« ワインのイタリア 醸造家たちの手仕事 | トップページ | プロセッコでつくるカクテル »

保冷ボトルホルダー“Freezerino フリゼリーノ”が東急プラザ銀座3F HINKARINKAで期間限定発売

10月、浅草で開催された第8回 ACCI Gusto 2018 イタリア料理専門展」で多くの来場者の関心を集めていたのが、保冷ボトルホルダー“フリゼリーノ”。
中身の温度を一定時間外部気温から守るサーモボトルホルダーです。

イタリアのレザーバッグの制作していた製造元の工房が、医薬品保管バッグも請け負っており、医薬品を外気から守りクールに保管する技術を応用して作ったのが、革新的な保冷ボトルホルダー“フリゼリーノ”なのです。
職人がひとつひとつ手作りしています。

1
こちらはスパークリングワイン用のFreezerino シャンパン型。
ゴージャス感たっぷりです。

2
業務用に文字やロゴを入れることもできます。
左はカプリ島のラグジュアリーホテル「グランド ホテル クィシサーナ」のノベルティ用のFreezerino ワイン型、右はピッツァリアのお店のテーブルのためのFreezerino シャンパン型。
外層素材はデザインによって合成皮革(ポリウレタン樹脂製)、本革(牛)、布、ラメがあります。

Photo_2
ファスナーはしっかりした造り。
チェーンは取り外しができます。

Photo

ファスナーを開けると、中はこんな感じ。

Photo_3

底もしっかりした造りになっています。

ジャンバ・ジャパン株式会社のサイトで購入可能です。
http://giamba.co.jp/

12月1日~25日の期間限定で東急プラザ銀座3F HINKARINKAでも販売中。
ワインを年末年始のギフトに使うと、とてもおしゃれです。

|

« ワインのイタリア 醸造家たちの手仕事 | トップページ | プロセッコでつくるカクテル »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワインのイタリア 醸造家たちの手仕事 | トップページ | プロセッコでつくるカクテル »