« C.V.R.V.V.ヴィーニョ・ヴェルデ協会主催「ヴィーニョ・ヴィルデ試飲会 in 東京」 | トップページ | 「ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス プロモ―ション 2019」結果発表 »

チリの若手トップ生産者、フリオ・ブション氏によるワイン・セミナー

Photo_60

2017年、デキャンタ誌の「南アメリカ(チリ&アルゼンチン)ワインメーカー top 10」のひとりに選ばれた、今、注目のフリオ・ブション氏(ブション・ファミリー・ワインズ)によるワイン・セミナーが5月28日、マンダリン オリエンタル 東京で行われました。

■ブション・ファミリー・ワインズ

19世紀後半、フランスのブドウ畑を壊滅状態に追いやったフィロキセラ禍は、サンテミリオンでブドウ栽培を生業としていたブション家をチリに向かわせました。
1887年、新天地に降りたったエミール・ブション氏はワイン・コンサルタントとして働いた後、自らの畑としてコルチャグア・ヴァレーのアンゴス・ヴィンヤードを購入。やふて2人の息子、アントニオとアベルが畑を継承。
さらにアントニオの息子フリオ氏はワイン造り注力し、マウレ・ヴァレーのミングレに土地を購入し、ここにブション家のもっとも古いワイナイリーを建造しました。ブション・ファミリー。ワインズの誕生です。
現在はフリオ氏の子供たち、フリオJr氏、ホワン氏、マリア氏がワイナリーを担っています。

パイス Paí

Photo_61

 

現在、チリワインとして日本でよく知らているカベルネ・ソーヴィニヨンやカルメネールと言ったフランス品種は、19世紀後半、フランスから持ち込まれ、ワイン商品としてチリの輸出産業を支えてきました。
しかしそれ以前、16世紀、スペインからの征服者や宣教師たちが、スペインから繁殖力の強いブドウの挿し木や種を持ってやってきました。
モスカテルやペドロ・ヒメネスなども含まれていた第一世代のブドウの中でもっとも重要なものとなったのが、スペインではリスタン・ピエトロ、USではミッション、アルゼンチンではクリオージャ・チカ、チリではパイス、さらに45ほどの異名を持つブドウです。

南アメリカの最初のワイン産業は北へはメキシコからUS、南にはペルー、チリ、ボリビア、アルゼンチンにまで広がった100種以上のクリオージャ種(アルゼンチンのトロンテスも含む)で成り立っていました。
しかし1833年にはチリのワイン畑の90%以上を占めていたパイスは、現在ではたった7%にしかすぎません。フランス品種に押されたためです。

現在チリのパイスの主な栽培地域は南のマウレ・ヴァレー、イタタ・ヴァレー、ビオビオ・ヴァレーで、6,000栽培者がいて、畑面積は9,600ヘクタールとなっています。
フランス品種が栽培される以前からあるパイスには樹齢が100年を超えるものもあります。
消えつつあったパイスが注目を浴びたのが、2006年、ミゲル・トーレスが造ったサンタ・ディグナ・エステラード・ロゼでした。


マウレ・ヴァレーの太平洋から45キロ、標高193mにあるブション・ファミリー・ワインズのミングレ・ヴィンヤードには野生のパイスが何本かあります。
土着の自然に生えている樹木にからまり、その高さは5メートルにもなるハシゴを使って収穫しなければならないほどになります。
フリオ氏は子供の頃から馴染みのあるパイスの果実でワインを造ることにしたのです。

🍷ブション・ファミリー・ワインズ / パイス・サルヴァヘ・ホワイト マウレ・ヴァレー 2018  参考小売価格¥2,500(税別)
Bouchon Family Wines País Salvaje Maule Valley
パイス100% 11.5%vol
黒ブドウのパイスのうち、突然変異で色のつかない果実のみを使用した白ワイン。
ブドウ果実についた天然酵母のみを使用してアンフォラで発酵。ノンフィルター。
洋ナシ、白い花の香り、白コショウの味わいで、なめらかな口当たり。

🍷ブション・ファミリー・ワインズ / パイス・サルヴァヘ  マウレ・ヴァレー 2018 参考小売価格¥2,500(税別)
Bouchon Family Wines País Salvaje
パイス100% 12.5%vol
ブドウ果実についた天然酵母のみを使用して30%をコンクリートタンクでマセラシオン・カルボニック、70%は伝統的な「ザランダ」と呼ばれる器具で除梗。人の手がなるべく加わらない伝統的な造りを目指す。
明るいチェリー色。赤いベリー、野生のイチゴ、花の香りにあふれる生き生きとしたフレッシュさを楽しむワイン。
デキャンタ誌2019年6月号「25ポンド以下のチリワイン top 30」に選ばれる。

ヴィーニョ Vigno

2009年からマウレ・ヴァレーの生産者が、パイスのブレンド用として見返ることが少なかった古木(樹齢60年以上)のカリニャンを救うために始まったプロジェクト。フリオ氏が中心的役割を果たしています。
2011年10月18日、「Vignadores de Carignan VIGNO」が正式に設立され、メンバー16ワイナリーが同じロゴ「VIGNO」のラベルを使用しています。

🍷エミリアーナ / ヴィーニョ 2016 参考小売価格¥3,200(税別)
Emiliana Vigno Maule Valley
カリニャン100% 15,0%vol
2015年ヴィンテージが初リリースのオーガニック認証Vigno。
1950年植樹のブドウの果実を使用。
天然酵母のみを使用してステレンレスタンクで発酵。
フレンチオークとアメリカンオークの樽で12カ月熟成。
紫がかった濃い赤。プラム、ブルーベリー、スミレの花の香り。
複雑な味わいをフレッシュな酸と、ソフトなタンニンがまとめあげている。

🍷ブション・ファミリー・ワインズ / ヴィーニョ・カリニャン マウレ・ヴァレー 2015 参考小売価格¥3,900(税別)
Bouchon Family Wines Vigno Carignan Maule Valley
カリニャン100% 13.3%vol
天然酵母を使用してコンクリートタンクで発酵。
ブラックカラント、スミレの花、レザー、ミーティなど複雑な味わいとしっかりとしたストラクチャー。
なめらかな口あたりのフルボディ。

*****

南アメリカワインで今、もっとも注目されているクリオージャと古木カリニャン。
これからの動向に目が馳せません。

輸入元:ワイン・イン・スタイル株式会社

 

|

« C.V.R.V.V.ヴィーニョ・ヴェルデ協会主催「ヴィーニョ・ヴィルデ試飲会 in 東京」 | トップページ | 「ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス プロモ―ション 2019」結果発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C.V.R.V.V.ヴィーニョ・ヴェルデ協会主催「ヴィーニョ・ヴィルデ試飲会 in 東京」 | トップページ | 「ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス プロモ―ション 2019」結果発表 »