« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年4月1日(日)「COEDO 花見 -Hanami- 2018」で「COEDOクラフトビール醸造所」を特別解放

2018年4月1日(日)、「COEDO 花見 -Hanami- 2018」で一日限り、桜の花のもと、武蔵野の田園風景と一体となった「COEDOクラフトビール醸造所」が特別解放 されます。

Coedo

COEDO 花見-Hanami-2018
日時:2018年4月1日(日)12:00~16:00
会場:COEDOクラフトビール醸造所 埼玉県東松山市大谷1352
飲食:ビール全6種は1杯(414mlカップ)税込500円。
雨天:雨天中止。中止の場合には、当日10:00までにCOEDOのウェブサイト、Facebook、Twitterにて告知。
交通:バス 当日は無料マイクロバスが東松山駅と醸造所間を運行。または東松山駅東口よりコミュニティバス停留所「網張戸」下車。
    タクシー 東松山駅より約10分。

■COEDOクラフトビール醸造所ツアー
開催時間:①13:00~ ②13:30~ ③14:00~ ④14:30~ ⑤15:00~
定員:各回20名
参加方法:12:00より整理券を配布。先着順。 1名様1回限り、代理人の整理券受取は不可。

今年はお天気も良く、のんびりお花見できそうです。

詳細はCOEDOクラフトビール醸造所のページで。
http://www.how-pr.co.jp/pressrelease/COEDO_hanami2018.pdf

| | コメント (0)

スペイン DOMonsat モンサン原産地呼称ワイン プロ向け試飲会&セミナー

2月20日、ホテルモントレ半蔵門でスペインのDOモンサンの「モンサン原産地呼称ワイン プロ向け試飲会&ワインセミナー」が開催されました。
日本では初めてのDOモンサン生産者団体のイヴェントです。

Photo_4

■ワインセミナー

スペイン・カタルーニャ州南部にある極上ワインを産するDOCaプリオラートを囲むようにあるのがDOモンサン。

DOモンサンの歴史
ローマ時代からワイン造りが行われていた地域で、ワイン用アンフォラも出土されています。
中世のイスラム支配の後、修道院がブドウ栽培・ワイン造りをはじめ、小修道院長「プリオール(Prior)」を意味する「プリオラート(Priorato)」が現在のプリオラートとモンサンを含むこの地方の名前をなりました。
19世紀末、フィロキセラによりモンサンの畑は壊滅的打撃を受けましたが、20世紀、農業組合の出現によりワイン造りが再び活性化。
1932年、スペインで初めての原産地呼称DO(デノミナシオン・デ・オエイヘン)の認証にDOタラゴナ(現在のモンサンの場所もサブゾーンとして含まれる)のも含まれていました。
2001年、DOモンサンはDOタラゴナから独立したDOとなりました。

DOモンサンのテロワール
DOモンサンは、北はモンサン山脈(DO名の由来となる)、ラ・リェナ山脈に、東はアルジェンデラ山脈、ラ・モラ・デ・コィデジョウ、リャベリア山脈に、西にはラ・フィゲラ山脈、エル・トルモ山脈に囲まれたエブロ川流域の、ブドウ栽培面積約1,800へクタールの生産地域です。
ブドウ畑の海抜は50mから700mと標高差があり、土壌は石灰質土壌、花崗岩質土壌、粘板岩質土壌がモザイク模様のように点在。
起伏の多い山間地、エブロ川の影響、海からの風の影響─これらが地中海性気候のみならず大陸性気候をもたらし、ミクロクリマを産み出しています。

DOモンサンのブドウ品種
栽培面積は黒ブドウが94%を占め、白ブドウが残り6%。
・白ブドウ
ガルナッチャ・ブランカとマカベオで90%以上。
・黒ブドウ
ガルナッチャ・ネグラとカリニェナで65%以上。

pHの低い土壌や高標高の冷涼さが、フレッシュ感のあるエレガトなワインを産み出しています。
また近年導入された国際品種を伝統品種にブレンドする新しいスタイルのワインも造られ、モメサン・ワインの魅力のひとつとなっています。

DOモンサンのサブゾーン
2008年からサブゾーン化の研究を進め、代表的品種ガルナッチャ(グルナッシュ)とカリニェナ(カリニャン)の生育サイクルの特徴から以下の村が所属する6つのサブゾーンに区分されました。
◎ラ・フィゲラ、カバセス、ラ・ビスバル、マルガレフ
◎コルヌデリャ・ダ・モンサン、ウルデモリンス
◎エル・モラール、エル・マスロッチ、ダルモス
◎ファルセット
◎マルサ、カプサネス、エルス・ギアメッツ、ラ・セラ
◎プラデル・デ・ラ・テイシェタ、ラ・トレ・ダ・フォンタウベリャ

DOモンサン
17の村に約60の生産者。
生産量700~900万㎏のうち協同組合が55~60%を占めていますが、近年、小規模生産者が急増。
生産量の30%が約40カ国に輸出されています。

テイスティング 注目生産者
17の生産者が出展しました。

Photo_2
Cellers Sant Rafel セリェル・サンラフェル
サブゾーン:プラデル・デ・ラ・テイシェタ、ラ・トレ・ダ・フォンタウベリャ

現在のところ、サブゾーン内にただひとつの存在する家族経営のワイナリー。
1997年、創業。
自社畑のブドウのみを使用。

Photo_3
🍷ジョアナ 2016 Joana
ガルナッチャ、メルロ
果実味あふれるフレッシュなスタイル。

🍷ブランカ 2016 Blanca
ガルナッチャ・ブランカ
ドライなフレッシュ・スタイルの白。

🍷シャビ 2015 Xavi
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ
穏やかな味わいの伝統的なワイン。

🍷ソルポスト 2010 Solpost
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ、カベルネ・ソーヴィニン
カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたモダン・スタイル。

輸入元・アグリ株式会社

25

Celler Pascona セラー・パスコナ
サブゾーン:ファルセット

7代にわたり、モンサンにブドウ畑を持ち、ワイン造りは2世代目。
ビオワインです。

🍷マリア・ガンチャ Maria Ganxa
カリニェナ
現地のファルセット村の昔からの言い伝えで、「イタズラする子を連れ去る魔女」のことだそう。
フレッシュなカリニェナ・ワイン。

🍷ラ・マラ・ダ・パスコナ La Mare de Pascona
ガルナッチャ・ネグロ

🍷パスコナ・クラシック  Pascona Classic
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ
モンサンならではのクラシックな造りのワイン。

🍷ラ・パラ・ダ・パスコナ  La Pare de Pascona
ガルナッチャ・ネグロ、カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・ソーヴィニヨンを加えて、ストラクチャーをしっかりとさせています。

輸入元:i-WINE HAPPINESS株式会社

P23
Celler Masroig セリェル・マスロッチ
サブゾーン:エル・モラール、エル・マスロッチ、ダルモス

1971年創業した、スペインでもトップレベルの協同組合。
DOモンサンを代表する生産者のひとつうでもあります。
現在の組合員は300名。畑は500へクタールに及びます。
若きワインメーカー、Carles Escolar氏がすべての価格帯で高品質のワインを造りあげています。
世界20カ国以上に輸出され、世界的に高い評価を受けています。
ラベルのデザインもおしゃれ。

P23_2
🍷ソラ・フレッド 2016  Solà Fred
ガルナッチャ・ネグロ100%
ステンレスタンクで発酵・熟成。
赤い果実あふれるフレッシュ・スタイル。
輸入元:株式会社オーバーシーズ 小売価格(税込)\1,177

🍷ピニャラス ネグラ 2014  Pinyres Negre
ガルナッチャ・ネグロ85%、カリニェナ15%
フレンチオークの樽で12カ月熟成。
赤い果実にトースト香、スパイス。
ギアペニンで90点獲得。

🍷ラス・ソルツ シカール 2015  Les Sorts Sycar
カリニェナ(古木)60%、シラー40%
フレンチオークの樽で13カ月熟成。
プラムや熟成した黒系フルーツ、ダークチョコtレート、タバコ、イースト香など複雑な味わいの飲み応えのあるスタイル。
ギアペニンで91点獲得。

🍷ラス・ソルツ ビニラャス・ベリャス 2014  Les SortsVinyes Velles
カリニェナ85%、ガルナッチャ・ネグロ15%
伝統的な方法で醸造の後、フレンチオークの樽で17カ月熟成、さらに瓶熟成24カ月。
熟した黒系フルーツ、黒コショウ、クローヴ、ココアにソフトなタンニンを持つエレガントなワイン。
ギアペニンで92点獲得。

P31
Cooperativa Falset-Marça コーペラティバ・ファルセット・マルサ
サブゾーン: ファルセット

1917年創業のファルセットと、1912年創業のマルサの協同組合が、1999年に合併した協同組合。
ワイナリーは、バルセロナに近いファルセット村にあり、1919年にアントニオ・ガウディの弟子であった建築家セサル・まるティネスによって設計された建物で今でもワインを造り続けています。

🍷エティム ベレマ・タルダナ ネグラ 2015  Ètim Verema Tardana Negre
ガルナッチャ・ネグロ
干しブドウから造られた甘口ワイン。
酸もしっかしています。
サクラアワード2018でゴールドメダル受賞。

🍷エティム アル・デスティ 2016  Ètim El Destí
マカベオ、ガルナッチャ・ブランカ、シャルドネ
シャルドネをブレンドしてバランスをとった、飲みややすい白ワイン。

🍷エティム アル・ビアチャ 2014  Ètim El Viatge
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ、シラー
複雑さと飲みやすさを併せ持つ、この生産者第一の注目ワイン。

🍷カステル・ダ・ファルセット Castell de Falset
カリニェナ、ガルナッチャ・ネグロ、カベルネ・ソーヴィニヨン
モダンなスタイルのブレンド・レッド。

P33
Estones Vins エストナス・ビンス
サブゾーン: ファルセット

2008年、ソムリエのセルジ・モンタラ氏とワインメーカーのサルビ・モリネル氏がワインの情熱から立ち上げたワイナリー。
ファルセット村のガルナッチャと、アルス・ギアメッツン村のカリニェナを使用。
ワインは少量生産の手造りで、モダンなスタイル。
生産量の約10%を輸出。

🍷エストス GS 2014 Estones GS
ガルナッチャ・ネグロ70%、カリニェナ30%
フレンチオークとアメリカンオークの樽で14カ月熟成。
プルーン、スパイス、ヴバルサミコ、ミネラルも。

🍷セット・トタ・ビダ 2014  Set Tota la Vida
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ、シラー
レザーなどすでに熟成を感じさせるワイン。

🍷パティタス・エストナス 2015  Petites Estones
ガルナッチャ・ネグロ50%、カリニェナ50%
ストロベリー、チェリー、ラズベリーにスパイス。

写真はセルジ・モンタラ氏。

P37

Mas de l'Abundància Viticultors SL マス・ダ・ラブンダンシア・ビティクルトールス
サブゾーン:エル・モラール、エル・マスロッチ、ダルモス

代々ブドウ栽培が行われていた土地に、2002年、Rio Mateu家がワイナリーを新設。
8ヘクタールの敷地内のブドウ畑4haでオーガニック栽培を実践。
畑はシウラナ川とピニェレスの僧院(エル・マスロッチ村)の間に位置する唯一の畑で、川底の低い部分にはカベルネ・ソーヴィニヨンが、標高の高いところにフィロキセラ禍以前からあったクローンのガルナッチャとカリニェナが植えられています。

🍷エマ 2016  He・Ma
カベルネ・ソーヴィニヨン、ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ20
フレンチオークの樽で3カ月熟成。
赤いベリーにシダー、ソフトなタンニン。

🍷フルミニス 2016  Flvminis
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ、カベルネ・ソーヴィニヨン
フレンチオークの樽で3カ月熟成。
エマよりも骨太のワイン。

🍷アブンダンシア 2013  Abundancia
ガルナッチャ・ネグロ、カリニェナ
フレンチオークの樽(一部は新樽)で13カ月熟成。
アルコール15%volだが、飲みやすいワイン。

🍷ダ・カルピノ 2016  De Calpino
ガルナッチャ・ブランカ(古木)100%
1892年、2世代前のJosep Mateu Mauri氏によって、カタルーニャで初めてフィロキセロ禍の後接ぎ木されたガルナッチャ・ブランカの古木からのブドウを使用。
樽熟成は無し。
「ザ・ワインガイド・オブ・カタロニア」で「2015年カタロニアの最高白ワイン」受賞。

***

雨量が少なく、日照時間も長いせいか、ワインはアルコール度14,5%vol(いくつかは15%vol)あり、口当たりの良さに飲みすぎると大変なことになりそう…。
協同組合はしっかりと伝統を踏まえながらも最新の技術で消費者に応えるワインを、小規模な生産者は個性的なワインを、それぞれの生産者の違いがよく分かる試飲会でした。

 

| | コメント (0)

ナパ・ヴァレーのスーパープレミアム「フリーマーク・アビー」ブレンディングセミナー

Photo

世界的に権威ある英国のワイン誌「Decater」の最新号(2018年4月号)の表紙を飾るのは、ナパ・ヴァレーのスーパープレムアム”フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン 2014”。
”California Cabs 2014”と題された174本のカリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニヨンのテイスティング特集記事の中、”フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン2014”は”Outstanding”4本のうちの1本に選ばれています。

その”フリーマーク・アビー”のエステート・マネージャー、ハリー・ドッズ氏による「Freemark Abbey ブレンディング セミナー&ランチ」(オルカ・インターナショナル株式会社 / ジャクソン・ファミリー・ワインズ)が、3月20日、ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店において開催されました。

Photo_2
フリーマーク・アビー Freemark Abbey

”フリーマーク・アビー”のルーツは、1886年、デンマーク出身のジョセーヌ・ディクソンが興したナパ・ヴァレーで16番目となるワイナリー「ディクソン・セラー」です。
ちなみにジョセフィーヌはナパ・ヴァレーで最初の女性醸造家。

しかし1920年、すでに名声を得ていたワイナリーでしたが、禁酒法により閉鎖を強いられます。

禁酒法撤廃後の1939年、南カリフォルニアの3人のビジネスマンによりワイナリーは買い取られ、再開。
チャールズ・フリーマン(Charles Freeman)、マーカンド・フォスター(Marquand Foster Albert)、アルバート”アビー”エイハーン(Albert "Abbey" Ahern)の三人の名前から、ワイナリーを「Freemark Abbey フリーマーク・アビー」と名付けました。

1967年、”フリーマーク・アビー”はThe Magnificent Seven「素晴らしい7人」と呼ばれることとなる7人に買い取られ、ナパ・ヴァレーで最先端のスタイルのシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンを産み出すこととなります。

1976年、パリで行われたフランスのトップ生産者とカリフォルニアの生産者のワイン対決「パリスの審判」では選出された赤・白ともに6本ずつが対象でしたが、”フリーマーク・アビー”は赤・白ともに選ばれた唯一のワイナリーでした。

2017年、東京で1976年の「パリスの審判」がまったく同じ種類のワインで再現され、「フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン 1969」が最高得点を獲得し、第一位に輝きました。

Photo_6

ブレンディング・セミナー

”フリーマーク・アビー”の赤ワイン用ブドウは、ラザフォード地区のレッド・バーン・ランチ、カーピー・ランチ/ウッド・ランチ、ボッシェ、シカモアなど、ナパ・ヴァレーのグラン・クリュからのものです。
これらの畑のテロワールは異なるため、ワインの香り・味わいも異なってきます。
フリーマーク・アビーの赤ワインはすべてブレンド。
異なる香り・味わいのワインを組み合わせることにより、複雑さを増し、フリーマーク・アビー・スタイルを産み出すのです。

「ブレンディング・セミナー」ではUSやオーストラリアの生産者が行うワイン・エデュケ―ションのひとつで、素材のワインをブレンドしてセミナー受講者がそれぞれワインをつくります。
その体験を通じて、それぞれの素材ワインの特徴、組み合わせにより香りや味わいにどのような効果が表われるかを知ることができるのです。
カベルネ・ソーヴィニヨン 2015(オークヴィル・ランチ・ヴィンヤード/オークヴィル)、メルロ 2015(ステージコーチ・ヴィンヤード/アトラス・ピーク)、カベルネ・フラン 2015(ドス・リオス・ヴィンヤード/ヨントヴィル)、プティ・ヴェルド 2015(レッド・バーン・ランチ・ヴィンヤード/ラザフォード)、マルベック 2015(ヘリック・ヴィンヤード/ヨントヴィル)の5つのワインの特徴をつかみ、”フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013”をお手本にブレンドします。

ブレンドのためのスポイドの扱いが少し難しいですが、たったひとつのワインができます。
仕上がったワインに対して、ドッズ氏がひとりずつに講評していきます。
なんだかブレンダーになったみたいな貴重な体験でした。

Photo_3
ブレンディング・セミナーの素材となったワイン。

ウルフギャングの料理とフリーマーク・アビー・ワインのマッチングを体験するランチ
ブレンディング・セミナーの後に、ウルフギャング・ステーキハウスの料理とフリーマーク・アビー・ワインのマッチングを体験するランチが行われました。
1

ホワイト アスパラガス サラダ×フリーマーク・アビー ソーヴィニヨン・ブラン 2015

🍷フリーマーク・アビー ソーヴィニヨン・ブラン 2016  Sauvignon Blanc 2016
ナパ・ヴァレー AVA
ソーヴィニヨン・ブラン96%、セミヨン4%
アルコール度:14.5%vol
希望小売価格(税別)\3,900

セミヨンでバランスをとり、グラッシーさを軽くしているソーヴィニヨン・ブラン。
ヨーロッパでは、「春になればホワイトアスパラガスとソーヴィニヨン・ブランを!」と、楽しみにしている人も多いのです。
定番の組み合わせは鉄壁。

2
ウルフギャング スタイル クラブケーキ×フリーマーク・アビー シャルドネ 2015

🍷フリーマーク・アビー シャルドネ 2015 Chardonnay 2015
ナパ・ヴァレー AVA
シャルドネ100%
アルコール度:14.5%vol
希望小売価格(税別)\5,000

2015年は5年間続いた干ばつの後の年。そのため収穫量は少なく、凝縮した果実となりまうした。
夏の暑さが少し収まったためか、トロピカルフルーツ風味は過剰でなく、極上のシャブリを思わせるなめらかなテクスチャーを持ったワインとなっています。
ウルフギャング自慢のクラブケーキは、ずっしりカニの身が詰まったもの。
ボディ感のある、クリーミーなシャブリとカニの旨みが良く合います。

3
ドライエイジング サーロイン ステーキ×フリーマーク・アビー メルロ 2015 / フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013 / フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン シカモア・ヴィンヤード 2014 / フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン ボッシュ・ヴィンヤード 2014

🍷フリーマーク・アビー メルロ 2015  Merlot 2015
ナパ・ヴァレー AVA
メルロ89.1%、カベルネ・ソーヴィニヨン6.7%、プティ・ヴェルド1.8%、カベルネ・フラン1.2%、マルベック1.2%
アルコール度:14.5%vol
希望小売価格(税別)\6,000

ナパ・ヴァレーでも標高の高い畑のメルロを主体に使用。
そのため黒系フルーツのニュアンスに加え、コショウのニュアンスや高い酸を持ちながらもメルロならではのヴェルヴェッティなストラクチャーを持つワイン。

🍷フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013 Cabernet Sauvignon 2013
ナパ・ヴァレー AVA
カベルネ・ソーヴィニヨン75.1%、メルロ10.9%、プティ・ヴェルド5.9%、カベルネ・フラン4.9%、マルベック3.2%
アルコール度:14.5%vol
希望小売価格(税別)\6,700

ナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンらしいブラックベリー、ブラック・カレントにチョコレート、ココアさらにプティ・ヴェルド、カベルネ・フラン、マルベックで複雑さを出しているワイン。

🍷フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン シカモア・ヴィンヤード 2014 Cabernet Sauvignon Sycamore Vineyard 2014
ラザフォード AVA
カベルネ・ソーヴィニヨン89.8%、メルロ4.5%、プティ・ヴェルド2.9%、カベルネ・フラン2.8%
アルコール度:14.8%vol
希望小売価格(税別)\25,000

ビオディナミ農法を実践している畑「シカモア」からのブドウを使用。
熟したブラックベリー、カシスに、チョコレート、タバコ、シダーなどの複雑な香りと味わい。
長い余韻が心地よく、アルコール度の高さを感じさせない。

🍷フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン ボッシュ・ヴィンヤード 2014 Cabernet Sauvignon Bosche Vineyard 2014
ラザフォード AVA
カベルネ・ソーヴィニヨン94%、メルロ6%
アルコール度:14.7%vol
希望小売価格(税別)\25,000

1970年から独占供給を受けている、小石土壌の約9ヘクタールの畑「ボッシュ」からのブドウを使用。
「ボッシュ」はナパ・ヴァレーでは数少ないドライ・ファーム(灌漑をしない畑)。
ブラックベリーやカシス、シダー、黒コショウ、複雑な香りと味わいが層を成すスーパープレミアムワイン。

専用の貯蔵庫で熟成させられたドライエイジング・ビーフは、余分な脂を削ぎ落とされ、肉の本質的な旨さを感じさせます。
ナパ・ヴァレーのスーパープレミアム・レッドとは至高のマリアージュ。

Photo_4
ランチに供されたワイン。

Photo_5

南アフリカのケープ・タウンで生まれたドッズ氏は、最初、酒類業界に入ったものの軍隊経験を経てカメラマンとしてナパ・ヴァレーに訪れました。
やがてナパ・ヴァレーのワイン造りに触れているうちに、ワイン造りに惹かれて酒類業界に戻ってきました。
2006年、”フリーマーク・アビー”に入社。
2015年、エステート・マネージャーに就任。”フリーマーク・アビー”のスポークスマンとして全米の都市のみならず、世界各地をまさしく飛び回っています。

「フリーマーク・アビーはブランドではありません。
フリーマーク・アビーはワイナリーなのです!」というドッズ氏の言葉に、”フリーマーク・アビー”のワイナリーとワインへの大きな愛をひしひしと感じました。

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店
Wolfgang's Steakhouse Roppongi
東京都 港区 六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM's 1F
営業時間:11:30~23:30(22:30 L.O.)
定休:無休

| | コメント (0)

グランシェフ20名が集合した宮崎牛イヴェント「Marunouchi Miyazakigyu Collection」

Photo_2

3月21日、フレンチの名店「モナリザ丸の内店」で、九州シェフズクラブ/宮崎シェフズクラブのシェフ20名が腕を振るった「宮崎牛」料理のお披露目イヴェント「Marunouchi Miyazakigyu Collection」(宮崎県主催)が開催されました。

「宮崎牛」は5年に5回開催される全国和牛能力共進会において、唯一、三大会連続で内閣総理大臣賞を獲得した和牛のトップブランドです。
先日開催された第90回アカデミー賞授賞式のアフターパーティーで高い関心を集めた「宮崎牛」を和洋中のシェフたちはどう料理したのでしょうか?

Photo
河野透シェフ / MONNA LISA レストラン・モナリザ (東京・千代田区丸の内等)
宮崎牛ロース肉のグリエ野菜のダミエ プロバンス風

東京フレンチの名店、「MONNA LISA」の川野シェフは南フランス料理に仕立てました。

Photo_3
小暮謙一シェフ / MONNA LISA レストラン・モナリザ (東京・千代田区丸の内等)
宮崎県産牛テールと菜の花のゼリー寄せ マスタード風味

貴重な宮崎牛のテールに季節の野菜・菜の花を加えたゼリー寄せはアペリチフに食べたい一品。Photo_2
森山順一シェフ / APICIUS アピシウス(東京・千代田区有楽町)
宮崎県産牛タンと茸のパイ包み焼き

東京フレンチを代表するもうひとつのレストラン「APICIUS」は正統派フレンチ。
クラシックなパイ包み焼きで、宮崎県産牛タンの旨みを閉じ込めています。

Photo_4
豊嶋誠司シェフ / 神楽坂 グラタン食堂 Bon Goût(東京・新宿区神楽坂等)
宮崎県産牛頬肉のカルパッチョ サラダ仕立て

赤身肉でつくるカルパッチョを頬肉で。
上質でやわらかな「宮崎牛」でこそできる逸品。

Photo_5
豊嶋誠司シェフ /  神楽坂 グラタン食堂 Bon Goût(東京・新宿区神楽坂等)
宮崎牛のアッシュ・パルマンティエ

ジャガイモと細かく切った牛肉の旨みがぎゅっとつまったグラタン料理。
「神楽坂 グラタン食堂」の自慢料理。

Photo_6
柏田幸二郎シェフ / 東京赤坂 かさね(東京・港区赤坂)
宮崎牛のしゃぶしゃぶ

「宮崎牛」を贅沢にしゃぶしゃぶで。

Photo_7
岡原正臣シェフ / Chinese Restaurant Chafoon ~チャフーン~(埼玉・大宮)
青椒肉絲

中華の定番料理「青椒肉絲」に「宮崎牛」を使った極上料理。

Photo_8
■他にもたくさんの「宮崎牛」メニュー
参加者にはビュッフェ・スタイルで供されました。

大田勇樹シェフ / ISOLA SMERALDA イゾラ スメラルダ(東京・千代田区丸の内)
・宮崎牛モモ肉の自家製生ハムピザ
・宮崎牛のラグーボロネーゼ
・宮崎県産牛のハチノスにフォアグラと地鶏レバーのファルシ
・宮崎県産牛ホホ肉のスパイスを効かせたトマトソース煮 

岡原正臣シェフ / Chinese Restaurant Chafoon ~チャフーン~(埼玉・大宮)
・香漢方油牛肉担々麺

古賀崇シェフ / l'intemporel ランタンポレル(東京・港区南青山)
・宮崎牛の軽い燻製

西浦泰之シェフ / bistro arbre ビストロ アルブル(東京・目黒区都立大学)
・宮崎牛モモ肉のビール煮込み (カルボナード)

大石義一シェフ / 北島亭(東京・新宿区四谷)
・宮崎牛ランプ肉のタルタルコロッケ

宮本雅彦シェフ / トレフ ミヤモト Treffe Miyamoto(東京・港区六本木)
・宮崎県産牛頬肉の赤ワイン煮

皆良田光輝シェフ / KAIRADA カイラダ(東京・中央区銀座)
・宮崎牛スネ肉のポトフ

大土橋真也シェフ / CRAFTALE クラフタル(東京・目黒区青葉台)
・宮崎県産牛のコンソメ
・筍のグリエ

永田宏シェフ / Arbace アルバス(東京・中央区銀座)
・宮崎県産牛タンのポルト酒の煮込み
・宮崎県産ヒノヒカリ米のハーブピラフ

古賀純二シェフ / Chez Inno シェ・イノ(東京・中央区京橋)
・宮崎県産牛のコンソメ

青木健晃シェフ / ル ボーズ Le Bonze Blasserie Bar A Vin(東京・中央区銀座)
・宮崎牛のコンビーフを詰めたプチシュー

石本省吾シェフ / ル・クール La Cuisine Francaise Le Coeur(千葉・千葉市中央区)
・宮崎牛のパテ・アンクルート

山形達也シェフ / MONNA LISA レストラン・モナリザ (東京・千代田区丸の内等)
・宮崎県産牛タンコンフィのパヒヨット ミョウガとリンゴのアクセント

成清毅シェフ / レストラン ライラ Lyla restaurant(東京・港区赤坂)
・宮崎牛とわさびのクロッカン

宮崎健二郎シェフ / Oiseau Bleu オワゾブルー(東京・新宿区・四谷)
・宮崎県産牛レバーと蕪のムース

Photo_9
シェフたち。

| | コメント (0)

FOODEX JAPAN 2018──ワイン篇

「FOODEX JAPAN 2018」には世界中からのワインに出会うことができます。

Foodex2

第5回 "SAKURA" JAPAN WOMEN'S WINE AWARDS 2018の受賞ワインが展示されているコーナー。

Foodex1
受賞ワインが試飲できる「テイスティング・ラウンジ」。

Foodex_2
Baleia Wnes 
南アフリカ、リバーズデール

ステレンボッシュの東150km、海岸から20kmほど内陸に入ったリバーズデールの郊外に、1900年代からBaleia Wnes  のルーツとなる穀物と牧羊の農場が営まれていました。
2005年に学校卒業後に故郷に戻ってきた三代目にあたるジャン・ヘンンドリック・ジュニア氏は、この地がオリーヴやワイン用ブドウの栽培に適していることに気づき、2008年にオリーヴを、2009年にピノ・ノワール、シラーズ、テンプラリーニョを、2010年にシャルドネとソーヴィニヨン・ブランを植えました。

今回、出展しているのはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール。
Baleia Wnes の畑のあるところには石灰岩が多いため、ワインはいずれもミネラル感あふれています。
ミネラル感あふれるソーヴィニヨン・ブランは南アフリカの他地域では見られないめずらしいもの。
リバーズデールはポルトガルからの移民が多く、その遺物が多くあるそう。
Baleia Wnesのラベルには、古いポルトガルのタイル画のイラストがあしらわれています。

*写真はジャン・ヘンンドリック・ジュニア氏

Foodex2_2_2
Armenia Wine

6200年のワイン造りの歴史を誇るアルメニア。
「Armenia Wine」は2006年、2つの畑にブドウを植樹、2008年に最新設備を備えたワイナリーの稼働を開始しました。
コンサルタントはフランス人のJean-Baptiste Soula氏。

Foodex2_1

スティル、スパークリング、デザート、フォーティファイドと様々なスタイルのワインをアルメニアの土着の品種で造っています。

Foodex1_2
Yerevanはスパークリングワインのブランド

Yerevan Sparkling Wine  Demi-Sec NV
Kangoun 65%、Rkatsiteli 35%
畑は海抜900~1,000mのところ。
シャルマン方式。
主力の白ブドウKangounを使ったスパークリングは、果実の香りが特徴的なワイン。
今までにないスパークリングですが、食中酒として最適。

Foodex1_4
Colle di Pietrarinosa
イタリア、シチリア

シチリアだとネッロ・ダヴォラ、と思いがちですが、白ワインのインゾリアやグリッロも捨てがたいです。
安くておいしいインゾリアは、気軽に食事時に楽しむワイン。

Foodex2_2

Pizzorno Family Estates  ピソルノ・ファミリー・エステート
ウルグアイ

ウルグアイ南部カネロン・チコで1910年創業して以来、家族経営でワインを造りつづけているワイナリー。
ウルグアイには現在、約190ワイナリーありますが、その中でも優良ワイナリーとして知られています。
自社畑は20ヘクタール。

すでに何種類か日本に輸入されているウルグアイのピソルノ・ファミリー・エステートのワインですが、この春から種類を増やすということで、お披露目のワインが多く出展されています。

<ラ・フィエスタ・スール>はエントリー・レベルのワイン
タナ 2016  (税別上代価格\1,200)
タナ100%
タナはウルグアイを代表する黒ブドウ。
もともとフランス・シュドウエストのカオールを代表するブドウでしたが、現在では「黒ワインと呼ばれるような少し古いスタイルのワイン」というイメージをもたれてしまっています。
しかし、南米ウルグアイでブドウのポテンシャルを活かしたスタイルで、花開きました。
フランスから南米にわたり真価が認められたマルベックと同じ感じでしょうか。
エントリー・レベルのこのタナは飲みやすく、普段使いに最適。

カベルネ・ソーヴィニヨン 2016  (税別上代価格\1,200)
カベルネ・ソーヴィニヨン100%
赤いベリーやコショウ、バランスよい酸のお買い得カベルネ・ソーヴィニヨン。

ソーヴィニヨン・ブラン 2016  (税別上代価格\1,200)
ソーヴィニヨン・ブラン100%
パッションフルーツなどのトロピカルフルーツのニュアンスに花の香り。
温暖な海洋性気候地域のソーヴィニヨン・ブラン。

メルロ・ロゼ 2016  (税別上代価格\1,200)
メルロ100%
イチゴの香りと酸のバランスがよい、ドライ・ロゼ。

ドン・プロスペロ タナ・メルロ 2016  (税別上代価格\1,900)
タナ60%、メルロ40%
ステンレスタンク熟成。
フレッシュな赤いベリー系の香りと、コショウのニュアンス。

ドン・プロスペロ ソーヴィニヨン・ブラン 2017  (税別上代価格\1,900)
ソーヴィニヨン・ブラン100%
熟成度合いの異なる3つの畑からのブドウを使用。
果実味と酸のバランスが良。

ヴエルタルムンド タナ・カベルネ 2016  (税別上代価格\2,500)
タナ50%、カベルネ・フラン50%
カベルネ・フランを加えることによって、ヴェルヴェッティなストラクチャーとなり、よりタナの個性が光っているワイン。
出色の出来のワイン。

ヴエルタルムンド タナ 2016  (税別上代価格\2,500)
タナ100%
ウルグアイの海洋性気候がタナには最適。
濃い赤色、プラムや黒いベリー、高い酸、スモーキーな余韻が特徴。

ピソルノ・レゼルヴァ ピノ・ノワール 2016  (税別上代価格\2,800)
ピノ・ノワール100%
鮮やかなルビー色、赤系果実のフレッシュなアロマ、オークのニュアンスが心地良いお買い得なピノ・ノワール。

ピソルノ・レゼルヴァ タナ 2015  (税別上代価格\3,200)
タナ100%。
限定区画から選び抜かれたブドウを使用。
樽熟成1年のフラグシップワイン。
黒系果実の複雑な香り・味わい。長い余韻。

いずれも海洋性気候を活かした、熟成した健全なブドウを使用。
タナがお薦めですが、全体的にお買い得感のあるワインが多いのも特徴。

輸入元:株式会社東和インターナショナル

Foodex2_3

Pavel Lacina パヴェル・ラツィナ
チェコ、モラヴィア

チェコのワイン用ブドウ栽培の96%を占める地域がモラヴィア。
チェコ東部一帯の、ドナウ河の支流のモラヴィア流域地域は、農業生産が盛んで、アプリコットも名産品のひとつです。

Pavel Lacinaはスティル・ワイン、フリザンテの他に、アプリコット・ワインを造っています。
これはスピリッツにアプリコットを漬けこんだ梅酒タイプでなくて、アプリコットのジュースからアルコール発酵させた、ワイン造りと同じ方法で造られたものです。

甘口とオリジナルの2種。
いずれも自然なアプリコットの甘みとオレンジなどの果実の香りを、高いきれいな酸がまとめています。

Foodex1_3

左が「ワイナリー・ラツィナ」のオーナーのパヴェル・ラツィナ氏、右が輸入元:ピー アンド エム チェコCEO パヴェル・ザーホルスキー氏。

パヴェル氏の父親はチェコで有名なビール生産者。
どうして今までにないアプリコット・ワインを造ろうと思ったのか、と尋ねたところ
「以前、ハワイに行った時にパイナップル・ワインを飲んで、こんなものがあるのなら、チェコ名産のアプリコットで造れないか?」
と思い、研究を重ねてアプリコット・ワインを誕生させたそうです。

Foodex2

Miolo ミオーロ
ブラジル

1897年にイタリアからブラジルに移住したミオーロファミリーによって設立されたワイナリー。
ミッシェル・ローラン氏とコンサルタント契約していて、モダン・スタイルのワインを造っています。

Foodex1

カーサ ヴァルドゥーガ  Casa Valduga
ブラジル

ブラジル国内はもとより世界各国からも評価の高いカーサ ヴァルドゥーガ。
プレミアム感のあるスパークリングとスティル・ワインを造っています。

輸入元・株式会社 池光エンタープライズ

Photo
Merville メルヴェイユ
フランス

グラマー インターナショナルワインが「祝福のために生れたワイン」をコンセプトにした2本のワイン(シャンパーニュとボルドー)をプロデュース、誕生させました。

シャンパーニュ・メルヴェイユ NV Champagne Merveille
1905年、創業のシャンパーニュ・シャルル・エルナーは2011年よりサステイナブルに転換し、パーカーポイントでも高得点評価を得ています。
泡は細かくクリーミー、さわやかな果実風味にブリオッシュ香がアクセント。

メルヴェイユ Merveille
メルロ45%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、カベルネ・フラン25%
1994年、グラーヴ近郊のコトー・ドゥ・カルダンに創立されたシャトー・サン・ニコラ。
ボルドー最高のエノログの一人、ステファン・トゥトゥンジ氏が醸造責任者に就任。
アシェット・ワインガイド2018年版で2ツ星を獲得するなど注目シャトーが造る、3種のブドウの特徴が活かされたブレンドワイン。

ボトルデザインには花があしらわれ、華やかさを演出しています。

輸入元:株式会社グラマー グラマー インターナショナルワイン

| | コメント (0)

ピノ・ノワールの祭典「ピノパルーザTOKYO|PINOT PALOOZA TOKYO」5月開催!

Photo

数々の受賞歴を持つオーストラリア人ソムリエでありワインの教育者、ワインコメンテーターやパーソナリティ としての顔も持つダン・シムズ氏(Dan Sims)がディレクターとして、2012年にオーストラリア・メルボルンで開催した「ピノパルーザ」。
伝統的な「ワインの教育的試飲会」ではなく「音楽祭」のようなスタイルでピノ・ ノワールを追求した結果、ピノパルーザは”ピノ・ノワールと音楽の祭典”となり、若い世代層のワインの飲み手の心をつかみ、今や南半球一の規模を誇るワインイヴェントとなりました。

2017年にはアジアで初めて、シンガポールで「ピノパルーザ」を開催。
2018年5月27日、いよいよ日本・東京へ初上陸。
2018年は、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港、そして日本にわたる各国11都市をツアーで巡り、ピノパルーザ・ワールドツアーを開催します。

ピノパルーザTOKYO|PINOT PALOOZA TOKYO

日時: 2018年5月27日(日) 12:00PM ~ 5:00PM
会場: TABLOID 〒105-0022 東京都港区海岸2-6-24
入場券: 先着100名限定前売り券 4,500円 / 通常入場券 5,000円 (税込み)
*入場料+全無料サンプルワイン試飲代+ピノ・ノワールワイン用グラスPLUMM RED b(プラム・レッド b / 3,500円相当)を含

入場券販売先: http://www.pinotpalooza.jp/ 「チケットーTICKET 2018」ページよりオンライン販売中。

■ワイン
赤・ロゼ・スパークリングのピノ・ノワールが、勢ぞろい。
今最もホットな40以上のオーストラリア、ニュージーランド、イタリア、アメリカ、フランスのワイナリーから、それぞれ自慢のピノ・ノワールが大集結。
合計100以上のワインが無料試飲。

参加ワイナリー
【オーストラリア】Bass River、Curly Flat、Domaine Chandon、Finniss River、Giant Steps、Holyman、Josef Chromy、Moondarra、Ochota Barrels、Picardy、Shaw & Smith、Stefano Lubiana、Stoney Rise、Timo Mayer、Tolpuddle、Vinteloper、Yering Station
【ニュージーランド】Alexander、Burn Cottage、DON、Hermit Ram、Kumeu River、Mt Difficulty、Schubert
【イタリア】Cantina Lavis、Cantina Terlano、Maso Grener
【アメリカ】M&J Becker、Quartz Reef

公式Websiteにて随時参加ワイナリー名をアップデート。

■料理
ピノ・ノワールと好相性の各レストランによる特別メニューを、500円~1500円(全て税込)で別途購入してワインに合わせて楽しめます。

参加レストラン:
「AnDi」 大越 基裕氏のベトナム料理とワインペアリングが評判のレストラン
「Longrain」 オーストラリア発タイ料理レストラン
「OUT」 オーストラリアでコンセプトが生まれ東京で 開業したトリュフパスタ料理1種と赤ワイン1種を提供。レッドツェッペリンのみがBGM。

■人気投票抽選会
一番気に入ったワインを投票すると素晴らしい賞品があたるチャンスを得られる人気投票抽選会も開かれます。

Photo_2
ダン・スムズ氏

RedbPLUMM RED b
入場券には、当日の試飲にも使用できる、ピノ・ノワールを楽しむために特別にデザインされたワイングラス「PLUMM RED b」も含まれています(一人一個)。
ピノ・ノワールワインの個性を存分に楽しめるように大きく丸みのある独創的なデザインをオースト ラリアで開発されたワイングラスです。
イベントの後はもちろんお持ち帰り可。

公式サイト: http://www.pinotpalooza.jp/

| | コメント (0)

FOODEX JAPAN 2018──イタリア篇 

Photo_6
3月6日~9日、幕張メッセで開催された「FOODEX JAPAN 2018」。
初日には「フーデックス イタリア館 2018 記者会見」が行われました。

Photo_5
ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使より、
「農産物に力を入れているイタリア政府は今回海外パビリオンとしては最大規模(2,200㎡以上、参加170社超)で参加。
日EU経済連携協定(EPA)による関税撤廃により、日伊の貿易促進が見込める。
イタリアの高品質・伝統的な農産物を日本に輸出していきたい」
さらに
「今年から”イタリアワイン3000年”ではなく”イタリアワイン6000年”としてイタリアワインのプロモーションにも力を入れていきたい」
とフーデックス イタリア館 2018オープンに向けたスピーチがありました。

Photo_4
なかなか回りきれない出展社数の多さ。

2

Consorzio Tutela Formaggio Pecorino Romano

1979年、サルジーニアとラツィオの生産者が集まってつくった協同組合。
イタリア原産の羊(pecora)の乳で造られたチーズが「ペコリーノ」。
2002年4月、Pecorino Romano PDOが認められました。

1

巨大なペコリーノ・ロマーニャ。
通常のものよりも味が濃くて、柔らかな味わい。

Pelino3
La Fabbrica di Confetti Pelino

FOODEXなのにケースに飾られた花束のオブジェ?
──これも食べ物です。

Pelino4
アブルッツォ州スルモーナで1783年の創業以来、「コンフェティconffeti」(イタリア産アーモンドに砂糖掛けをしたお菓子)をつくり続けています。
伝統的なお菓子ですが、花の形に組み立てるようにしたのは、この会社のオリジナル。
見かけさけでなく味も抜群。
パリやロンドンのコンテストでもゴールドメダルを受賞しています。
EUのオーガニック農産物の認証も受けています。

Pelino2
どう見てもビーズに見えてしまうパーツのコンフェティを使って、花の形に仕上げます。
職人がひとつひとつ手作業で造っています。

Pelino1
こちらオーナーの方。

| | コメント (0)

ドキュメンタリー・フィルム”Wine Masters” 配信開始。

ワインは複雑で難しい、となぜ感じるのか?
それはワインの特徴を把握できていないから。
ワインを特徴づけているもの──それは、生産地域、ブドウ品種、生産者。
世界の著名生産地域をめぐり、ブドウ品種、生産者を紹介し、ワインの魅力の本質に迫るドキュメンタリー・フィルム”Wine Masters” が3月18日から、iTunes、Amazon、そして新しいワインフィルム・チャンネルwww.winemasters.tvで視聴可能となります。
1シーズンに5つの生産地域が取り上げられ、1エピソードは45分。7シーズンを予定。
美しい映像とともにワインを知ると、ワンランク上のワイン好きになれそうです。

シーズン1 フランス
2016年9月から撮影開始。
四季を撮影するため撮影クルーは4度渡仏しました.。
ナビゲーターは、2人のマスター・オブ・ワイン、ジェニー・チョー・リーとティム・アトキン。

ボルドー メルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン 生産者:アンジェラス
ローヌ シラー、ヴィオニエ 生産者:E.ギガル
ロワール ソーヴィニヨン・ブラン 生産者:アンリ・ブルジョワ
ブルゴーニュ シャルドネ、ピノ・ノワール 生産者:ジョセフ・ドルーアン
アルザス リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリ 生産者:トリンバック

シーズン2 イタリア
ナビゲーターは、2人のマスター・オブ・ワイン、サラ・ヘラーとリチャード・ヘミング。

トスカーナ 生産者:アンティノーリ
ピエモンテ 生産者:ガイヤ
ヴェネト 生産者:マージ
カンパーニャ 生産者:マストロベラルディーノ.
シシリー 生産者:タスカ・ダルメリータ

公式トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=w1bMHUH0VHM&feature=youtu.be

”Wine Masters”はiTunes、Amazon 新しいワインフィルム・チャンネルwww.winemasters.tvで視聴可能です。

***

New documentary series "Wine Masters" starts.

On March 18th new cinematic documentary series Wine Masters will be released worldwide.
7 seasons, 1 episode 45 minutes.

Season 1  France
In Bordeaux the story of Merlot, Cabernet Franc, and Cabernet Sauvignon is told by the family De Bouard de Laforest of Angélus
In Rhone the story of the Syrah and Viognier is told by the Guigal family of E. Guigal
In Loire the story of the Sauvignon Blanc is told by the Bourgeois family of Henri Bourgeois
In Burgundy the story of the Chardonnay and Pinot Noir is told by the family Drouhin of Joseph Drouhin
In Alsace the story of the Riesling, Gewurztraminer and Pinot Gris is told by the Trimbach family at Trimbach,

In each episode Masters of Wine Jeannie Cho Lee and Tim Atkin share their vision on these regions, grape varieties, the producers and their wines.

Season  2 Italy
Antinori in Tuscany, Gaja in Piedmont, Masi in Veneto, Mastroberardino in Campania and Tasca d’Almerita in Sicily. The Masters of Wine for the Italian series are Sarah Heller and Richard Hemming.

Two Masters of Wine, Sarah Heller and Richard Hemming, intoroduce 5 Italian regions.

Among otyhers available on iTunes, Amazon and the new wine film channel www.winemasters.tv

Official trailer:
https://www.youtube.com/watch?v=w1bMHUH0VHM&feature=youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

オロバイレン オリーブオイル × 鳴神正量シェフ

2

3月7日、ABC丸の内グラウンド(千代田区丸の内 国際ビルヂングB2F)において、オロバイレン オリーブオイル・セミナーと、レストラン「鳴神」のオーナーシェフ鳴神正量氏による調理プレゼンテーションが行われました。

Photo_2
オロバイレンのオーナーのJosé Gálvez-González氏も来場。

スペインには60万本のオリーブの樹が植えられ、700もの品種があります。
品種によりオリーブオイルの味わいは異なってきます。

アンダルシア州ハエン県の北部に位置する山岳地帯バイレンでオロバイレンは作られています。
1999年、Gálvez-González家は2つのオリーブ畑──ミルを据えて付けた作業場のあるハイウェイA4号線に沿った“La Casa del Agua” と、海抜400mほどの山にある“Los Juncales”,を取得しました。
そしてハエン大学と共同研究し、最新技術の農耕法を開発。
実が熟しきっていない早摘みのオリーブのみを収穫し、素早くミルへ搬送。搾油まで2時間という速さで行っています。
オイルの搾油はコールドプレス法で行い、搾油されたオリーブオイルは22℃以下に保たれた工場内で保管されます。 若いオリーブは香りもコクも強いですが、一本のオイルを作るのに成熟したものにくらべ、何十倍ものオリーブを使用します。

その品質の高さは、スペイン世界各国で数多くの賞を受賞したことのみならず、スペイン王室御用達オイルとして使用されていることでも明らかです。

Photo
■風味が異なるので、使い分けたい2つのオイル

オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル
ピクアル100%
バナナ、アーモンド、青トマトの風味がある濃厚なオイル。
肉料理との相性が良。
100ml/1,000円 250ml/2,000円  250ml(ギフトボックス付)/3,000円  500ml/3,800円  500ml(ギフトボックス付)/5,000円

オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル アルベキーナ
アルベキーナ100%
青リンゴと熟れたバナナの味とさわやかな風味で、ピクアルよりもフルーティ。
シーフードと合わせたいオイル。
100ml/1,000円 250ml/2,000円  250ml(ギフトボックス付)/3,000円  500ml/3,800円  500ml(ギフトボックス付)/5,000円

Photo_3

輸入・販売:株式会社Traders Market

*

鳴神シェフのプレゼンテーション

Photo_4
鳴神正量シェフ
フランスのミシュラン三ツ星レストラン「メゾン・ド・トロワグロ」や二ツ星レストラン「」レオン・ド・リヨン」で辣腕をふるい、2003年帰国後、銀座に「NARUKAMI」をオープン。
2007年の初めての日本版「ミシュランガイド東京」で一ツ星を取得。
その後、西麻布を経て、2014年、南青山に「鳴神」としてオープン。
和とフレンチの遊びから生まれるフレンチジャポネーゼが信条。

「今までオリーブオイルを使ってきたけれども、オロバイレンは他とはことなるもの!」
という鳴神シェフが手掛けた料理は
マッシュルームのブルーテ」 オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル使用
タコの赤ワイン風味 コラトゥーラとオロバイレンピクアルで」 オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル使用
豚ロースのソテー モザイクソース仕上げ」 オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル アルベキーナ使用
酒粕のアイスクリーム オロバイレン オリーブジャムアルベキーナ」 オロバイレン エキストラバージン オリーブオイル アルベキーナ使用

Photo_6
「マッシュルームのブルーテ」や「豚ロースのソテー モザイクソース仕上げ」などはかなりたっぷりオイルを使っているのですが、食べるとさわやかなオリーブの風味にあふれていてあっさりと食べることができます。
これも最高品質のオイルだからこそ。

詳しいレシピを株式会社Traders Marketのブログで見ることができます。

Photo_5

  株式会社Traders Market 代表取締役社長 田中聖信氏と、José Gálvez-González氏、鳴神正量シェフ。

| | コメント (0)

「オーストラリア now」開幕記念、オーストラリア室内管弦楽団チケットプレゼント

2018年4月~11月開催される、オーストラリアの今の姿を紹介するプログラム「オーストラリア now」。
オーストラリア大使館ではこのスタートを記念して、5月30日に開演されるオーストラリア室内管弦楽団(AOC)の特別講演のチケットを、クイズ正解者の中から3組6名にプレゼントします。
応募対象は日本国内在住で、20歳以上。
締め切りは2018年4月15日。

■クイズ
オーストラリア政府が主催する「オーストラリア now」の3つのテーマは何でしょうか?
日本語または英語でお答えください。

応募・詳細は
https://australianow2018.com/news/20180313-08

またはTwitterアカウントからハッシュタグ「#オーストラリア now」で回答投稿。

| | コメント (0)

オーストラリア政府主催「オーストラリア now (2018年4月~11月)」開催発表!

Now_2

今のオーストラリアを紹介する政府主催のプログラム「オーストラリア now」の記者発表が3月13日、在日オーストラリア大使館で行われました。

2016年ブラジル、2017年ドイツと、毎年、ひとつの国を選んで開催される「オーストラリアnow」が今年はついに日本で!
2018年4月から11月にかけて「イノベーション」「ライフスタイル」「文化・芸術」の3つのテーマで、約40のイヴェントが行われます。

イノベーション
日豪の研究・イノベーション分野における連携の取り組みや事例を紹介する「日豪イノベーション&リサーチシンポジウム
豪国立科学技術センター(クエスタコン)による子供たちに科学の面白さや学ぶ楽しさを伝える巡回展示プログラム「サイエンス・サーカス
など
ライフスタイル
オーストラリア産のビーフまたはラムを使った料理とそれにマッチするワインを、選りすぐりのレストランで提供するキャンペーン「オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション
タッチ・フットボール普及のための専門的知識や資源を提供するタッチ・フットボール・オーストラリア(TFA)による技術向上のためのトレーニング・セッション「日豪タッチフットボール交流
など
文化・芸術
オーストラリア・クラシック界を代表するオーストラリア室内管弦楽団のコンサート「ACO特別公演 Australia now 2018
アボリジニ&トレス海峡諸島民により独自のダンスシーンを展開しているダンスカンパニー「バンガラ・ダンス・シアター」の公演「I.B.I.S. / Spirit 2018
など

その他のプログラム・詳細は専用ホームページで見ることができます。https://australianow2018.com/program

「オーストラリア now」親善大使
「オーストラリアnow」の親善大使として、日本とオーストラリアの両国に深いゆかりのある俳優の柴俊夫さん、女優の真野響子さん、俳優の別所哲也さん、ラジオDJ クリス・グレンさん、エッセイストの小島慶子さん、アーティストのサラ・オレインさんの6人が任命されました。

Now_3
左から、プラチナパートナー/リオ・ティント・ジャパン代表取締役社長 山地昇氏、ジョー 駐日大使夫人、オージーくん(オージー・ビーフのステーキマイスター)、「オーストラリアnow」親善大使サラ・オレインさん、リチャード・コート駐日大使、プラチナパートナー/ウッドサイド・ジャパン カントリー・マネージャー ジョージ・キルボイ氏。

記者発表後のネットワーキングでは

Now_4
オーストラリアのドリンク

Now_5
オーストラリアの食材を使ったフードがふるまわれました。

Now_6
FOODEX JAPAN 2018でも人気のオーストラリアチーズには注目!

| | コメント (0)

オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション2018

4月1日 ~ 5月31日、オーストラリア産のビーフまたはラムを使った料理とそれにマッチするワインを、関東・関西・中部の約300軒のレストランで提供する「オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション2018 オーストラリア ビーフ・ラム・ワインフェア」が開催されます。

対象メニューを注文した利用客には、参加店舗で利用できる食事券が最大1万1000名に当たるほか、キャンペーンに協賛するカンタス航空の航空券(2名分)が当たるチャンスもあります。

Photo
オージー・ビーフのステーキマイスター、オージーくん。

| | コメント (0)

花見の季節だ! 「赤坂バル横丁」が期間限定で「お花見横丁」に。

Photo
赤坂見附駅から徒歩3分、永田町駅からも徒歩3分にある、個性あふれる8軒が終結した「赤坂バル横丁」が、3月9日(金)~4月8日(日)まで“お花見横丁”に変身!

平日の夜はライトアップした夜桜を見ながらハシゴ酒!
土日のお昼は桜を眺めて昼呑み!
生まの桜の為、気候によって早く散ってしまうことがあるらしいのですが、花粉症の人にとっては、スギ花粉などを気にせず花見をできるのがとっても嬉しい!

期間限定ドリンク
期間中は全8店舗で期間限定の“桜”ドリンクが全店舗500円!

【赤坂バル横丁「お花見横丁」“桜”ドリンクメニュー】
「焼鳥 “白金気鶏”」  桜マッコリ
「ラムチョップ+チョップドタパス“CHOPSHOP”」  桜スプリッツァ
「東北の酒と海産物“Tregion”」  桜SAKE
「鉄板焼野菜 “焼野菜”」  桜フィズ
「ニュースタイル餃子 “GYOZA!365”」  桜ロワイヤル
「日本ワインとご当地グルメ“るるぶキッチン”」  桜カクテル~淡い恋のはじまり~
「スパイシーチキンとレモンタワーサワー“Good Spice Curry”  桜のラッシー
「自家燻製+ウィスキー“pier69”」  桜メーカーズハイボール

寒さも、花粉も、気にせず花見満喫です。

***

赤坂バル横丁
東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル1F
平日 11:30-14:00 17:00-23:30(※金曜深夜2時まで)
土曜 11:30-23:30  日祝 11:30-22:30
※連休の場合は最終日は日曜同様、その他は土曜と同じ

***

3月16日~京都 烏丸バル横丁でも「お花見横丁」開催!
関西の方はこちらへ。

烏丸バル横丁
京都市中京区三条通烏丸東入梅忠町20-1 烏丸アネックス1F
平日 17:00-24:00
土日 12:00-24:00
定休日毎週月曜

 

         

 

         

| | コメント (0)

FOODEX JAPAN 2018──世界最大規模のワイン・アルコール飲料展示会「ProWein」が初登場

Foodexprovine2
ProWein プロヴァイン

ProWeinは、毎年3月、ドイツのデュッセルドルフで開催されている世界最大規模のワイン・アルコール飲料展示会。
今年は3月18日から20日まで3日間かれます。
2017年の出展社数は6,700社(60カ国)、来場者数は58,502社(131カ国)。
出展社はVinexpoよりも若い生産者が多く、世界のトレンドを実感することができます。
日本にやってくる意欲的な生産者からはよく「ProWeinに出展している」という言葉を聞きます。

Foodexprovine1
株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンの代表取締役社長のDr. Andreas Moerke (Dr. A. メルケ)は、
「日本産ワインも含めた日本の酒類をProWeinに出展して、海外輸出の足掛かりにして欲しい」
とアピール。

デュッセルドルフでのProWeinに国税庁、ジェトロおよび株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンは、国内酒類関連事業者と協同してに日本産酒類の展示ブース「ジャパン・パビリオン」を出展します。

Foodexprowine
ProWein Asia

ProWeinはデュッセルドルフばかりでなく、アジアでも開催されています。
上海 2018年11月13日~15日
香港 2019年5月7日~10日

出展規模はデュッセルドルフの2割ほどだそうですが、デュッセルドルフの3日間で6,700社を巡るよりは現実的な商品チェックができそうです。

***

ProWein シャンパンラウンジ

ProWeinでは40の歴史あるメゾン出展による「シャンパンラウンジ」が設けられ、150以上のワインの試飲が可能です。
FOODEX JAPAN 2018でも「ProWein シャンパンラウンジ」が設けられ、ProWein の雰囲気を味わうことができます。

「ProWein シャンパンラウンジ」から興味深い生産者をひとつご紹介。

Foodexchampagne1_2
Gallimard

コート・デ・バールの中心地、トロワから南東に約40キロのレ・リセで代々ブドウ栽培を行っきたGallimard家が1930年にワイン造りを始めました。
現在10ヘクタールの畑を所有。

シャンパーニュ地方でも南の方なのピノ・ノワールに自信がある感じです。

🍷 Rose Brut
ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%
セニエのロゼなので、果実味が勝ちすぎない食事向けのロゼ。

🍷 Cuvée Amphoressence Brut Nature-Zéro Dosage
ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%
ドサージュ0だが、ピノ・ノワールを使用しているので、ワインに複雑さと味わいが出ています。

🍷 Cuvée Quintessence extra-brut
シャルドネ100%
すっきり飲めるエクストラ・ブリュット。

🍷 Cuvée de réserve
ピノ・ノワール100%
2つのヴィンテージのピノ・ノワールを使って造られたレゼルヴ。

🍷 Cuvée Prestige Millésime 2012
ピノ・ノワール65%、シャルドネ35%
テロワールを表した複雑さを持つヴィンテージ・シャンパン。

🍷 Rosé des Riceys 2012
ピノ・ノワール100%
レ・リセでは昔からスティル・ロゼが造られていますが、ロゼ・デ・リセは2~3年瓶熟成してから蔵出しするのが特徴。このワインは3年熟成。
フランスでもっともすばらしいロゼのひとつと言われています。

Foodexchampagne2
現当主のArnaud Gallimard氏。
 

| | コメント (0)

FOODEX JAPAN 2018──オーガニックが止まらない!

毎年、オーガニック食品の出展が増え続けているFOODEX。
国内企業が出展している「オーガニック&ウェルネスマーケット」は大盛況ですが、海外出展企業でもオーガニックやサステイナブルの会社が増えています。

Asia’s largest food and beverage trade show “FOODEX JAPAN 2018” has been held at Makuhari Messe in Chiba City, 7th-10th,/March/2018.
2,153 companies from 83 countries and regions attends the exhibition., adding 1,313 domestic companies.

Foodex

Viet Pepper Company Ltd.
ベトナム、ホーチミン市

2012年創業のオーガニック栽培のコショウを生産・販売している会社。
コショウ畑は中部高原のザライ省の標高700~800mの場所。

Viet Pepper Company Ltd. has product peppers and sold.
It is founded in Ho Chi Minh City, Vietnam, in 2012.
The farms lies on an average altitude of 700-800m above sea level in Gia Lai province.

Foodex2

左は新鮮なコショウ。瑞々しいグリーンです。
口に入れて噛むと、辛いけれどもさわやかなコショウの味で、山椒をもっと味わい深くした感じ。
青唐辛子とは違う辛さなので、エスニック料理に使えば味の幅が広がりそうです。
まん中は乾燥させた良く見る黒コショウ。
右は白コショウ。

Fresh green pepper, black pepper, white pepper.
Green pepper is bigger than Japanese pepper, but it had a similar palate.
Foodex_2

日照浏园生态 农业有限公司
中国、山東省

1966年、山東省政府が茶産業の育成を決定し、茶畑と製茶工場がいくつもできました
2004年、岚山区の碑廓镇丁家庄村で村祭りの火が山に燃え移り、広大な土地が消失しました。
災い転じて福となす。燃え残った山の南部分と西側の土地を中心に有機茶の栽培を始めました。
浏园春は有機茶の栽培と生産に力を注ぎ、浏园春有機茶一大茶園で茶栽培を続けています。
手づくりの“酔春風”シリーズは有機緑茶で、評価も高く、中国国内のコンクールで多くの受賞があるばかりでなく、公益財団法人 世界緑茶協会主催「世界緑茶コンテスト 2016」では金賞をしています。

紅茶も作っていますが、緑茶が主力。
日本の緑茶よりも茶葉が大きく、何煎入れてもあまり風味が変わらないのが特徴。
いつまでも、さわやかな春の緑を感じます。

USA、EU、日本JASの有機認証を受けています。

Rizhao Liuyuan Eco-Agriculture Co., Ltd.
Rizhao City, Shandong Province, China

Shandong Provincial Government decided to promote cultivation of tea plantation and making tea in 1966.
In 2004 the village in Jufeng Town in north of Youergu caused a mountain fire.
The green mountain was in the flames.
But an ecological forest lies in the south and west survived fire.
Now they has been making organic tea.
Mainly product is the green tea, but also small‐quantity production of the tea.

They hold organic certifications of USDA in US, EU, and JAS in Japan.

Rizhao Liuyuan Eco-Agriculture Co., Ltd. won some prizes, including “2016, The Gold Medal in the World Green Tea Contest”.

Foodex_3
左が社長の牟丽云(Liyun Mu)氏、右は新市区店店長の紀云溪氏。
写真の右には「牟姐的京冬菜」の瓶が見えます。

Left; Ms.Liyun Mu, president of Rizhao Liuyuan Eco-Agriculture Co., Ltd.

Foodex_4

山東省の伝統的な白菜の漬け物「京冬菜」。
「牟姐的京冬菜(ムーねえさんの京冬菜)」は1.5㎏をつくるのに、50㎏の白菜を使用。
秘伝の味付けがされています。

They product “Jindongcai” too.
It is the traditional Chinese cabbage pickles.
1.5kg “Mu’s Jindongcai” needs 50kg cabbages.
It is fermented in the jar for 100 days.

| | コメント (0)

FOODEX JAPAN 2018 開幕!

3月6日、「第43回 国際食品・飲料展 FOODEX JAPAN 2018」が開幕しました。

Foodex_2

幕張メッセで3月6日~9日、83の国・地域から約3,400社が出展、という今までにない規模で開催されます。

Foodex2_2

オープンニングセレモニーには、主催者である一般社団法人 日本能率協会会長・中村正己氏、一般社団法人 日本ホテル協会会長・志村康洋氏、一般社団法人 日本旅館協会副会長・鶴田浩一郎氏、一般社団法人 国際観光日本レストラン協会会長・安田眞一氏、公益社団法人 国際観光施設協会会長・鈴木裕氏、後援の農林水産省輸出促進審議官・新井ゆたか氏、独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)副理事長・赤星康氏、協賛の内閣府認定公益社団法人 全日本司厨士協会会長・宇都宮久俊氏、一般社団法人 大日本水産会会長・白須敏朗氏、公益財団法人 東京都中小企業振興公社理事長・福田良行氏、企画委員長のイオンリテール株式会社取締役 執行役員副社長・久木邦彦氏、さらに30以上の国や地域の大使らが参加。
テープカットが行われました。

Foodex_3

幕張メッセの全ホールを使用して開催されています。

Foodex_4
各国パビリオンはお国柄を表し、それぞれ個性的。
フランス・パビリオンは「LOVE」の国らしくコピーは「MADE FRANCE MADE WITH LOVE」。

Foodexusa

USAパビリオンのイチオシはやはり肉!
肉を調理するためのりっぱなキッチンが作られています。

Foodex_5
イタリア・パビリオンは海外ゾーン最大の規模で、2,200㎡以上、出展社数176社。

Foodexjetro

JETROパビリオンには23カ国から46社が出展。
フェアトレードの商品が多いのも特徴。

| | コメント (0)

第一回日本コレ賞 JAPAN Collet Award」大賞発表!

2月20日、フランス大使公邸(東京・港区麻布)において、株式会社Traders  Market Gold Chef Club事務局主催「第一回日本コレ賞 JAPAN Collet Award」受賞会およびレセプションが開催されました。

Photo

日本コレ賞 JAPAN Collet Award

優雅で繊細な真のシャンパーニュを追求するシャンパーニュ「COLLET(コレ)」。
フランスでシェフ・コンペのスポンサーになるなど料理界をサポートしてきている「COLLET」が、日本でも日本各地の食材提供者とシェフを支援するべく「日本コレ賞 JAPAN Collet Award」を設けました。

日本各地域の優れた食材提供者が、「その味と特長を一番生かしてくれる料理人」と協働開発したオリジナルレシピを連名で食情報のトータルネットワークサイトである「GOLD CHEF CLUB」に「GOLD CHEF CLUBレシピ」としてエントリー。
毎年1月から12月までに新規に登録された「GOLD CHEF CLUBレシピ」から、一次審査によって20作品を選定。
審査委員会においてレシピに従って調理・試作審査を行い最終評価を決定します。

第一回日本コレ賞 JAPAN Collet Award」受賞者
日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD大賞
ANAクラウンプラザホテル福岡 ヴァンソン ガドーシェフ
・日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD優秀賞
ホテルメトロポリタン仙台 旬采グリル セレニティ小畑圭介シェフ
医学会キッチンオ―ソモレキュラ― 総料理長 大捕智之シェフ

Photo_2
写真左から、日本商工会議所青年部平成29年度会長 吉田大助氏、ホテルメトロポリタン仙台 旬采グリル セレニティ小畑圭介シェフ、医学会キッチンオ―ソモレキュラ― 総料理長 大捕智之シェフ、ANAクラウンプラザホテル福岡 ヴァンソン ガドーシェフ、Champagne Collet代表 オリビエ・シャリオ氏、APGF(フランス・レストラン文化振興協会/Association de la Promotion de Gastronomie Française )代表 大沢晴美氏。

***

レセプション

Photo_3
レセプションには在日フランス大使・ローラン・ピック閣下も隣席。

Photo

芸能界やスポーツ界などからワイン好きの豪華なゲストを迎えてレセプションが行わました、

Photo_5
受賞レシピの料理も試食できました。
こちらガトー・シェフの「あんこうのトゥールヌドー柚子みそとシャンパンソース」。

Photo_6
大捕智之シェフの「キングサーモンのガト― 白ゴマとリンゴのアクセント アマニオイル添え」。

他にも豪華なケータリングが。

Photo_8
麻布十番のフレンチレストラン 「Bistro釜津田」から。

Photo_9オーガニック食材を多く使う、広尾のケータリング専門店「Lucadeli」のデザート。
70%カカオのチョコレート・ガナッシュとフレッシュなベリーが絶妙な味わいのプチタルト。

Photo_10
「COLLET」のワインがふんだんにふるまわれました。

| | コメント (0)

新橋の名店焼きとん「やきとん まこちゃん」が水道橋にオープン!

Photo_11
1968年(昭和43年)の創業以来から続く秘伝のタレが魅力の「新橋 やきとん まこちゃん」が、初めて新橋以外に出店。
3月1日、水道橋の南口方面にオープンしました。

Photo_12
ピッカピカの焼き場では、やきとん生産中。

Photo_13
来ました!「やきとん盛り合わせ」(一人前5本)。
ヴォリュームもすごい!!

2
焼きとんのお伴にはやはりホッピー。
まこちゃんのロゴ入りグラスは、やはり新橋と同じもの。
ホッピー・セットは白・黒。

Photo_14
定番「もつ煮込み」も美味。

オープンすぐなのに、新橋のお店と同じようにすでに混み合っていました。




***

新橋 やきとん まこちゃん  水道橋店
東京都千代田区神田三崎町2-15-2 日幸ビル1F
平日 16:30~23:15 (LO 22:40)  / 土・日・祝 16:30~23:15 (LO 22:30)
日曜定休

| | コメント (0)

東京マリオット ホテル「ブリリアント モーメント feat. デュヴァル=ルロワ」3月1日~5月31日

東京・東品川にある東京マリオット ホテルの1Fレストラン「ラウンジ&ダイニングG」では、3月1日~5月31日、「ブリリアント モーメント feat. デュヴァル=ルロワ」が開催されています。

Photo
夕暮れのひと時(17:00~21:00)を贅沢なイヴニング・ハイティーと、エレガントなシャンパン「デュヴァル=ルロワ」のブリュット・レゼルヴ NV とレディ・ロゼ・セックNVをフリースローで優雅に過ごす、というもの。

料理
<ファーストプレート->
山椒風味のフォアグラテリーヌ
オマール海老と空豆のピンチョス
アランチーニ トマトソース
トリュフフレンチフライ

<セカンドプレート>
舌平目のポワレ ベアルネーズソース炙り
竹の子のグリル

<メインプレート>
いずれか1品を選択
・牛タンのグリル 南蛮味噌ペースト 菜の花添え
・アンガス牛ハンギングテンダーのステーキサンド +¥500
・和縁牛ロース +¥1,500

Dl1
🍷デュヴァル=ルロワ ブリュット・レゼルヴ NV
Duval-Leroy Brut Reserve NV
ピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ30%、シャルドネ10%
クリーミーな泡、スタンダードなシャンパン・スタイルが楽しめます。Dl2
🍷デュヴァル=ルロワ レディ・ロゼ・セックNV
Duval-Leroy Lady Rose Sec NV
ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%

ロゼらしく赤いベリー系の香りと少し甘い味わい。
グラン・パティシエ、ピエール・エルメ氏の助言を得て造ったワイン。

シャンパングラスはPLUMM(プラム)を使用。

ブリリアント モーメント feat. デュヴァル=ルロワ
Brilliant Moment feat. Duval‐Leroy
東京マリオット ホテル 1Fレストラン「ラウンジ&ダイニングG
3月1日~5月31日 (17:00~21:00)  *ドリンクフリーフロー90分制
料金(1名) 女性 \6,000 / 男性 \7,500

*****

シャンパングラス

昔、シャンパングラスと言えば、平たいクープ型のもの。
ところがいつの間にかフルート型が日本を席巻。
泡がそこから立ち昇るのは、見てて楽しいものです。
しかしながらシャンパンハウスには、深い香りと味わいのシャンパンには、ボールが大きくもっと香りの集まる口が少し狭くなったものを推奨するところがあります。

Photo_4
オーストラリア・ブランドのPLIUMMは種類が豊富。
こんな形でシャンパンを飲むと、またシャンパンの違った姿が見えてきます。

プラム・グラス ホワイトB
\2,770

いろいろな種類のワイングラスをホームパーティに使いたい、と思っても買っておいておくスペースがない!
そんな時にはレンタルグラスが便利です。

プラム・グラスのサイトはこちら。
http://plumm-glasses.jp/ja_jp/

| | コメント (0)

「ナパヴァレー バイザグラスフェア 2017」 ワイルドカードは”パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バー”に!

2017年9月15日~11月30日、指定のナパヴァレーワインのレストラン・プロモーション「ナパヴァレー バイザグラスフェア 2017」が開催され、2月27日、レストラン「ブリーズ・オブ・トウキョウ」(東京・丸ビル36F)において「ナパヴァレー バイザグラスフェア 2017」のワイルドカード発表と各賞授賞式が行われました。

Nvv
【結果】

■レストラン・バー部門
売上本数最多賞 (2店) / ルースクリスステーキハウス(東京・千代田区霞ヶ関)、 ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店 (東京・港区六本木)
1席あたり本数最多賞 / エド・パーラー (東京・中央区銀座)
.初参加優秀賞 / グランドセントラル オイスターバー&レストラン (東京・港区港南)
.日本料理優秀 / 美味旬菜みずどり。 (大阪・中央区心斎橋)
.鉄板焼き料理優秀賞 / 喜扇亭 東京ミッドタウン店 (東京・港区六本木)
.関東以外地域優秀賞 / ウルフギャング・ステーキハウス 大阪店 (大阪・北区梅田)

■ホテル部門
売上本数最多グループ賞  / グランド ハイアット 東京 ・ オークドア (東京・港区六本木)

■レストラン・バー部門/ホテル部門 共通
.ベストキャンペーン賞 / 赤坂あじる亭カリフォルニア (東京・港区赤坂)


そして、仕入れ本数の一定基準を満たした参加7店の中から決定されるワイルドカード賞の抽選がありました。
【候補】
ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店 (東京・千代田区丸の内)
パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バー (東京・新宿区西新宿)
東京アメリカンクラブ (東京・港区麻布台)
ウルフギャング・ステーキハウス 福岡店 (福岡・博多区住吉)
ワッシーズ・ダイニング・スープル (大坂・天王寺区六万体町)
ルビージャックスステーキハウスアンドバー (東京・港区六本木)
YAKITORI 燃 (東京・港区六本木)

Npvv1
プレゼンタ―のアメリカ大使館農産物貿易事務所(U.S. Agricultural TradeOffice Japan)のディレクターMorgan Perkins氏が、各店のネームカードの入った箱に手を入れます。

Npvv2

慎重に名前を確かめて…

Npvv3
「ワイルドカード賞は、パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バー に決定!」

Npvv
Perkins氏を囲んで、受賞の皆さんとナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所の方々。

受賞店の代表者各1名、合計10名は、今年6月のナパヴァレー研修ツアー「エクスペリエンス・ナパヴァレー」へご招待です。

Npvv1_2
ベストキャンペーン賞 「赤坂あじる亭カリフォルニア」のPOP。
ナパヴァレーの地図が、ワインリストになっています。
どこの場所のワインか分かりやすくて、次から次へ違うワインを飲んでみたくなります。

Npvv_2
会場にはキャンペーン協力インポーターのナパヴァレーワインが並びました。

Npvv_3
味やテクスチャーが多彩な「ブリーズ・オブ・トウキョウ」のアペリチフ。

Npvv_4

お花畑のようなデザート。

Npvv_5

ナパヴァレー・ヴィントナーズ日代表・小枝絵麻氏のレシピによる「ナパ・ワイン・スプレッド」も登場。
カリフォルニア産オリーヴ、ナッツ、レーズンなどをふんだんに使った、パンにつけるも良し、肉やチーズにつけても良し、のナパヴァレーワインとのペアリングをいっそう楽しむためのスプレッド。

***

2017年度受賞店が開催する「ナパヴァレー・ワイン・バイザグラス・アンコール・フェア2018」の開催が予定されています。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »