« 大星岡村の「銘酒フォーラム 2019(春)」は注目の日本酒&日本ワインが集合! | トップページ | キンタ・ド・ナヴァルがポートの2017年をヴィンテージ宣言 »

バリューボルドー 2019

Photo_26

4月24日、ザ ストリングス表参道において「バリューボルドー2019」の発表会がありました。

Photo_27

ボルドーワイン委員会会長アラン・シシェル氏による「ボルドーの最新情報に関するプレゼンテーション」では、2018年ヴィンテージ情報、2018年尾販売総括と輸出総括、ボルドーワイン業界全体で協同している施策などが発表されました。

2018年におけるボルドーワインの日本への輸出量は約1,900万本、約144億円に及んでいます。

また、EU全体でサステイナブル農法を目指していますが、ボルドーのブドウ畑では2017年度では60%のサステイナブル農法畑を100%になるよう目指しています。

100

バリューボルドー 2019

490本の中から4人のナビゲーター(大越基裕氏、小久保 尊氏、瀬川あずさ氏、藤森 真氏)によって選ばれた100本。

Photo_25

バリューボルドー 2019を集めた試飲会では、じっさいにワインの味を確認することができます。
シャトー・ド・ボールガール・デュコート(取扱い:東亜商事株式会社)はアントル・デュ・メールで最大の個人生産者。
オーナー自らプレゼンしていました。

|

« 大星岡村の「銘酒フォーラム 2019(春)」は注目の日本酒&日本ワインが集合! | トップページ | キンタ・ド・ナヴァルがポートの2017年をヴィンテージ宣言 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大星岡村の「銘酒フォーラム 2019(春)」は注目の日本酒&日本ワインが集合! | トップページ | キンタ・ド・ナヴァルがポートの2017年をヴィンテージ宣言 »