« 第2回 日本最大級イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」直前記者会見 | トップページ | アルザスの名門「ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト」ワイン・セミナー »

2017年度M.O.I.(イタリアホスピタリティ国際認証マーク)授与式

5月20日、六本木ヒルズで開催中の「第2回 イタリア・アモーレウ・ミオ!」のプログラムのひとつとして、「2017年度M.O.I.(イタリアホスピタリティ国際認証マーク)授与式」が駐日イタリア大使ジョルジョ・スタラーチェ閣下隣席のもと行われました。

M.O.I.(イタリアホスピタリティ国際認証マーク)はISNART(イタリア国立観光リサーチ研究所)とUNIONCAMERE(イタリア商工会議所連合会)が展開するイタリアンレストランを対象にした国際認定です。現在、世界48カ国で認定が行われており、日本では在日イタリア商工会議所が公式審査機関として2011年から展開しています。

M.O.I.を受けるのは10の項目をすべてクリアしなければなりません。
1.イタリア感らしさ。イタリア人が店に入って、「ここはイタリア!」だと感じる雰囲気。
2.接客
3.テーブルセッテイング
4.キッチン。(審査員が写真を撮って、食材は何か?などをチェック)
5.メニュー
6.イタリア産食材の割合
7.イタリアワインリスト
8.エクストラ・バージン・オイル
9.イタリア料理の経験と技量
10.PDO や PGIの使用

2017年度、M.O.I.を受けた日本のレストラン
Trattoria Dai Paesani トラットリア・ダイ・パエザーニ(東京都豊島区高田馬場)

LEONE MARCIANO レオーネ マルチアーノ(神奈川県横浜市みなとみらい)
L'anfora アンフォラ(新潟県新潟市)

Osteria LASTRICATO  オステリア・ラストリカート (東京都新宿区神楽坂)
Giglio ジリオ(東京都港区新橋)
OLTREVINO オルトレヴィーノ(神奈川県鎌倉市)

Moi
イタリア大使と認定レストラン代表者

右からレオーネ マルチアーノ、オルトレヴィーノ、イタリア大使、アンフォラ、トラットリア・ダイ・パエザーニ、ジリオ。
オステリア・ラストリカートは欠席。

  • |

    « 第2回 日本最大級イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」直前記者会見 | トップページ | アルザスの名門「ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト」ワイン・セミナー »

    グルメ・クッキング」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 第2回 日本最大級イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」直前記者会見 | トップページ | アルザスの名門「ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト」ワイン・セミナー »