« シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 | トップページ | サヴォワ・ワイン同業者組合主催「サヴォワ・ワインセミナー試飲会」 »

第8回イタリア料理コンクール「Gran Concorso di Cucina2017」開催!

12月4日、港区新橋にある東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」において、在日イタリア商工会議所主催・第8回イタリア料理コンクール「Gran Concorso di Cucina2017」の決勝戦が8名のファイナリストによって行われ、優勝者が決定しました。

11

このコンクールはイタリア政府により世界中で行われている「世界イタリア料理週間」の公式プロジェクトです。
決勝進出者8名は2グループに分けられ、持ち時間1時間のうちにパスタ料理と肉料理を作らなければなりません。

審査基準
1 味
2 盛り付け
3 今年のテーマ「バイオバランス黒毛和牛いちぼ肉」の活かし方
4 創造性

審査員(アルファベット順・敬称略)
マッシモ・アッレグリ(アリタリア-イタリア航空 アジア太平洋地区統括支社長)
シモーネ・カンタフィオ シェフ(ミシェル・ブラス トーヤジャポン シェフ・ディレクター) 特別審査委員長
トンマーゾ・デルコレ(在日イタリア大使館)
ステファノ・ファストロ シェフ(リストランテ・ステファノ オーナー・シェフ)
ジョルジョ・マテーラ シェフ(ディジョルジョ オーナー)
内藤善夫(株式会社バイオバランス 代表取締 兼 CEO)
エマヌエラ・オリギ(Accademia Italiana della Cucina – Legazione di Tokyo)
クリスティアーノ・ポッツィ シェフ(元アルマーニ、ハイアットリージェンシー・グアムなど)
アントニー・ストリアネーゼ(バリラジャパン株式会社代表取締役)

6
競技者の調理を鋭い視線で見つめる審査員たち。

1

***

■優勝

Photo
サンパット・バンダラ
ヒルトン東京お台場 / 東京・港区

「とてもシンプルなメニューです。バリラのリングイネであったり、イタリアのエキストラバージン・オリーブオイル、築地市場で自ら選んだロブスターとチェリートマト、この食材を組み合わせて今回のメニューができました」

Photo_2
パスタ料理:バリラリングイネをチェリートマトのコンポートとロブスターのソースで

Photo_3
肉料理:バイオバランスビーフのタルタル


■第2位

Photo_4
高瀬 智之
リストランテ マキャベリ / 東京・新宿

Photo_5
パスタ料理:魚介と旬野菜のオレキエッテ カラスミのチュイル添え

Photo_6

肉料理:バイオバランスビーフの低温調理 レフォールとリンゴのアクセント 冬仕立て

■第3位

Photo_7

櫛田 賢市
びわ湖大津プリンスホテル レイクビューダイニング ビオナ / 滋賀・大津

Photo_8

パスタ料理:魚介と旬野菜のオレキエッテ カラスミのチュイル添え

Photo_9
肉料理:バイオバランスビーフの低温調理 レフォールとリンゴのアクセント 冬仕立て

***

__

左から高瀬智之、サンパット・バンダラ、櫛田 賢市 各氏

■バリラ賞(バリラジャパン株式会社より)
横山浩平 IL NESSO(イルネッソ) / 神奈川・横浜市

■ジャーナリスト賞(取材の記者グループにより選出)
櫛田 賢市 びわ湖大津プリンスホテル レイクビューダイニング ビオナ / 滋賀・大津


Photo by Hotter Than July Inc.

*在日イタリア商工会議所のfacebookでコンクールの様子を動画で見ることができます。
https://www.facebook.com/ICCJ.Tokyo

|

« シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 | トップページ | サヴォワ・ワイン同業者組合主催「サヴォワ・ワインセミナー試飲会」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 | トップページ | サヴォワ・ワイン同業者組合主催「サヴォワ・ワインセミナー試飲会」 »