« ユニオン・デ・グラン・クリュ・ボルドー ヴィンテージ2014 | トップページ | 「ピーロート・ジャパン ル・グラン・テイスティング 東京 2017ベタンヌ + ドゥソーヴ」開催 »

エミリア・ロアーニャ州のTenuta Maraが造るスーパープレミアム・ビオワイン

Tenutamaralogo_2

11月16日、東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス テラスルームにおいて、イタリア/エミリア・ロアーニャ州のTenuta Maraの試飲会が行われました。


ジェラート専門の食品材料会社を興し、成功を収めたGiordano Emendatori氏が、新しいチャレンジとしてワイン造りを始めるため、2000年、ボローニャの東南100キロメートルほどのアドリア海に近いサン・クレメンテにブドウ畑を購入しました。
ワイナリーの名前はMara Emendatori夫人の名前から。
2011年ヴィンテージが初リリース。

ブドウはサンジョヴェーゼのみで、バイオダイナミクス農法です。
現在、7ヘクタールの畑です。
畑にはボーズのスピーカーが備えられ、モーツァルトが流れているそう。

***

Tenuta Mara in Emilia-Romagna hold the special wine tasting in Tokyo, November 16th 2017.
Giordano Emendatori, the owner of Tenuta Mara, purchased athe vineyard on San Clemente.
Their own vineyard is biodynamic farming and only Sangiovese planted.
Tenuta Mara's wine "MaraMia" is super premium biodynamic wine.

Tenutamara

■ワイン

MaraMia 2013
サンジョヴェーゼ100%
アルコール度:13.5%vol
12カ月フレンチオークの小樽で熟成。
輝くルビー色。
ラズベリーなどの赤いベリーの風味に、フレッシュな酸。
デメテール取得。

Guiry 2014
サンジョヴェーゼ100%
アルコール度:12.5%vol
2014年は天候不順でブドウの出来があまりよくなかったので、MaraMiaの名前ではなくセカンドワインとしてGuiryとして発売。
12カ月フレンチオークの小樽で熟成。
明るいルビー色。
ラズベリーやブラックベリーの味わいにオリエンタルなスパイス香。

MaraMia 2013
サンジョヴェーゼ100%
アルコール度:13.5%vol
16カ月フレンチオークの小樽で熟成。
凝縮したルビー色にサンジョヴェーゼらしいレンガ色のニュアンスが加わっています。
熟したフルーツ、オリエンタル・スパイスに、なめらかなタンニン。
ブドウの樹齢が上がってきているため、ワインに複雑さが増してきています。
デメテール取得。

Tenutamara_3

Giordano Emendatori氏はモダンアートのコレクターとしてイタリアでは有名。
ワイナリー施設や、ブドウ畑にはコレクションのモダンアートがそこかしこにあります。
ワインのケースもおしゃれ。

Tenutamara_2

販売責任者のDavide Marino氏。

EUでの小売価格が約40€というスーパープレミアムのビオワイン。
新しいヴィンテージほど品質が向上しているので、これからの期待が持てます。

|

« ユニオン・デ・グラン・クリュ・ボルドー ヴィンテージ2014 | トップページ | 「ピーロート・ジャパン ル・グラン・テイスティング 東京 2017ベタンヌ + ドゥソーヴ」開催 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユニオン・デ・グラン・クリュ・ボルドー ヴィンテージ2014 | トップページ | 「ピーロート・ジャパン ル・グラン・テイスティング 東京 2017ベタンヌ + ドゥソーヴ」開催 »