ガンボキッチン周)、オリジナルガンボとクラフトビールの飲み比べ(10月8日、北出食堂)などレストラン独自のイベントもたくさんあります。

詳細はTASTE OF AMERICA 2016のホームページで。
http://tasteofamerica.jp/

■ガンボ

Tasteofus
シーフードガンボ
BROOKLYN DINER 中目黒店 (目黒区)

Tasteofustorotokyo
ザリガニのガンボスープ
TORO TOKYO (渋谷区)

Taste0f_usbarnyard
バーンヤードNEW★ガンボ
bistro BARNYARD (中央区)

Tasteofusnavarre
アーモンドと季節野菜のチキンガンボ
navarre (渋谷区)

■スライダー

Tasteofustorotokyo_2
スモークターキのスパイシスライダー
TORO TOKYO (渋谷区)

Tasteofuschattychatty

JACK CHEESE SLIDER
burger kitchen CHATTY CHATTY (新宿区)

Tasteofus_2
クアトロチーズスライダー
フィンガーズ (千代田区)

Tasteofustavern2_2
Meat & Bakery TAVERN classic mini burger
Meat & Bakery TAVERN (目黒区)








| | コメント (1)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »