« 盛況の「イタリア・アモーレ・ミオ! 2018 」 | トップページ | 「岩の原葡萄園」に注目! »

エンタープライズ・ギリシャ主催/駐日ギリシャ大使館共催「ギリシャワイン試飲会」

4月23日、ホテルニューオータニ東京で、エンタープライズ・ギリシャ主催・駐日ギリシャ大使館共催による「ギリシャワイン試飲会」が開催されました。

B

国内インポーター7社、日本未輸入の生産者3社、地方別(マケドニア/エピルス、テッサリ/中央ギリシャ/アッテイカ、ペロポネソス、ギリシャの島々)未輸入ワインが出展しました。

来日ワイナリー

B_2
メシムネオス・オーガニック・ワイナリー
Methymnaeos Organic Winery

レスボス島のワイナリーですが、土壌がとても風変り。
レスヴォスの化石の森を形成している溶岩から生まれた擦りガラスのような半透明な石に、硫黄の黄色い粉がついています。
この硫黄成分のおかげで、オーガニック栽培が容易にできるとのこと。
またミネラル感あふれたワインになっています。
ワインは3種のみで、すべて黒ブドウのレスボス島ではめずらしいキディリオティコ。
最初に地元の他の生産者と同じように赤ワインを造り、それから「ブラン・ド・ブラン」みたいに白ワインを造ってみたいと思い白ワインを造り、最近、オレンジ・ワインを造り始めたそうです。

🍷メシムネオス ドライ・ホワイト・ワイン 2016
Methymnaeos Dry White Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
ミネラル感あふれるまさしく「海のワイン」。

🍷メシムネオス オレンジドライ・ワイン 2016
Methymnaeos Orange Dry Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
オレンジ色をしたオレンジのニュアンスのあるワイン。
きれいな酸が特徴。

🍷メシムネオス ドライ・レッド・ワイン 2016
Methymnaeos Dry Red Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
コショウの風味がアクセント。

B2
オーナーのYannis Lambrou氏。
15ヘクタールの畑はお父さんの代からのもの。
ワインメーカーはボルドーなどでもワイン造りをしているためか、ワインのスタイルはモダン。

B_3
プタリ
Boutari Wineries

1879年、ナウサで設立されたギリシャで大手生産者。
現在、6つのワイナリー(ナウサ、サントリーニ島、ペロポネソス、クレタ島、グメニサ、アッテイカ)を所有。
安定したおいしさ。

🍷プタリ・モスコフィレロ 2017
Boutari Moschofilero
マンティニアPDO
モスコフィレロ
さわやかなレモンの味わいのカジュアルワインだが、バランス良く美味。

🍷プタリ・オロペディオ 2017
Boutari Oropedio
マンティニアPDO
モスコフィレロ
標高650mの畑のブドウを使用して、短期間樽熟成。
まろやかさを増している。

🍷サントリーニ・プタリ 2017
Santorini Boutari
サントリーニPDO
アシルティコ
樹齢50~60年のブドウを使用。
ビターさがアクセントになっているなめらかなワイン。

🍷プタリ・ナウサ 2016
Boutari Naoussa
ナウサPDO
クシノマヴロ
樹齢30~40年のブドウを使用。
軽いタンニンが心地よい。

B_4

ムッシュー・ニコラスワイナリー・バイ・カラミトロ
Winery monsieur Nicolas by G. Karamitros

土着品種「ブラック・ニコラス」に力を入れているワイナリー。

ラベルデザインもユニーク。

🍷レディ・オブ・ザ・レイク 2017
Lady of the Lake
メセニコラPDO
ロディティス
ステレンスタンクのみで醸造したフレッシュな味わい。

🍷モワ、ジュ・モン・フー リミョナ 2017
Moi, Je M'en Fous Lumniona
カルディツァPDO
リムニョナ
樹齢50年のブドウを使用。
ステレンスタンクのみで醸造した、個性的だが飲みやすいワイン。

🍷メセニコラ 2013
Santorini Messenicola
メセニコラPDO
ブラック・オブ・メセニコラ70%、シラー30%
樹齢50年のブドウを使用。
オーク樽熟成12カ月の伝統的な造り方。
過剰すぎない赤いベリーのニュアンスを持つ、なめらかなワイン。

地方別未輸入ワイン

B_5

以前よりもさらにギリシャ固有品種に力を入れて品質が上がっています。
特に、白ワインがすべてきれいな高い酸を持ち、フード・フレンドリーなワインになっています。
イタリア、スペインに続く、食事とともに味わいワインとして、これから注目を浴びそうです。

国内インポーター

JSRトレーディング、Vins d'Olive、有限会社アルコトレード トラスト、有限会社ノスティミア、株式会社モトックス、株式会社ヨルゴス、株式会社ラシーヌが出展。

B_6



ギリシャワインを輸入販売しているインポーターはまだまだ少ないのですが、ギリシャ人がオーナーの株式会社ヨルゴスは品ぞろえが豊富。
価格もリーズナブルなものから高額なものまで。

食品

B_7

ギリシャはオリーブオイルづくりも盛ん。
パッケージがギリシャっぽいところが良いです。

|

« 盛況の「イタリア・アモーレ・ミオ! 2018 」 | トップページ | 「岩の原葡萄園」に注目! »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盛況の「イタリア・アモーレ・ミオ! 2018 」 | トップページ | 「岩の原葡萄園」に注目! »