« USトップスパークリング「シュラムスバーグ」オーナー/ワインメーカーのワインセミナー | トップページ | EUのサステイナブル(持続可能)② ボルドーワイン委員会 »

EUのサステイナブル(持続可能)① イタリアのサステナブル認証EQUALITAS

11月21日、雅叙園において在日イタリア商工会議所及びI.E.M(International Exhibition Management)主催「Simply Italian  Great Wines」が催され、セミナーと試飲会が行なわれました。
セミナーのひとつ、Federdoc(イタリアワイン原産地呼称保護組合連合)会長リッカルド・リッチ・クルバストロ氏(フランチャコルタ協会初代会長でありながら、全ヨーロッパのAOC,DOC委員会の会長も務めました)による「フランチャコルタ:1つの土地、3つの呼称」に焦点を当てた「トレーサビリティとイタリアのDOCワインの規定」の中で、サステナブルに言及する場面がありました。


Photo_20191203165001

フランチャコルタとスティルワインを造っているクルバストロ氏のワイナリー「リッチ・カルド」(ロンバルディア州)はサステナブル(持続可能型)生産方式を取り入れ、2017年にはEQUALITASの認証を取得しました。

EQUALITAS

EQUALITASはイタリアワインのサステナブル認証団体です。
環境(Environmental)、倫理的(Ethical)、経済的(Economical)を目指し、ロゴマークは「3E」。

環境(Environmental)
有機栽培で環境保全を目指します。
ラベルには環境に優しいインクや再生紙を使用します。

倫理的(Ethical)
正規雇用を増やし、労働環境を整えます。
コミューンへ寄与します。

経済的(Economical)
財務会計の健全化がワイナリーの持続の条件として、財務をディスクロージャーします。

今やEUでは「持続可能農法」は、有機栽培やヴィオディナミといった栽培方法・醸造方法のみならず大きな概念になってきているようです。

Photo_20191203182001

セミナーで使用されたリッチ・カルドのサステナブルワイン。

■試飲会でのサステナブルワイン

Bellaria

Bellaria
カンパーニア州イルピーノ
Maffei家の家族経営のワイナリー。
ケミカルは使用せず、野生酵母を使用。
二酸化イオウの使用は最小限。

🍷タウラージ 2012 DOCG
飲みやすいが、タウラージらしいコクを感じるワイン。

🍷グレコ・ディ・トゥーフォ 2018 DOCG
モダンスタイルで、ミネラルを感じるワイン。

Bellaria_20191203183401

ワインメーカー

 

 

 

|

« USトップスパークリング「シュラムスバーグ」オーナー/ワインメーカーのワインセミナー | トップページ | EUのサステイナブル(持続可能)② ボルドーワイン委員会 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« USトップスパークリング「シュラムスバーグ」オーナー/ワインメーカーのワインセミナー | トップページ | EUのサステイナブル(持続可能)② ボルドーワイン委員会 »