« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

第8回イタリア料理コンクール「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ2017」

Gcc2017

在日イタリア商工会議所主催による、全国の日本人シェフを対象とした第8回イタリア料理コンクール「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ2017」が開催されます。
優勝者にはアリタリア-イタリア航空よりイタリア往復航空券が贈呈される他株式会社Vino Hayashiからは「イタリアワイン通信講座」12カ月分が与えられます。

エントリー期間は2017年8月~2017年10月8日(日)。
最終実技審査(決勝戦)は2017年12月4日(月)10:00 - 14:00 (会場:東京ガス業務用スタジオ「厨BO! SHIODOME」港区汐留)
エントリー費:
AQI/MOI/ACCI登録店:10,000円 / AQI(イタリアンレストラン品質認証マーク認定店)、MOI(イタリアンホスピタリティ国際認証マーク認定店)、ACCI(日本イタリア料理協会加盟店)
一般店:15,000円
*早期割引(9月10日までのエントリー)AQI/MOI/ACCI登録店:5,000円、一般店:8,000円

エントリーの問い合わせ先:
在日イタリア商工会議所GCC担当:中島
tel:03-6809-5802
メール events@iccj.or.jp

| | コメント (0)

プロセッコDOC 対日プロモーション 2017 セミナー&試飲会

7月13日、イタリア大使館 貿易促進部において、プロセッコDOCワイン保護協会主催による「プロセッコDOC 対日プロモーション 2017 セミナー&試飲会」が行われました。

Prosecco DOC in Giappone 2017 by Consorzio Tutela DOC Prosecco was held on 13th July, the venue was at Trade Promotion section of Embassy of Italy, Tokyo.

Ms. Tanja Barattin had the presentaion of DOC Prosecco.
Prosecco DOC wine seminar by Mr. Mizuguchi Akira, cocktail seminar using Prosecco DOC wine by Ms. Kazuko Mukai.

2

プロセッコ村という小さな村の名前がつけられたワインが、ヴェネトとフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州で18世紀から盛んに造られるようになりました。
プロセッコがDOCワインとして認定されたのは2009年です。
現在、ブドウ畑は23,000ヘクタール。
2016年の認定ワインは4億1,000万本。
生産量の70%が輸出されています。

Photo
プロセッコDOCワイン保護協会のTanja Barattin氏からのプロセッコDOCワインについてのプレゼンテーションがありました。

プロセッコDOC
土着品種グレーラが85%以上含まれていることが必要。

プロセッコDOCのスタイル
・スプマンテ:発泡ワイン。最低アルコール度数11.0%。
残糖分が少ない順に、ブリュット(Brut/辛口)、エクストラ・ドライ(Extra Dry/やや辛口)、ドライ(Dry/やや甘口)、ドゥミセック(Demi Sec/甘口)
・フリッザンテ:弱発泡ワイン(瓶内二次発酵のものあり)。最低アルコール度数10.5%。
・トランクイッロ:スティルワイン。最低アルコール度数10.5%。

Photo

日本ソムリエ協会 理事水口晃氏による11種類のテイスティング・セミナーが行われました。

1

日本販売3社と未輸入8社が参加しました。

***

日本未発売のプロセッコ・ワイン

9

Piera Martellozzo 1899 ピエーラ・マルッテロッツォ 1899
1899年、ジョヴァンニ・マルテッロツォによりヴェネト州カンボサンビエーロに「ヴィニーコラ・マルテッツォ」を設立。
1992年に二代目マリオの末娘ピエーラが後を継ぎ、名称を「ピエーラ・マルッテロッツォ 1899」に改めました。

Prosecco Extra Dry DOC Vino Biologico
グレーラ100%
オーガニック・ワイン。残糖16g/ℓ。
シャルマ―方式。4カ月熟成。
リンゴ、洋ナシ、シトラス系の香りのフレシュなワイン。

Prosecco DOC Spumante Extra Dry Pegle di Piera
グレーラ100%
残糖17g/ℓ。
洋ナシ、ゴールデン・デリシャスに、トーストしたパンのニュアンス。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco DOC Spumante Brut 075 Carati
グレーラ100%
シャルマ―方式。
標高400mの畑のブドウ。
残糖はエクストラ・ドライ上限の10g/ℓ。
洋ナシ、ゴールデン・デリシャスのニュアンスのある若々しいワイン。

Photo_2

Val D'Oca ヴァル・ドカ
ヴェネト州トレヴィーゾにある600の栽培農家が加盟する協同組合。
畑は900ヘクタールを越えます。

Prosecco DOC Treviso Extra Dry "Quattro Catti di Segusino"
グレーラ100%
"Quattro Catti"「4匹の猫」と名付けられた、選ばれた畑のブドウから造られたがっしりしたスタイルのワイン。
栽培農家の人たちの似顔絵イラストをあしらったユニークなラベルが人目を惹きます。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco DOC Treviso Brut Val D'Oca
グレーラ100%
残糖10g/ℓ。
明るい色調、レモンのニュアンス。
シャープな酸が特徴。

32
Cantina Colli Euganei SCA カンティーナ・コッリ・エウガネイ
1949年、設立された協同組合で、ワイナリーはコッリ・エウガネイ州立自然公園の中に位置しています。
1969年、コッリ・エウガネイDOCの認証を受けました。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco DOC Spumante Brut 2016
グレーラ
アウトククラーヴェ方式。
標高600mを越えるヴェンダ山からは化石が出土。ラベルにはその化石が描かれています。
青リンゴ、カリン、化石からのフリント(火打ち石)のニュアンス。
苦みもあり、際立った個性を持つワイン。

1_2
Ca'di Rajo Soc. Agricola カ・ディ・ライオ社
土着品種にも力を入れている、ピアージェ川流域に広がるブドウ畑の中に位置する家族経営の生産者。
70年以上にわたり菱形に仕立てるベッルッセーラ栽培を行うなど伝統も大事にしています。

Ca'di Rajo Prosecco DOC Treviso Extra Dry 2016
グレーラ100%
残糖17g/ℓ。
リンゴ、レオン、グレープフルーツなどの豊かな果実味のアカシアの花のニュアンス。

Ca'di Rajo Prosecco DOC Treviso Millesimato 2016
グレーラ100%
残糖23g/ℓ。
リンゴや洋ナシに、バナナやパイナップルのニュアンスが加わった、フレッシュなワイン。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Ca'di Rajo Prosecco DOC Treviso Brut 2016
グレーラ100%
残糖12g/ℓ。
パナップル、洋ナシなどの香りを持つ、女性的な柔らかいイメージを持つワイン。

7

Maschio マスキオ
カンティーナ・リウニーテ&CIVグループに属するカンティーナ・マスキオ。
4,000ヘクタールのブドウ畑、3つのワイナリー設備(レッジョ・エミリア、モデナ、トレヴィーゾ)と有する。
「1本めは楽しく飲め、2本めはさらに楽しく飲めるワイン」を造ることがモットー。

Maschio Prosecco DOC Treviso Maschio di Cavalieri
グレーラ85%、ピノ・ブラン、シャルドネ
残糖13g/ℓ。
ブレンドのバランスが良い、フレッシュな酸とアロマティックな味わいが絶妙。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Maschio Prosecco DOC Treviso Extra Dry 2016
グレーラ85%、ピノ・ブラン、シャルドネ
残糖13g/ℓ。
シャルドネがブレンドされているので、残糖はあまり感じない。
アロマティックだが、ドライなワイン。

8
Paladin SPA パラディン
1962年、創業のサステイナブル農法を目指す家族経営のワイナリー。
パドヴァ大学とミラノ大学の専門家と開発プロジェクトを企画・推進しています。
20日間以上シュール・リーを行ったワインは、パンの香ばしさを感じさせるものとなっています。

Prosecco Millesimato Brut DOC Bosco del Mero 2016
グレーラ100%
残糖7.5g/ℓ。
シャルマ―方式。
アカシアの花、リンゴ、洋ナシのニュアンスのすっきりしたドライ・ワイン。

Prosecco Dry DOC Paladin NV
グレーラ100%
シャルマ―方式。
リンゴや白い花のニュアンスのある、余韻の長い丸みのあるワイン。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco Millesimato Extra Dry DOC Paladin 2016
グレーラ100%
残糖14g/ℓ。
シャルマ―方式。
きめ細かな泡、リンゴや洋ナシ。
パンのような香ばしさが特徴。

6

Azienda Agricola Le Celline di Chiara Pozzetto e Ivan Degan (Le Celline) レ・チェッリーネ社
2015年2月に創業、2016年からリリース。
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリのブドウを使用した、プレミアム・ワイン。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco Millesim,ato Extra Dry 2016
グレーラ100%
残糖16g/ℓ。
ブドウのフレッシュなアロマを保つため、発酵と醸造を1つのタンクで行います。
クリーミーな泡、ゴールデン・デリシャス、青リンゴ、カリン、柑橘類。
ファースト・アタックは、すっと口の中に入っていくが、中盤からアフターにかけてワインの存在感が増します。
アフターの心地よい苦みがアクセント。

3
Castello di Roncade カステッロ・ディ・ロンカーデ
1508年創業の、ヴェネト州で最も古いブドウ栽培者/ワイン生産者のひとつ。
国際品種、土着品種のスティル・ワイン及びスパークリング・ワインを生産。
カステッロ(城)の内部には、宿泊施設も設けられています。

Castello di Roncde Prosecco Brut NV
グレーラ100%
残糖9g/ℓ。
レモン、ハーブ、フラワーの香りのフレッシュなワイン。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Castello di Roncde Prosecco Extra Dry NV
グレーラ100%
残糖16g/ℓ。
ライチなどオリエンタルなニュアンスも持つ、生き生きとした酸を持つ軽快なワイン。
ていねいな造りが感じられます。

***

Photo

日本発売中のプロセッコ・ワイン

De Stefani Societa Semplice Agricola デ・ステーファニ
19世紀後半、ヴェネト州の丘陵地レフロントロに優良なブドウ畑を見い出し、ヴァレリーノ・デ・ステーファニが創業。
現在、4代目のアレッサンドロ・デ・ステーファニは、60ヘクタールの畑で生産量40万本の厳選したワイン造りを行っています。

Prosecco Col Fondo Frizzante DOC 2015
グレーラ100%
数カ月間シュール・リー。
めずらしい濁りのプロセッコ。

Prosecco Millesimato Extra Dry DOC Methodo Zero 2015
グレーラ100%
ゴールデン・デリシャスのニュアンス。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco Nature Brut DOC Spumante 2015
グレーラ100%
他のプロセッコよりも圧が1気圧高い5気圧。
シトラス系、カリン、アカシアの香り。
石灰質土壌からのミネラル感。

輸入元:ディヴィーノ株式会社

Villa Sandi SPA ヴィッラ・サンディ
モレッティ・ポレガート家が、プロセッコDOC、アーゾロDOCG丘陵地、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネDOCGなどに畑を有するプロセッコのトップメーカー。
世界90カ国以上に輸出。

■セミナー・テイスティング・ワイン
Prosecco DOC Treviso Brut Il Fresco NV
グレーラ100%
低温発酵ならではのライムやグレープフルーツなどシトラス系の香りの、まさしく"Il Fresco"(さわやか)なワイン。

輸入元:サントリー

La Marca Vini e Spum,anti SCA ラ・マルカ生産者組合
1968年、トレヴィーゾ県に創業。約5,000のブドウ生産農家が加盟する協同組合。
9つのワイナリーを有し、生産量の80%を輸出しています。

■セミナー・テイスティング・ワイン
La Marca Prosecco DOC Extra Dry NV
グレーラ100%
残糖17g/ℓ。
シャルマ―方式。
ゴールデン・デリシャスなどの華やかな香りを持つ、女性的なワイン。
余韻にきれいな酸。

輸入元:株式会社やまや

Photo_3

プロセッコの多彩さがよく分かり、その魅力を堪能できたセミナーと試飲会でした。

***

3

会場では、向井畝津子氏による「レストランでも作れるプロセッコDOCを使ったカクテル」のデモンストレーションも行われました。

2_2
ウォッカとのカクテル「エルキューバン」。

1
左:エルダーフラワー・リキュールのサンジェルマンとnカクテル「サンジェルマン・スピリッツ」。
右:向井氏オリジナルの「Greening~再生~」(ミドリ/メロン・リキュール、Get 27、フレッシュ・ライム、DOCプロセッコ)

いずれのカクテルもDOCプロセッコのさわやかな酸とフレッシュな果実味を活かした、軽やかなカクテルでした。

| | コメント (0)

「SAKE女の会」設立1周年 イベント

Sake_1_2

9月7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会において、「一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会=SAKEJOの会」が創立一周年を迎え、記念イベントを行います。

【内容】
第1部「SAKE女の会」設立1周年 記念記者会見
・「料飲おもてなし~SAKE女検定~」の発表
・英語で日本酒をテイスティング表現!外国人ゲストによるミニトークショー
・SAKE女代表理事・友田晶子氏セレクトのお酒とおつまみのペアリング体験
・今年4月にフランス・ブルゴーニュで開催された「第11回フェミナリーズ世界ワインコンクール」にて入賞した日本ワインの表彰式・試飲会
・「SAKE女の会」今後の活動の告知
*第1部は一般参加者も見学可能。
第2部「SAKEの会」協賛企業様、第11回フェミナリーズ世界ワインコンクール入賞ワイナリー様による試飲会。
懇親会、ゲストトークショーなど

■料金
前売り(チケット購入サイト使用)
SAKE女会員  3,000円
SAKE女非会員 4,000円
事前申し込みはこちら

当日券
SAKE女会員  3,500円
SAKE女非会員 4,500円 (当日ご入会の方は会員価格)

Sake_2

「SAKE女の会」設立1周年 イベント
開催日時:9月7日(木)17時30分(17時~受付)~19時30分終了
会場:日本外国特派員協会(FCCJ)外国通信記者クラブ (東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階)

日本酒に興味があるが、まだよく分からないという女子、新しい日本酒の世界にふれてみたい日本酒ラヴァーへの最適なイベントです。

******

「SAKE女の会」ホームページ
http://omotenashi-sakejo.com/

| | コメント (0)

サッポロビール「グランポレール 安曇野池田ヴィンヤードシリーズ」セミナー&先行予約会

8月2日、サッポロビール株式会社本社において、「グランポレール 安曇野池田ヴィンヤードシリーズ」セミナー&先行予約会が行われました。

Photo
北海道、山梨、長野、岡山の4県のブドウ産地を持つグランポレール。
それぞれテロワールを映し出したプレステージ・ワインを産み出しています。

長野県には、1975年、長野市に開園した自社ブドウ畑「古里(ふるさと)ぶどう園」(長野、オリンピック記念アリーナエムウェーブ近く)の他、2010年に安曇野池田に植樹を始めたシングルヴィンヤード「安曇野池田ヴィンヤード」があります。
標高平均580mの畑には6種類のフランス品種、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラー、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランが植えられています。
2012年、初収穫。
2015年、メリタージュ、シラー、シャルドネを初リリースしました。

Photo_2
当日の朝採りの、安曇野池田のブドウ。
すでにかなりブドウ果実は大きくなっています。

Photo_3
石山が風化した小石が多く、水はけのよい土壌。

Photo_4
セミナー講師はグランポレール勝沼ワイナリー チーフワインメーカー・工藤雅義氏(写真左)とグランポレール安曇野池田ヴィンヤード栽培責任者・田中 亘氏(写真右)。

長野県にもうひとつの畑、安曇野池田に新しい畑を求めたのは、「古里ぶどう園よりも標高が高く、水はけのよい土壌、そして広さが10ヘクタール以上ある畑を求めていたから」と工藤氏。
日本では10ヘクタールの1枚のブドウ畑というとかなりの広さになります。
安曇野池田は夏は涼しく、秋には夜間の気温が下がるので、皮の色が濃い、糖度の高いブドウ果実ができる、とのこと。

2013年の夏(7、8、9月)は暑く、2014年は8月の日照が少なく9月は冷涼。
ワインにヴィンテージの違いが出ています。

Photo_5

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シャルドネ 2014 (参考小売価格・税抜\4,000)
新樽50%、5カ月シュール・リー樽熟成
2014年は8月の日照が少なかったため早め(9月10日)の収穫。
高いきれいな酸とミネラル。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シャルドネ 2015 (参考小売価格・税抜\4,000/9月5日発売予定)
新樽20%、5カ月シュール・リー樽熟成
酸と果実味のバランスの良いワイン。
1年樹齢が高くなるとこれほどバランスの取れ方が違うのか!と感じさせられる1本。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シラー 2013 (参考小売価格・税抜\5,000)
新樽20%、15カ月樽熟成
「シラーとソーヴィニヨン・ブランは日本では栽培が少ないのでやってみたかった品種です」と言う工藤氏。
続けて「長野県では他にもシラーを栽培しているブドウ栽培農家があるが、収量が落ちてしまうので、栽培をやめてしまうところもあります。安曇野池田ヴィンヤードでは、芽吹きをいっせいに出るようして収量を落とさない工夫をして、2016年、2017年成功しました」。
フレシュな果実感を持つ穏やかな口当たりのシラー。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シラー 2014 (参考小売価格・税抜\5,000/9月5日発売予定)
新樽10%、14カ月樽熟成
9月の冷涼さのせいか、シラーらしいスパイシーさにレザーも加わった厚みのあるシラー。
機会があれば飲むべきワイン。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード メリタージュ 2013 (参考小売価格・税抜\6,000)
カベルネ・ソーヴィニヨン68%、メルロ32%
新樽60%、15カ月樽熟成
メリータジュに使用する区画のブドウを醸造して1年間熟成。その後、メリタージュ用のものを選別し、その他のものは他のワインへ。
コーヒー、チョコレート、カカオなどのニュアンスを持つ、アタックのあるワイン。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード メリタージュ 2014 (参考小売価格・税抜\6,000/9月5日発売予定)
カベルネ・ソーヴィニヨン66%、メルロ34%
新樽70%、15カ月樽熟成
冷涼な年ならではの、シルキーでエレガントなワインに仕上がっています。

新しい試み

安曇野池田ヴィンヤードでは、今年から畑にAI(人工知能)センサーを設置し、気象、土壌などの環境情報を収集。
クラウドサーバーで分析し、後継者への伝承、契約農家への情報提供などを行っていくとそうです。

Photo_6
■その他のグランポレール
その他のグランポレールもずらりと並び、試飲することができました。

グランポレール 長野古里ぶどう園シャルドネ 2015 (参考小売価格・税抜\3,500)
新樽50%、4カ月樽熟成
パイアップルのニュアンスのあるすっきりしたシャルドネ。

グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2015 (参考小売価格・税抜\4,000)
シュール・リー、ステレンス・タンク8カ月熟成
グラッシーでないソーヴィニヨン・ブラン。アフターにほのかなレモングラス。

グランポレール 甲州<モンイストワール> 1999 (参考小売価格・税抜\2,500)
ステレンス・タンク15年熟成
ステレンスタンクで長期間熟成され、果実からのオレンジやレモンなどのニュアンスときれいな酸がバランスをとっている微かに甘口なワイン。
アペリチフに。

グランポレール 岡山マスカット・オブ・アレキサンドリア<薫るブラン> 2016 (参考小売価格・税抜\3,300)
ステレンス・タンク熟成
マスカット・オブ・アレキサンドリアのみずみずしさが活きている、なめらかな口当たりのほのかな甘口ワイン。

グランポレール 岡山マスカットベーリーA樽熟成 2015 (参考小売価格・税抜\1,600)
4カ月樽熟成
樽熟成からの香ばしさが特徴。

グランポレール 岡山マスカットベーリーAバレルセレクト 2015 (参考小売価格・税抜\2,300)
9カ月樽熟成
山梨県のものとは違った個性を持つ岡山のマスカットベーリーA。

グランポレール 長野メルロー&カベルネ 2015 (参考小売価格・税抜\1,900)
メルロ75.3%、カベルネ・ソーヴィニヨン23.7%
17カ月樽熟成
メルロの良さが活きているボルドー右岸スタイルのワイン。

2014
グランポレール 長野古里ぶどう園メルロー 2014 (参考小売価格・税抜\3,500)
新樽60%、15カ月樽熟成
スモーク香が活きているシルキーなメルロ。
樹齢が高いブドウ樹ならではの、酸・果実味・タンニンのバランスの良さ。
冷涼な年のため涼やかさを感じる、今、飲むべき1本。

グランポレール 長野古里ぶどう園カベルネ・ソーヴィニヨン 2015 (参考小売価格・税抜\3,700)
新樽50%、17カ月樽熟成
スパイスを感じるカベルネ・ソーヴィニヨンは料理とのマリアージュが楽しみなワイン。

グランポレール 北海道余市ピノ・ノワール 2014 (参考小売価格・税抜\4,000)
新樽50%、12カ月樽熟成
しっかりとした色合いの、柔らかなタンニンを持つミディアムボディ。

グランポレール 安曇野池田メルロー 2014 (参考小売価格・税抜\4,000)
新樽50%、16カ月樽熟成
チェリー、カカオやチョコレートのニュアンスを持つ厚みのあるメルロ。

日本のテロワールを実感できるワインの数々を試飲できた貴重な機会でした。

*****

グランポレールを堪能できる
GRANDE POLAIRE  WINEBAR TOKYO
グランポレール ワインバー トーキョー 銀座コリドー街店

「グランポレール」のコンセプトショップ。
銀座にいながら4つの産地(北海道・長野・山梨・岡山)の品種・風味とともに多彩なグランポレールの全アイテム(季節によって提供ワインの種類は異なります。)をグラスで楽しむことができます。
内装はウッドを基調にした、落ちついた大人の雰囲気
またエゾ鹿や信州サーモンなど4つの産地からの食材を使った料理とのマリアージュも楽しみのひとつです。

東京都中央区銀座8-2先 銀座コリドー街1F
月~土・祝前日 17:00~23:30 / 日・祝日  17:00~22:30
定休日:無し

| | コメント (0)

「オーガニックライフスタイルEXPO」開催

7月28日(バイヤーズミーティング+商談会+シンポジウム)、29日、30日、東京国際フォーラムで「第2回 Organic Forum JAPAN~ オーガニックライフスタイルEXPO~Summer」が開催されました。

Expo

前回よりも出展スペース、出展者共に倍増の、246小間175の出展社数。
来場者は3日間で 22.992名を数えました。

Expo2
大地にやさしい農業を応援するSHARE THE LOVE for JAPANが今回も参加。
北から南から全国約30の参加農家に、今年は新規就農者10名が加わりました。

Expo_2

前回は屋外でしたが、今回は屋内。
悪天候でも問題なし、です。
あまりお目にかかれない個性的な野菜も並んでいます。

Expo_3
サイトウハム

安全と安心にこだわった無添加食品を愛知県犬山市でつくっている「サイトウハム」。

Expo_4
今回も買って帰ってきたのが「ポリポリくん」。
放牧豚と若どりの肉でつくったウインナー。
フライパンで焼くと皮がポリポリに。
脂が少なく、癖のない味わいです。
2017ドイツDLG国際コンテスト金賞受賞の逸品。

Expo_5
ナチュラルローソン

ニューヨーカーに人気の、野菜や肉など食材のエキスが溶けこんだブロススープ。
「ボーン(牛骨コラーゲンスープ)」と「ベジタブル(野菜ファイトケミカルスープ)」の2種類があります。

Expo_6
尾田川農園

岩手県九戸郡で、栄養豊富な安心雑穀を生産、販売している尾田川農園。
九戸は冷涼すぎて稲作には向かないが、あわ、ひえ、きび、といった日本の伝統的な雑穀には適した土地なのだそうです。
雑穀を4種、7種、10種ブレンドした「彩穀ミックス」や、岩手県産有機玄米80%と岩手県産雑穀20%を原料にして、ポン菓子のように固めた「サクサク有機玄米と雑穀シリーズ」などユニークな商品もあります。
「サクサク有機玄米と雑穀シリー)」は油を使っていないので、軽い口当たり。
カナッペの台にしたり、スープの具にすることがきます。
「サクサク 有機玄米と雑穀」「サクサク 有機玄米とはと麦」「サクサク 有機玄米と赤米・黒米」の3種類で、それぞれ味わいが異なります。

Expomavie
MAVIE

EU認証オーガニックワインを扱うマヴイ株式会社。
フランス・イタリア・スペイン・オーストリアからのワインです。

Expo_7
焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛蔵

鹿児島県の濱田酒造グループの伝統の蔵「伝兵衛蔵」(創業明治元年)。
「本格芋焼酎 地球畑」(アルコール度数25度)は鹿児島県産有機さつま芋と鹿児島県産有機米からの米麹で造られた軽快な芋焼酎。
「古式有機原酒 なゝこ 2017」(アルコール度数37度)は、現存する最古の黄麹を使用し、鹿児島県産有機黄金千貫を原料にして、年代甕で貯蔵したプレミアム焼酎。
「本格梅酒 なゝこ梅酒」(アルコール度数17度)は「古式有機原酒 なゝこ」に紀州産有機南高梅を長期間漬け込んだまろやかな梅酒。

Expo_8
片山本店

神奈川県川崎市にある、有機農産物、自然食品、自然派生活雑貨に、オーガニック惣菜のショップ。
日本初の有機オーガニック玄米焼酎「豊栄酒造 有機玄米」、江戸中期の1711年から福島県郡山市で日本酒を造り続けている仁井田本家の自然酒「村田」、1790年創業の会津喜多方の大和川酒造店の純米料理酒「蔵の素」などこだわりの品揃えです。

Expo_9
グリーンフィールドプロジェクト

ヨーロッパ有機認証取得の有機種子を取り扱っているグリーンフィールドプロジェクト。
キッチンファーム(スプラウト栽培専用容器)やスプラウト栽培専用ジャーを使えば、手軽に無添加のスーパー・スプラウトを育てることができます。

Expo_10
エクステリア風雅舎

兵庫県三木市で無農薬、無化学肥料のハーブ、花苗などでオーガニックな庭造りを提案。
緑いっぱいのディスプレイに癒されます。

Exporoselabo
ROSE LABO

埼玉県深谷市でつくられる農薬不使用の食べることのできる「薔薇」。
コンフィチュールやジェム、クッキーなどがあります。

Expo_1
アレッポの石鹸

シリア最大の都市アレッポでは、数千年前からオリーブ油と月桂樹油から石鹸が作られてきました。
東西貿易の中心として栄えたシリアからアレッポの石鹸は地中海を渡りマルセイユなどへ。プロヴァンスの石鹸もアレッポの石鹸があったからこそ。
なかでもアデルファンサ社のものが最高級品として知られています。
2016年の激しい内戦で、アレッポからの輸出も心配されましたが、現在は落ち着きを取り戻しているようです。

アデルファンサ社の石鹸は、月桂樹油の割合が多い順に「ライト」「ノーマル」「エキストラ」の3種類あります。

Expo_2_2
殺菌作用のある月桂樹油のせいか、洗い終わった後さっぱりして、日本のべたつく夏のお肌にはうれしい石鹸です。

Expo_2_3
わんのはな×にゃんのはな

オーガニックのペットフードとケア商品。
「わんのはな ハーブdeマモロ」はオーガニックハーブの虫除け化粧水スプレー、「わんのはな ハーブケア レモンティートリー」はオーガニックハーブの化粧水ケアスプレー、そして
「わんのはな ミツロウクリーム」はオーガニック保湿用ケアクリーム。

Expo_1_2
小分けされたペットフードのパッケージがおしゃれ。

Expoorganicbeerstand
ORGANINC BEER STAND

オーガニック・ビールとフードのスタンドも設けられ、手軽に味わえます。

******

前回よりもパワーアップしたイヴェントは一日楽しめ、気軽にオーガニックに親しむことができました。

| | コメント (0)

オーセンティック・バー「BAR LEY 水天宮前」オープン!

Photo
月島のもんじゃストリートの端の裏手にある隠れ家オーセンティック・バー「Bar Ley(バー・レイ)」が水天宮前にオープンしました。
場所はロイヤルバークホテルを水天宮前通りを挟んだ斜め。
路面店なので分かりやすいです。

Photo_2

月島店がシックな黒で統一された内装なのに対し、水天宮前店は、コンクリートの壁に木を基調にした少しモダンなスタイル。

Photo_3
左がギムレット、右がサイドカー。
オーナーの草野さんは、以前はカクテル・コンペにも出ていた実力者。
上質なスピリッツを使ったスタンドード・カクテルは、奥深い味わい。
でも、銀座のバーよりもお値段が安いのが嬉しい!

店の名前「バー・レイ」のもとはスコッチ・ウィスキーの原料の大麦(バーレイ)。
その名の通り、スコッチ・ウイスキーの逸品が揃っています。

*****

BAR LEY SUITENGU バー・レイ 水天宮
東京都中央区日本橋箱崎町1-37-9 ライオンズマンション日本橋第二103
TEL:03-6661-9864
営業日時:月曜~土曜 18:00~翌2・00

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »