« 蓄音機の會「第2回・蓄音機コンサート」ブルーノ・ワルター指揮のワーグナー | トップページ | オルトレポー・パヴェーゼ保護協会主催「セミナー&ウォークアラウンドテイスティング」 »

【イヴェント】ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス 2018

1月16日、グランドハイアット東京で、オレゴンワインボードとワシントンワイン協会日本代表事務所共同主催による「ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス 2018」が開催されました。
3~4月に開催予定のセールス・プロモーション「ワシントン・オレゴン  ワイン  エクスペリエンス2018」に向けた、レストラン、ワインバー、小売店、酒販店などのためのワシントン・オレゴン・ワイン試飲会です。
輸入業者16社と未輸入ワイナリー11社(ワシントン6社、オレゴン5社)が出展しました。
大阪でも1月15日、ザ・リッツ・カールトン大阪にて開催されました。

Wo

オルカ・インターナショナル株式会社

ワシントン・ワインを最も多く輸入している文字どおり「ワシントン・ワインのリーダー」であるオルカ・インターナショナル株式会社は77アイテムを出展。

ワインズ・オブ・サブスタンス Wines of Substance
ワシントンで多くのワインを造っているチャールズ・スミスが新たに手掛けたシングル・ヴィンヤードのシリーズ「ワインズ・オブ・サブスタンス」。
今までのチャールズ・スミスのラベルのようにイラスト入りではなく、ブドウ品種のアルファベットが大きく書かれています。
🍷 ソーヴィニヨン・ブラン 2016 Sauvignon Blanc  参考小売価格\3,300
🍷 カベルネ・ソーヴィニヨン 2015 Cabernet Sauvignon  参考小売価格\2,800
🍷 メルロ・ストーンリッジ・ヴィンヤード 2014 Merlot Stoneridge Vineyard  参考小売価格\7,400
🍷 メルロ・ノースリッジ・ヴィンヤード 2014 Merlot Northridge Vineyard  参考小売価格\9,000
🍷 カベルネ・ソーヴィニヨン・ジャックス・ヴィンヤード Cabernet Sauvignon Jack's Vineyard  参考小売価格\9,000
🍷 カベルネ・ソーヴィニヨン・ストーンリッジ・ヴィンヤード Cabernet Sauvignon Stoneridge Vineyard  参考小売価格\9,000
🍷 ビーエックス・ブレンド・クライン・ヴィンヤード BX Blend Klein Vineyard  参考小売価格\11,000
カベルネ・ソーヴィニヨンが飲み頃でお買い得感が大。
上級のカベルネ・ソーヴィニヨンはまだ若く、熟成が期待できます。

Wo
オレゴンのケン・ライト・セラーズはシャルドネとピノ・ノワール3種。
いずれも透明感のある上品なワインです。

Wo_2
株式会社 中川ワイン

プレミアム・カリフォルニアを数多く取り扱っている株式会社 中川ワインですが、ワシントンとオレゴンも以前から取り扱っています。
注目は、ワシントン3大トップワインのひとつクィルシーダ・クリーク(あとの2つはレオネッティとアンドリュー・ウィル)。

クィルシーダ・クリーク  Quilceda Creek
1979年創業なので、ワシントンでは老舗ワイナリーです。
🍷 CVR コロンビア・ヴァレー・レッド・ワイン 2015 "CVR" Columbia Valley Red Wine  参考小売価格\10,000
🍷 カベルネ・ソーヴィニヨン 2015 Cabernet sauvignon 参考小売価格\35,000
やはりカリフォルニアよりも涼しさを感じる、完璧にバランスのとれたワイン。
じつは、どんな料理とも合う万能ワインです。

Wo_3
創業舎のアレックス・ガリツィンの娘婿John Ware氏がプレゼンテーションしていました。

Wo_4
■株式会社ラシーヌ

ヨーロッパの自然派ワインを取り扱っている株式会社ラシーヌがオレゴンの取り扱いを始めました。

ケリー・フォックス・ワインズ Kelly Fox Wines
トリー・モーやアイリー・ヴィンヤーズでワイン造りの経験を積んだケリー・フォック女史が2007年から 創業したワイナリー。
ブドウは古い歴史を持つマレッシュ・ヴィンヤードとビオディナミ認定を受けたモムタジー・ヴィンヤードからのもの。
2017年の生産量は3,000ケースと小規模。。
🍷 ピノ・ノワール・アフラニ 2015  Pibot Noir Ahurani  参考小売価格\7,000
「アフラニ」は古代ペルシアの水の神の名。
モムタジー・ヴィンヤードのブドウを使用。
🍷 ピノ・ノワール・ミラバイ 2015  Pibot Noir Mirabai  参考小売価格\7,000
マレッシュ・ヴィンヤードのブドウを使用。
🍷 ピノ・ノワール・マレッシュ・ヴィンヤード 2015  Pinot Noir Maresh Vineyard   参考小売価格\13,000
🍷 ピノ・ノワール・モムタジー・ヴィンヤード 2014  Pinot Noir Momtazi Vineyard   参考小売価格\8,000

■サチ・インターナショナル株式会社

オレゴン1ワイナリー(デニソン・セラーズ)、ワシントン4ワイナリー(ローン・バーチ・ワイナイリー、トラスト・セラーズ、エアフィールド・エステイツ、グレース・レーン)を出展。

Photo

トラスト・セラーズ Trust Cellars
CNNのプロデューサーだったシティーヴ・ブルックス氏がそのキャリアを捨て、2001年からワイン造りを始めたワイナリー。
🍷 リースリング・コロンビア・ヴァレー 2016  Riesling Columbia Valley  参考小売価格\3,500
2011年、2012年のシアトル・マガジン誌でベスト・リースリングに選ばれたワイン。
残糖感がしっかりあり、厚みを感じさせるワシントン・リースリングの特徴が良く出ている。
🍷 ザ・ランディング 2014  The Landing  参考小売価格\4,200
シラー57%、カベルネ・ソーヴィニヨン43%。
シラーのスパイシーさとカベルネ・ソーヴィニヨンのしっかりしたボディが良いバランス。
🍷 カベルネ・ソーヴィニヨン 2013  Cabernet Sauvignon  参考小売価格\6,000
カベルネ・ソーヴィニヨン81%、メルロ12%、カベルネ・フラン6%
ボルドー・ブレンドのプレミアム・レッド。
🍷 シラー・ワラワラ 2014   Syrah Walla Walla  参考小売価格\5,700
ワラワラ・ヴァレーのシラーを使った、ワシントンらしいシラー。

Wo_2

デニソン・セラーズ Denison Cellars
2009年、ティムとデニスのウィルソン夫妻がオレゴン州ウィラメット・ヴァレーで創業したマイクロ・ワイナリー。
フレンチスタイルのピノ・グリ、ピノ・ノワール、シラーを造っています。
🍷 ウィラメット・ヴァレー・ピノ・ノワール 2015  Willamette Valley Pinot Noir 参考小売価格\4,200
フレンチオーク12カ月熟成した後、ステレンスタンクで5カ月熟成そたなめらかなピノ・ノワール。
🍷 キフッ・ヴィンヤード・ピノ・ノワール 2015  Kiff Vineyard Pinot Noir 参考小売価格\7,000
3種類のクローンを使用。
🍷 ジョンソン・リッジ・ヴィンヤード・ピノ・ノワール 2015  Johinson Ridge Vineyard Pinot Noir 参考小売価格7,000
年間生産60ケースの希少プレミアム・ワイン。

Wo_4
アニチェ・セラーズ AniChe Cellars  未輸入ワイン

2009年、レオネッティから3キロほど東に行った場所に創業したアニチェ・セラーズ。
創業者、ワインメーカー、ワイナリースタッフまで女性で構成されたワイナリー。
赤いラベルのイラストはクジャク。
🍷 Barbariccia 2015
サンジョヴェーゼ85%、メルロ10%、カベルネ・フラン5%
ブルーベリーやチェリーの果実味と、確かなボディ。
🍷 Be Holden 2015
マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド、メルロ
ヴァニラ、タバコなど樽からのニュアンスを感じる、なめらかなワイン。
🍷 Gables 2015
シラー、グルナッシュ、ムールヴェルド、ルーサンヌ、マルサンヌ
どこにもない個性的な赤ワイン。
一押しのワイン。
🍷 Bombadail 2015
グルナッシュ・ブラン64%、ピックプール24%、ヴィオニエ12%
ローヌの白ワインを意識したワイン。

*****

オレゴンのピノ・ノワールはいずれもすばらしく、ますます洗練されています。
ワシントンのリースリングはやはり「クラシック・ワシントン」とも呼べる少し残糖感のある、厚みを感じさせるワインが上出来。
若いワイナリーも多く、これからも楽しみなワシントンとオレゴンのワインでした。

|

« 蓄音機の會「第2回・蓄音機コンサート」ブルーノ・ワルター指揮のワーグナー | トップページ | オルトレポー・パヴェーゼ保護協会主催「セミナー&ウォークアラウンドテイスティング」 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蓄音機の會「第2回・蓄音機コンサート」ブルーノ・ワルター指揮のワーグナー | トップページ | オルトレポー・パヴェーゼ保護協会主催「セミナー&ウォークアラウンドテイスティング」 »