« 日本版イエローガイド第二弾、「ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内2018」発刊イヴェント | トップページ | シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 »

グランディ・マルキ協会イヴェント in 在日イタリア大使館

Photo

11月20日、在日イタリア大使館においてグランディ・マルキ協会ワイン試飲セミナーとワインディナーが行われました。

Photo_2
イタリアを代表するプレミアム・イタリアワイン生産者19社が全世界にイタリアワインのすばらしさを伝えるプロモーションを行うために結成されたグランディ・マルキ協会。

メンバーは
Alois Lageder, Ambrogio e Giovanni Folonari Tenute, Antinori, Argiolas, Biondi Santi Tenuta Greppo, Ca’ del Bosco, Carpenè Malvolti, Donnafugata, Gaja, Jermann, Lungarotti, Masi, Mastroberardino, Michele Chiarlo, Pio Cesare, Rivera, Tasca d’Almerita, Tenuta San Guido, Umani Ronchi.

代表は、Mastroberardinoのピエロ・マストロベラルディーノ氏。

Photo_3

グランディ・マルキ協会ワイン試飲セミナー

宮嶋 勲氏を講師に、試飲セミナーが行われました。
今回は12生産者のワインで、生産者自身からのプレゼンテーションもありました。

・カペルネ・マルヴォルティ (Capernè Malvolti)  ヴェネト州
1868 エクストラ・ドライ コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ DOCG NV
1868 Extra Dry, Coneglianio Valdobbiadene Prosecco Superiore D.O.C.G.
グレーラ100%、シャルマー法
高い酸、レモンの香り、ハニーも。
アフターのミネラル。
宮嶋氏評「海にも山にも近いため、海と山の綱引きが協奏曲となっている」

・カデルボスコ (Ca' del Bosco) ロンバルディア州
ヴィンテージ・コレクション・サテン フランチャコルタ DOCG 2012
Vintage Collection Saten, Franciacorta D.O.C.G. 2012
シャドネ85%、ピノ・ビアンコ15%
瓶内二次発酵
ワイン名の”サテン”は瓶内圧が弱いので名付けられています。
細かな泡と、文字通りサテンのようななめらかな口当たりのゴージャスなわいん。
レギュレーションでピノ・ノワールの使用は認めらていません。

・イエールマン(Jermann) フリウリヴェネツィア・ジューリア州
ヴィンテージ・トゥニーナ ヴェネツィア・ジュリア IGT 2015
Vintage Tunina, Venezia Giulia I.G.T. 2015
ソーヴィニヨン・ブラン25%、シャルドネ25%、リッボラ・ジャッラ23%、マルヴァージア・イストリアーナ22%、ピコリット5%
スロヴェニアの国境近くの畑からのブドウ。
麦わら色、高い酸とミネラル、グレープフルーツのニュアンス。
宮嶋氏評「安心感のあるワイン」

・ウマニロンキ(Umani Ronchi) マルケ州
ヴェッキエ・ヴィーニェ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ DOC クラシッコ・スペリオーレ 2015
Vecchie Vigne, Verdicchio dei Casterri di Jesi D.O.C. Classico Siperiore 2015
ヴェルディッキオ100%
シングル・ヴィンヤードのブドウを使用。
フレッシュな酸、長い余韻。
15~20年長期熟成が可能。
宮嶋氏評「食事のためのワイン」

・リヴェラ(Rivera) プーリア州
イル・ファルコーネ カステル・デル・モンテ・ロッソ・リセルヴァ DOCG 2011
Il Falcone, Castel del Monte Rosso Riserva D.O.C.G. 2011
ネーロ・ディ・トロイア70%、モンテプルチャーノ30%
1978年から造られているワイン。
タンニンの強いネーロ・ディ・トロイアで力強さを、モンテプルチャーノで柔らかさを出しているワイン。
バイオレットのニュアンスを持つ、エレガントなワイン。

・マストロヴェラルディーノ(Mastroberardino) ウンブリア州
ラディーチ タウラージ DOCG リセルヴァ 2011
Radici, Taurasi D.O.C.G. Riserva 2011
アリアニコ100%
1986年から造られているワイン。
”タウラージ”は南でもっとも古いDOCで、1992年にDOCGとなりました。
収穫は11月末という遅さ。
タバコ、熟したプラム、黒胡椒など複雑な味わいの重厚なワイン。

・ミケーレ・キャルロ(Michele Chiarlo) ピエモンテ州
バローロ・チェレクイオ バローロ DOCG 2013
Barolo Cerequio D.O.C.G. 2013
ネッビオーロ100%

1989年から、優良年のみに造られるワイン。
サステイナブル農法の畑からのブドウ。
熟したプラム、スパイスなど。
最高品質のバローロ。

・ルンガロッティ(Lungarotti) ウンブリア州
ルベスコ・ヴィーニャ・モンティッキオ トルジャーノ・ロッソ・リセルヴァ DOCG 2010
Rubesco Vigna Monticchio, Torgiano Rosso Riserva D.O.C.G. 2010
サンジョヴェーゼ100%
「ヴィーニャ・モンティッキオ」はシングル・ヴィンヤード名。
2009年からサンジョヴェーゼ100%ととなったワイン。

バイオレットやサワーチェリー、チョコレートのニュアンスのあるミディアムボディのエレガントなワイン。

・タスカ・ダアルメリータ(Tasca d'Almerita) シチリア州
ロッソ・デル・コンテ コンテア・ディ・スクラーファニ DOC 2013
Rosso del Cnte, Contes di Sclafani D.O.C. 2013
ネロ・ダーヴォラ41%、ペッコリーネ28%、その他の黒ブドウ品種28%
シチリアの伝統的な造りのワイン。
リコリス、甘いスパイス、コーヒーなどのニュアンスがあり、複雑で長い余韻を持つ。

・アルジョラス(Argiolas) サルデーニャ州
トッゥリーガ イゾラ・デイ・ヌラーギ IGT 2013
Turriga, Isola dei Nuraghi I.G.T. 2013
カンノナウ85%、カリニャーノ5%、ボヴァーレ5%、マルヴァジーア・ネーラ5%
夏は暑く、風の強い場所で、小石の多い畑。
深みのあるルビーレッドが際立つ、ミネラルもあるなめらかなワイン。

・マージ(MASI) ヴェネト州
カンポロンゴ・ディ・トルベ アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ DOCG 2011
Campolongo di Torbe, Amarone della Valpolicella Classico D.O.C.G. 2011
コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5%

「カンポロンゴ・ディ・トルベ」はシングル・ヴィンヤード名。
伝統的手法「アッパッシメント」で造られるアマローネ。
アマローネならではの濃いルビーレッド、芳香なアロマを持つ、30~40年熟成するワイン。
宮嶋氏評「品格のあるアマローネ」

・ドンナフガータ(Donna Fugata) シチリア州
ベン・リエ パッシート・ディ・パンテッレリーア DOC 2015
Ben Ryé, Passito di Pantelleria D.O.C. 2015

ジビッボ100%
フィロキセラの害を受けていない100年以上の樹齢のあるブドウ樹がある、「風の島」という意味のパンテッレリーア島で造られるワイン。
ゴールデン・イエローの、アプリコットやオレンジピールの香りを持つデザートワイン。

Photo_4
イタリアを一周した気分になる、各地の極上ワインのテイスティングでした。

Photo_5
生産者たち。
Photo_6

■ワインディナー

「2カ月半にわたる”イタリアワイン三千年”のイヴェントで、毎日、わくわくしています。
今晩のグランディ・マルキ協会のイヴェントは、イタリアワインのドリームチームです!
トップレベルのワインばかりが並んでいるので、すぐに飲まれてボトルから消えてしまのではないかと思っています」
という駐日イタリア大使ジョルジョ・スタラーチェ閣下のスピーチの後、乾杯!

Photo_8
やはりスパークリング・ワインは人気です。

Photo_7
それぞれ個性的な赤ワイン。

Photo_9

ホームパーティの参考になりそうな素敵なチーズの盛り合わせ方。

|

« 日本版イエローガイド第二弾、「ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内2018」発刊イヴェント | トップページ | シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本版イエローガイド第二弾、「ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内2018」発刊イヴェント | トップページ | シャンパーニュ・テタンジェが4年連続ノーベル賞晩餐会のテーブルに登場。 »