« 日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン! | トップページ | スイス料理が味わえる老舗レストラン「スイス・シャレー」が麻布十番にリニューアルオープン! »

"TASTE OF AUSTRALIA"第2回 メニュー・コンテスト 2017

11月1日、在日オーストラリア大使館において、オーストラリア大使館商務部主催「"TASTE OF AUSTRALIA"第2回 メニュー・コンテスト 2017」の結果発表および表彰式が行われました。

"TASTE OF AUSTRALIA" メニュー・コンテスト
次世代を担う若手シェフ(第二回は2017年12月31日現在35歳未満)を中心に2~3名からなるチームで、オーストラリア食材・飲料を用いて、前菜・メイン・デザートをテーマに沿った料理に仕上げるコンテストです。
今年のテーマは”和”。
ワインとのペアリングも課題のひとつ、というのも特徴的です。

審査員チーム
坂井 宏之シェフ:ラ・ロデェル オーナーシェフ
陳 健一シェフ:四川飯店グループ オーナーシェフ
山下 春幸シェフ:HAL YAMASHITA エグゼクティブ オーナーシェフ

Tasteofaus

リチャード・コート駐日大使から開会の挨拶がありました。
「今回は全国から第1回の以上のレストランの参加がありました。
昨日、東京の服部栄養専門学校で、ファイナリスト(TOP10レストラン)による、オーストラリアビーフ、ラム、ワインなどオーストラリア食材を用いた調理コンテストが行われました。
私自身も特別審査員として参加し、皆さんの真剣さに心入りました。
これからもコンテスト参加者の皆さんにオーストラリア食材・飲料を利用いただけるよう願っています」

Tasteofaus_2
審査員長・坂井 宏之シェフ

第2回目はすごくレベルがあがっています!
オーストラリア食材の良さを重視、進化・大胆、そしてファッショナブルなものばかりで審査が大変でした。
審査では、10チーム、30食を試食したため、最後にはお腹がパンパンです。
いずれもチームワークが良く、すばらしい料理の仕上がりでした。
皆さん、お疲れさまでした!

Tasteofaus_3
陳 健一シェフ

私の店でも、アワビなどオーストラリア食材を使用していますが、各チームともユニークなオーストラリア食材を使用しているのが注意をひきました。
コンテスト会場は限られたスペースでしたが、自分の調理場にいるような笑顔で調理している姿が素敵でした。
”食”は技術が必要なことはもちろん、どういう気持ちで作るのかが大事です。
最愛の人に料理を作る気持ち─世界のみんなを料理で幸せにしてください!

Tasteof
山下 春幸シェフ

オーストラリアでは、日本で考える”和”をいかしたオーストラリアの料理がつくられるようになってきています。
またインターネットで食材を調べ、地域性を考え、日本人が考えるオーストラリア料理が産まれてきます。
今回はレベルが高く審査が難しく感じられました。
これほどレベルアップしていっているので、3回めもぜひ開催していただきたいです。


■最優秀賞
22<トゥ・トゥ> (東京・銀座)

Tasteofaus22

飯窪 孝行、高橋 亮介、内山 拓弥 チーム

Ausno1
・前菜 cape grimbar (ケープ グリムバー) × ・ワイン デューンズ・&・グリーン・モスカート・スプリットピック・NV

・メイン タスマンブイヤベース × ・ワイン  オーバー・ザ・レインボー亜硫酸無添加・シラーズ

・デザート アーモン豆腐 / オーストラリア産コーヒー  × ・ワイン マウンテントップ・エステート

■ベスト・オージー・ビーフ ・ラム賞
ホテルオークラ神戸 カメリア (兵庫県・神戸) 正徳 陽樹、藤本 雅、河西 知子 チーム

Ausno5_2
・前菜 日本の四季をテーマに 前菜の取り合わせ ~オーストラリアと日本の架け橋~ × ・ワイン ローガン・ソーヴィニヨン・ブラン 2016

・メイン オージービーフのすき焼きロール 肉じゃがの付け合わせとともに ~食卓の定番をアレンジして~  × ・ワイン  ウィマーラ・ピノ・ノワール 2016

・デザート オーストラリア産クリームチーズのティラミス ミックスナッツのマドレーヌを添えて ~晩秋の日本庭園をテーマに~ × ・ワイン カリントン・グレース・スパークリング・シラーズ

■オーストラリア食材と和のベストマッチ賞
京都タワーホテル (京都府京都市) 川﨑 敬太郎、後藤 武史、中村 澄志 チーム

Ausno4

・前菜 オーストラリアの海の恵み×和の薫り(イセエビとアスパラガスのプレッセ カボス香るショーフロア仕立て、キヌアと御香煎を纏ったタスマニアサーモンのコンフィ 、キャロブとココナッツミルクのマヨネーズソ-ス) × ・ワイン ダーレンベルグ・スタンプジャンプ・リースリング  2015

・メイン オーストラリア産仔牛の3つの味わい 芳醇なシラーズのソース (背肉のロティ 生姜の香り 大徳寺納豆のピュレ、リードヴォーのフリカッセ 白味噌と柚子の風味 、富有柿とマカダミアナッツのクロケット ビーツのハチミツグラッセ) × ・ワイン  トイスナー・ジョシュア 2015

・デザート オーストラリア大地の恵み×和の余香(ケークピスターシュ 山椒のガナッシュ、ババロアマロン あたり胡麻のクルスティアン、皮ごと和梨のはちみつソルベ)  × ・ワイン グレン・ピンク・ソフト・ロゼ NV

■ベスト・オーストラリア フレッシュ・ユニーク食材賞
リーガロイヤルホテル オールデイダイニング リモネ 大阪府大阪市) 永井 尚樹、 新井 航平、有馬 佳宏 チーム 

Ausno3
・前菜 ”調和” 燻製キヌア御飯 海の幸のバリエーション 柚子香る吸地 × ・ワイン デラタイト・ハイ グラウンド シャルドネ 2015

・メイン ”共演” 熟成オーストラリア牛のすき焼き仕立て、和牛のジンジャービール煮込みと小豆 ラップサンド風 、ポレンタ・大麦・藁の三位一体  × ・ワイン  ウルーウェン エステート・ シブリングス シラーズ  2014

・デザート ”融合” -和ミントン-  × ・ワイン ディーン ボトリティス セミヨン

 
■料理と飲料のベストペアリング賞
リーガロイヤルホテル ベラコスタ (大阪府大阪市) 蓑島 裕和、岩坪 美里、松葉 由美 チーム  

Ausno2_2
・前菜 ローストキャロブ香るオーストラリアタイガーとタスマニアサーモン、アワビの土佐酢マリネ レモンマートル風味~秋のイメージ~ × ・ワイン クローヴァーヒル・ブリュット 2012

・メイン お茶漬け風ソルトブッシュラムとその煮込み入り最中、フリーカ~赤ワイン風味の昆布の佃煮のアクセント  × ・ワイン  ジョン デュヴァル ワインズ・プレキサス マルサンヌ
ルーサンヌ ヴィオニエ 2012

・デザート オペラハウスに見立てたマンゴー、チョコレート~マカダミアナッツ入り金胡麻香るクリームチーズの和菓子仕立て × ・ワイン デ・ボルトリ NV ブラック・ノーブル

Tasteofaus_4

料理写真:在日オーストラリア大使館商務部提供

|

« 日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン! | トップページ | スイス料理が味わえる老舗レストラン「スイス・シャレー」が麻布十番にリニューアルオープン! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン! | トップページ | スイス料理が味わえる老舗レストラン「スイス・シャレー」が麻布十番にリニューアルオープン! »