« 「オージービーフ・ラム & オーストラリアンワイン セールスプロモーション2018 」結果発表式 | トップページ | IVBAM主催「マデイラワイン試飲会2018」 »

アルゼンチンワイン協会主催 アルゼンチンワイン プロ向けセミナー&試飲会「Wines of Argentina, Asia Tour 2018 - Japan」

Photo
アルゼンチンワイン協会は、アルゼンチンワインの輸出促進のため、Asia Tour 2018を6月5日東京、6月7日台北で開催。
プロ向けセミナー&試飲会「Wines of Argentina, Asia Tour 2018 - Japan」が6月5日、八芳園で開催されました。

24社(うち11社が日本未輸入)が出展。

Wines of Argentina held "Wines of Argentina, Asia Tour 2018 - Japan" at Happoen, Tokyo, 5th June, 2018.
It had a Masterclass and a Walk Around Tasting.
24 wineries attended.

未輸入生産者

4bodegaclaqroscuro
Bodega Claroscuro

2012年、Cucchiaraファミリーによってメンドーサのウコ・ヴァレーに興されたワイナリー。
ウコ・ヴァレーはこのところ最注目の産地です。
Claroscuroの畑の標高は1,054メートル。標高の高さからの冷涼気候をいかしたワインを産み出しています。
最近、アルゼンチンはマルベックに変わる品種を探索中ですが、冷涼気候をいかした白ワイン、特にシャルドネが注目されているようです。
Claroscuroのシャルドネはそうした新しいスタイルのシャルドネ。
また、オーク樽を使わないピノ・ノワール(アルコール度12.7度)も魅力的です。

🍷Cucchiara Chardonnay 2017
Uco Valley, Mendoza
シャドネ100%
シャブリのようなミネラル感も感じさせる、アルゼンチンの新しいスタイルのシャルドネ。

🍷Cucchiara Malbec 2016
Uco Valley, Mendoza
マルベック100%
果実味を抑えたマルベック。

🍷Cucchiara Cabernet Franc 2017
Uco Valley, Mendoza
カベルネ・フラン100%
冷涼気候のカベルネ・フラン。

🍷Cucchiara Gran Pinot 2016
Mendoza
ピノ・ノワール100%

🍷Cucchiara Gran Malbec 2015
Uco Valley, Mendoza
マルベック96%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド1%
ブレンドで複雑さを出したプレミアムワイン。

7etchart
Etchart

1850年、サルタの畑に初めて植えられたトロンテスがEtchartの始まり。
1996年、ペルノ・リカールの参加に入り、2001年にはウコ・ヴァレーの畑も取得しました。
現在は高品質のワインを世界中に販売。500以上のワインコンクールでの受賞があります。

メンドーサよりも標高の高いサルタは近年、ワイナリーが増え、注目度を増しています。
EtchartはCafayate(カファヤテ)のブドウを使っています。
カフェラヤテは標高1700mにあるブドウ畑が街全体を覆っているような、セレブの隠れリゾート。
そのため、ワインも洗練されています。

🍷Arnaldo B 2015
Salta
マルベック60%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、タナ15%
15カ月間樽熟成した、アルコール度14.6%のしっかりタイプ。

🍷Cafayate Cabernet Sauvignon 2017
Salta
カベルネ・ソーヴィニヨン100%

🍷Cafayate Cosecha Tardía 2017
Salta
トロンテス100%

🍷Cafayate Gran Linaje Cabernet Sauvignon 2016
Salta
カベルネ・ソーヴィニヨン90%、タナ10%
Linaje(レガシーの意味)と名付けられた、大手ならではの安定したバラスのよいワインです。

🍷Cafayate Gran Linaje Malbec 2017
Salta
マルベック90%、ボナルダ10%
なめらかな飲み応えのあるワイン。

🍷Cafayate Gran Linaje Torrontés 2017
Salta
トロンテス100%
オーク樽を使わず、トロンテスの果実味の良さをいかしたワイン。

🍷Cafayate Reserve Cabernet Sauvignon 2016
Salta
カベルネ・ソーヴィニヨン100%
6カ月フレンチオークの樽で熟成。
樽を使って複雑さを出している、飲み応えのあるワイン。

🍷Cafayate Reserve Malbec 2017
Salta
マルベック100%
6カ月樽で熟成。
樽香が心地よいワイン。

🍷Cafayate Reserve Torrontés 2017
Salta
トロンテス100%

🍷Cafayate Rose 2017
Salta
マルベック100%
美味なマルベック・ロゼ。

🍷Cafayate Torrontés 2017
Salta
トロンテス100%

スタッフのイケメン男子は、日本が初めてだそう。
東京はとてもおもしろい、と言っていました。

15luissegundocorreas
Luis Segindo Garreas

1900年、メンドーサにCorreasファミリーによって興されたワイナリー。
現オーナーは4代目。
アルコール度も低めなワインはおどろくほどエレガント。

🍷El Cipres Malbec 2017
Mendoza
マルベック100%
オーク樽を使っていないフレッシュなマルベック。

🍷Valle Las Acequias Cabernet Sauvignon Oak 2013
Mendoza
カベルネ・ソーヴィニヨン100%
カベルネ・ソーヴィニヨン100%なのにアルコール度が13度。
樽熟成10カ月なので、ほどよく樽香がつき、ソフトなタンニンが上質のカベルネ・ソーヴィニヨンとなっています。

🍷Valle Las Acequias Malbec Oak 2013
Mendoza
マルベック100%

🍷Valle Las Acequias Syrah Clase A 2016
Mendoza
マルベック100%

6
Escorihuela Gascón

1880年、スペインのアラゴンから19歳のMiguel Escorihuela Gascón氏がアルゼンチンへ移民。
4年後の1884年、42ヘクタールの土地を購入。これがワイナリーの始まりとなり、今やアルゼンチンのもっとも重要な輸出ワイナリーの一つとなっています。

🍷Don Miguel Escorihuela Gascón Malbec 2015
Uco Valley, Mendoza
マルベック100%
18カ月樽熟成のフラッグシップワイン。
プラムなどの黒い果実のニュアンス、リッチな口当たりがフラッグシップらしさを感じさせる。

🍷Miguel Escorihuela Gascón 2015
Mendoza
マルベック85%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、シラー5%
いきいきとした果実味を持つ、バランスよいブレンドワイン。

🍷Escorihuela Gascón Pequeñas Producciones Malbec 2016
Mendoza
マルベック100%
4つの畑からのブドウを使用。
熟した果実の豊かな味わい。

🍷Escorihuela Gascón Pequeñas Producciones Syrah 2016
Mendoza
シラー100%
シングル・ヴィンヤードのブドウを使用。
プラム、ブラックベリー、ブルーベリーに、アフターにはシラーならではのスパイス香。

🍷Escorihuela Gascón Pequeñas Producciones Cabernet Sauvignon 2016
Mendoza
カベルネ・ソーヴィニヨン100%
シングル・ヴィンヤードのブドウを使用。
カシス、プラム、ヴァニラ、コーヒーのニュアンスにクローヴも。

🍷Escorihuela Gascón Gran Reserva 2015
Mendoza
マルベック100%
18カ月樽熟成。
プラム、ベリーなどの果実味が口にあふれるジューシーで、リッチなワイン。

🍷Escorihuela Gascón Malbec Organic Vineyard 2017
Uco Valley, Mendoza
マルベック100%
オーガニックとビオディナミの区画のあるシングルヴィンヤードのブドウを使用。
プラム、ブラックベリー、ヴァイオレット、タイムやローズマリー、バルサミコのニュアンスも。

🍷Escorihuela Gascón Malbec 2017
Mendoza
マルベック100%
明るい色の、フレッシュな果実味にあふれるワイン。

12_2
アルゼンチンのワインらしいラベル。

■日本発売ワイン

10

ウアルペ・エステイト

ウアルペ・エステイトは2003年に、アルゼンチンワインの祖パスカル・トッソの血を引くマックスとホセのトッソ兄弟がメンドーサに設立したワイナリー。

フィンカ・ラス・ディヴァス・リグロ

著名ワインメーカー、ポール・ホブス氏らが20年以上前、アルゼンチンのポテンシェルを知り、設立したワイナリー。、

(インポーター:グキ・セラーズ・ジャパン株式会社)

🍷ウアルペ・ランカテ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2011
Huarpe Lancatay cabernet Sauvignon
Mendoza
カベルネ・ソーヴィニヨン
明るいルビー色をしたフレッシュなカベルネ・ソーヴィニヨン。

🍷ウアルペ・マイプ・テロワール 2013
Huarpe Maipu Terroir
Mendoza
カベルネ・ソーヴィニヨン, メルロ
メルロで柔らかさを出した、良質のボルドー・ブレンド。
ソフトなタンニンが心地よい。

🍷リグロス・グラン・カベルネ・ソーヴィニヨン 2015
Riglos Gran Cabernet Sauvignon
Mendoza
カベルネ・ソーヴィニヨン
カシス、アメリカンチェリー、ブラックベリーなどの濃厚な果実味に、樽熟成ならではのスパイス、スモークがバランスよいプレミアムワイン。

***

デキャンタ誌2018年7月号によると、1860年にアルゼンチンに紹介されたマルベックは、1960年には栽培面積60,000ヘクタールとなりピークを迎えたが、1970年から1990年の間に20,000ヘクタール減り、現在は40,000ヘクタールに。
だが、今なお、メンドーサの88%の栽培面積を誇っています。

近年は白ワインに力を入れ始め、特に石灰質土壌のシャルドネは可能性を持っていると期待されています。
また、樽の使い方も控えめとなり(赤も白も)、マルベックも樽を使わない、果実味をいかしたフレッシュなものも増えています。

|

« 「オージービーフ・ラム & オーストラリアンワイン セールスプロモーション2018 」結果発表式 | トップページ | IVBAM主催「マデイラワイン試飲会2018」 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オージービーフ・ラム & オーストラリアンワイン セールスプロモーション2018 」結果発表式 | トップページ | IVBAM主催「マデイラワイン試飲会2018」 »