« WINES OF GREECE ギリシャワイン試飲会 | トップページ | ブレッド&バター オーナー/ワインメーカー Gregory Ahn氏 来日インタビュー »

初来日! ラファエル・パラシオス氏ワイン・セミナー

5月25日、レコール・デュ・ヴァン恵比寿校において、出水商事株式会社による「ラファエル・パラシオス来日セミナー」が開催されました。

Rafael Palacios wine seminar was held 25th May 2017 at L'école du vin Ebisu:

Photo

ワイン・アドヴォケイト誌やドリンク・ビジネス誌がスペイン最高峰の白と認め、故アンヌ・クロ―ド・ルヅレーヴ、ジャンシス・ロビンソン、ルシス・グティエレス(ワイン・アドヴォケイト誌スペイン担当)を魅了したラフェル・パラシオスのオーナー・ワインメーカーのラファエル・パラシオス氏。
フランス、オーストラリアなどでワイン造りの経験を積んだラファエル氏ですが、日本への来訪は初めてとのこと。

Photo_2ラファエル氏は、1948年リオハにワイナリーを設立したホセ・パラシオス・レイモンド氏の9人兄弟の末っ子として誕生しました。
リオハだけでなく世界中のワイン造りの名手から学ぼうと、フランス(シャトー・ペトリュス、シャトー・ムーラン・デュ・カデ、JPムエックスなど)、オーストラリア(ペンフォールズなど)で研鑽を積みました。
1990年代、スペインの白ワインではリアス・バイシャスやルエダのフレッシュなスタイルが台頭し、リオハの白は時代遅れとなってしまい、売れ行きが不振となってしまったのです。
ラファエル氏は、父親に「他の地域に負けない白ワインを造りたい」と説得。
白ワイン造りを始めました。
そして1998年、飲んだゴデーリョのヴォリューム感、樽熟成で魅力が引き出せる、ガストロノミーに合うと言ったポテンシャルの高さに惹かれ、ゴデーリョの白ワインを造り始めました。

ラファエル氏がゴデーリョのために選んだ地がバルデオラス。
ガリシア地方、リヤス・バイシャスの海岸から150キロほど東の内陸、山地にあります。
ラファエル・パラシオスの畑は、ビベイ川の右岸にある北向きの14へクタールの畑ですが、20ものにクリマに分かれています。
標高は600~700メートル。
樹齢は21~87年。
標高が高いため、フレッシュでエレガントなワインを造ることができます。
畑はスペインの産地では伝統的な花崗岩で支えられたテラス状の畑で、そのため軽量な道具を使って、栽培作業を行わなければなりません。
20のクリマのうち3つがバイオダイナミック農法、残りが有機農法を導入。
土壌は粘板岩、花崗岩、石灰質土壌などさまざまで、それがクリマの個性となっています。

収穫されたブドウは、除梗した後、ドイツ製のプレスマシンでプレス。
チューブで発酵タンクへ運ばれ、極力空気に触れることを避けています。

●試飲ワイン

ボロ 2015  DOバルデオラス 希望小売価格\2,940
Bolo
ゴデーリョ100% アルコール13.5%vol
ステンレス・スティール・タンクのみで発酵・熟成。
グレープフルーツのゼストのニュアンス、高いきれいな酸などコデーリョの特徴が良く出ているフレッシュなワイン。

ロウロ 2016  DOバルデオラス 希望小売価格\3,960
Louro
ゴデーリョ96%、トレイシャドゥーラ4% アルコール13.5%vol 
大樽で発酵。
「アロマ、上品さ、ストラクシャーがそろtっていて、ゆっくりと熟成が進むヴィンージ」とラファエル氏。

ロウロ 2015  DOバルデオラス 希望小売価格\3,960
Louro
ゴデーリョ96%、トレイシャドゥーラ4% アルコール13.5%vol
レモンなどのシトラス系のニュアンスを持つ、クリーンな印象で、すでに飲み頃を迎えています。

ア・ソルテス 2015  DOバルデオラス 希望小売価格\9,340
As Sortes
ゴデーリョ100% アルコール14%vol 
6つのクリマからの樹齢40年以上の樹からのブドウを使用。
最初の一口は、地中海ワインならではの強いアタック。
厚みのある長いフィニッシュ。
まさにガストロノミー向けワイン。

ソルテス・オー・ソロ 2015  DOバルデオラス 希望小売価格\28,800
Sorte O Soro
ゴデーリョ100% アルコール14%vol
ワインのポテンシャルが高いので、フレンチオークの新樽を使用。
ブドウの良年のみの生産で、これまでは2011年、2014年、2015年のみ。
生産量2,880本。
単一区画の、ラファエル・パラシオスでもっとも古い畑のブドウを使用。
最初はなめらかな口当たりで、だんだんとストラクチャのーがしっかりと感じ取られて、存在感のあるワインになっていきます。
飲み応えのあるワインなので、サービス温度はあまり選ばず、ワインの本領を発揮します。
まさしくラファエル・パラシオスのフラッグシップ。

ソルテ・アンティガ 2016  DOバルデオラス 価格未定
Sorte Antiga
ゴデーリョ100% アルコール13.7%vol 
10年かけて修復してバイオダイナミック農法に転換した、オー・ソロに次ぐ2つめの単一区画畑。
伝統的な醸造方法を行い、100%果皮といっしょに発酵。
生産量1,100本予定で、2018年リリース予定。
レモンやオレンジのゼストのニュアンスと高い酸。

Photo

ラファエル氏のゴデーリョワインは、アルコール度の高さからも分かるように、熟成度の高いブドウを使い、極力余分な酸素に触れないようにしてワインの酸とフレッシュさを保ちながらも、飲み応えのあるワインを目指したワインです。
これまでのリオハの白ワインとは違ったスタイル。
そしてまさしく現在スペインを代表する白ワインとしての品質と品格を持ったワインと言えます。

|

« WINES OF GREECE ギリシャワイン試飲会 | トップページ | ブレッド&バター オーナー/ワインメーカー Gregory Ahn氏 来日インタビュー »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WINES OF GREECE ギリシャワイン試飲会 | トップページ | ブレッド&バター オーナー/ワインメーカー Gregory Ahn氏 来日インタビュー »