グルメ・クッキング

イタリアラグビーナショナルチーム出場記念イヴェント「Cattolica Assicurazioni Piazza Italia」開催!

Photo_20190917162301

イタリアラグビーナショナルチーム出場記念イヴェント「Cattolica Assicurazioni Piazza Italia」が開催の記者発表が駐日イタリア大使館で行われました。

■登壇者
駐日イタリア大使 ジョルジョ・スタラーチェ大使
イタリアラグビー連盟副会頭 サッカ・ニーノ氏
イタリアラグビー連盟コマーシャルディレクター カルロ・ケッキナート氏
在日イタリア商工会議所 副会頭
在日イタリア商工会議所 事務局長

Photo_20190917162302

在日イタリア商工会議所(ICCJ)は日本最大級のイタリアンフェスティバル「Italia, amore mio!(イタリア・アモーレ・ミオ!)」
(東京2019年開催は2日間で50,000人を動員)のラグビー版イヴェント「Cattolica Assicurazioni Piazza Italia(カットリカ保険・ピアッツァ・イタリア)」を開催します。
イベントのキャッチコピーは「ラグビーに恋しちゃう?」 
イタリアラグビー代表チームの戦いの地・大阪でメインイヴェント(9月18日/水~23日/月・祝 会場:大阪市、グランフロント大阪)を開催、長野県上田市(2019年9月13日/金  会場:上田市、サントミューゼ広場)、福岡市(2019年9月24日/火 会場:福岡市、天神スカイホール)、愛知県豊田市(2019年10月6日/日 会場:豊田市、まちなか広場)でもスポット・イヴェントが行われます。

イベント会場では、ラグビーコンテンツ以外にもイタリアのブランドやラグジュアリ・カー、グルメ、ワイン、イタリア観光PRなどベスト・オブ・イタリアが終結!
プロセッコ協会主催のセミナーも行われます。




 

 

| | コメント (0)

9月15日はスナックサンドの日

9月15日は「スナックサンドの日」。
元祖携帯サンドイッチを開発したフジパン株式会社が1975年9月15日に初めて「スナックサンド」を発売した日なのです。

Photo_20190909134701

9月9日、SIBUYA109店頭イベントスペースで「9月15日はスナックサンドの日・in SHIBUYA109記念イベント」が開催されました。

Photo_20190909134801

フジパン株式会社マーケティング部課長の石井氏によると「スナックサンド」は数えきれないほど種類が多いそう。
毎月10種ほど新商品が発売され、常時40種ほどあるのでお気に入りの一品を見つけて欲しいと。
地域限定・期間限定などもあるそうです。
「パン業界の台風の目になるように楽しい商品を提供していきたい!!」と、東京にやってきそうな台風15号に負けない力強い言葉でした。

Photo_20190909134802

フジパン株式会社本拠地がある東海エリア出身・在住の10人で構成されたエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の3人のメンバー(田村侑久さん、平松賢人さん、本田剛文さん)が「スナックサンド応援隊」として登場。
それぞれが熱い言葉で応援しました。
そして44年めのスナックサンドの誕生日を祝って、アカペラでのハッピー・バースデイ。

Photo_20190909140301

座が盛り上がっているところで、石井課長より2020年春にBOYS AND MEN」とのコラボ商品を発売するという発表がされました。
平松さんが「ひつまぶし風チキン」、田村さんが「八丁味噌カレー」、本田さんが「なめらかこしあん」を提案。
見事、田村さんの「八丁味噌カレー」に決定と石井課長から告げられました。
八丁味噌とパンが同じ発酵食品、というのが選ばれたポイントだそうです。

Photo_20190909140302

| | コメント (0)

第9回「味覚の一週間 10月15日(火)~21日(月)」開催発表!

Photo_20190830173201

フランスでは30回目、日本では9回目となる味覚の教育活動「味覚の一週間」が10月に開催されます。

Photo_20190830173202

今年のテーマは「発信する日本の味」─未来の家族のために─です。
「味覚の一週間」呼びかけ人の磯村尚徳氏、服部幸應氏、三國清三氏、藤野真紀子氏をはじめ「味覚の授業」の講師を務めるシェフたちの、このイヴェントに対するそれぞれの熱い想いが語られました。

Photo_20190830173203

■「味覚の授業」
料理人やパティシエ、生産者などがボランティアで小学校を訪れ、子供たちに味の基本と食べる楽しさを教えます。

■「味覚の食卓」
「味覚の授業」に参加する料理人の店を中心に、五味のバランス良く取り入れられた料理のレシピが写真付きで提供されます。

■東京ガス主催「味覚のアトリエ」
著名料理人による親子料理教室や料理研究家向け特別セミナーが行われます。

■インターナショナルONIGIRIコンクール~「おにぎり」で出会う食文化~
プロアマ、塩嶺、国籍を問わないコンクール。
応募期間:2019年8月1日(木)~9月13日(金)

その他、多くのイヴェントが行われます。
詳細は専用ホームページで。
https://legout.jp/

 

| | コメント (0)

山形はワインもお酒も旨い!

Photo_20190830095901

山形・蔵王のとある沢は苔の宝庫。
足元に数種類の苔と小さな羊歯が、小宇宙を造っています。
豊かな自然があるところには、旨い酒があります。

Photo_20190830103701

山から下りて向かった先が、1920年創業の、日本では長い歴史を誇るタケダワイナリー。

Photo_20190830104101

ワイナリーの敷地内にはお約束のブドウ畑。
ヴィオニエです。

Photo_20190830104201

簡単なワイナリーツアーで、セラー見学。
かなり広いです。

Photo_20190830104401

見学の後は試飲。
やはりワイナリーで飲むワインは移動していないのでおいしいですね。

Photo_20190830104402

こちらは2016年から上山市でしか販売していない「かみのやまテロワール」シリーズ。
上山市のブドウのみを使い、上山のテロワールを表現しています。
デラウェア、セイベル、シャルドネのブレンドの微発泡が新商品。
ドライで和食の食中酒として最適です。

Photo_20190830105601

帰りの電車はちょうどお昼時だったので、駅弁と日本酒。
やはり山形なら牛肉の弁当を、と買ったのが松川弁当店の牛肉道場。
秘伝のタレでじっくり煮込んだ牛肉煮と牛そぼろがご飯の上にたっぷり載っています。

お酒は東の麓酒造の「純米吟醸 つや姫なんどでも」。
山形のブランド米・つや姫を100%使った、東北芸術工科大学との学生達と共同で開発した純米吟醸酒。
何度でも(何回飲んでも)おいしい、なんどでも(どんな温度でも)おいしいという意味を込めて名付けられたものだそう。
しっかり「GI山形」のシールが貼られています。
味はつや姫の味がします。

山形のワインとお酒と食べ物、堪能しました。

 

 

 

| | コメント (0)

LAVAROCKのクラフトビールが誕生!

京橋の中央通りに面したアクセスの良いコートヤード・バイ・マリオット東京ステーション。
一階にあるのが、気軽でおしゃれなレストラン「Dining & Bar LAVAROCK(ラヴァロック)」。
その店名を冠したオリジナルクラフトビール"LAVA BROWN"が登場。

Photo_20190819190201

富士山の伏流水と厳選されたモルト・ホップを使用し醸造、柑橘系のホップの華やかな香りと共に苦みとコクのバランスが絶妙なアメリカンスタイルのエクストラスペシャルビター(ESB)です。
アルコール度数:6.0%
料金:Glass ¥1,180  Pint ¥1,380

日本の夏はやっぱりビール!

| | コメント (0)

純米吟醸 忍者 ネオ(瀬古酒造株式会社)がKura Masteerプラチナ賞受賞!

2017年よりフランスで開催されている日本酒コンクール(品評会)──Kura Master。
フランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、初めての日本酒コンクールです。
審査委員長はパリでもっとも格式と歴史を持つホテル・クリヨンのシェフ・ソムリエでもあるグザビエ・チェイザ氏。
今年は720銘柄の日本酒が日本から運ばれ参加。
フランス人のソムリエ、レストラン関係者、ホテル・料理学校関係者などのプロフェッショナル93名が審査しました。

カテゴリーは、純米大吟醸酒部門、純米酒部門、スパークリングStandard部門(アルコール10度以上)、スパークリングSoft部門(アルコール10度未満)の4つ。
審査はワイングラスを使って、ブラインドテイスティングで行います。
100点満点の加点法のマークシート形式で、高得点のものには、プラチナ賞、金賞が与えられます。

Photo_20190803093401

滋賀県、琵琶湖の南東にある忍者で有名な甲賀の蔵元「瀬古酒造株式会社」が造る「純米吟醸 忍者 ネオ」がプラチナ賞を受賞しました。
小さな蔵が、手づくりで造った「純米吟醸 忍者 ネオ」は後口すっきりの辛口。
吟醸ながらも米の香りが過剰でないため、フランス料理にも合いそうです。

 

| | コメント (0)

「第4回オーガニックライフスタイルEXPO」8月2日(金)、3日(土)新宿で開催!

Expo

日本最大規模のオーガニックの見本市《第4回オーガニックライフスタイルEXPO》が8月2日(金)・3日(土)に新宿・NSビル地下1階イベントホールにて開催されます。
開催時間は10:00~17:00。

入場料は1,000円/一人ですが、公式サイトから事前入場登録(7月26日16時まで)をすると入場無料となります。
公式サイト https://ofj.or.jp/

今年は、150小間に147社の団体・生産者が集います。
会場には、有機農業に取り組む生産者自慢の生鮮野菜からこだわりの加工食品、輸入食材、オーガニック&ナチュラルコスメ、環境に優しい生活雑貨、ガーデニング、さらには島根県をはじめとする自治体の取り組みなど、オーガニックブランドが一堂に会します。
またセミナーも盛りだくさんです。
詳しくは公式サイトで。

| | コメント (0)

「イタリア・アモーレ・ミオ! 2019」開催決定。 今年は七夕!

2019_7

 

5 月25日、イタリア大使館において「イタリア・アモーレ・ミオ 2019」開催の発表がありました。
2019のテーマは、Italian Tanabata(イタリアン・七夕)。七夕は織姫と彦星が天の川を渡り感動的な再会を果たす年に一度のイベント。イタリア版七夕の愛のシンボルとして、ヴェローナを舞台にしたシェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」をイベントの象徴とします。

2016年、日伊国交150周年を記念してスタートした「イタリア・アモーレ・ミオ!」も今年で4回目。
年々規模も拡大し、会場も去年の天王洲・寺田倉庫から赤坂サカスへ移動。
開催日時は2019年7月6日(土)、7日(日)の10時から20時。入場無料ですが、有料コンテンツあり。

2019_8

発表会見にはモデルの国木田彩良さんがゲストとして参加。
ファッションデザインを学んだ国木田さんは「イタリアのファッションの本髄は”カラー”と”エレガンス”」と。
そして、15年間毎年一度、イタリアに服を買い付けに行くというほどイタリア大好きな俳優の峰竜太さんが「イタリア・アモーレ・ミオ!PR大使」に就任しました。

イタリアからはシンガーのキアラ・ガリアッツオさんやスポーツジャーナリストのファビオ・カレッサ氏など、今が旬なゲストが来日予定。
またイタリアンビール・ペローニ(輸入販売:アサヒビール株式会社)のビアガーデンや、本場ナポリのピザマエストロによるオリジナル「アモーレ・ピッツァ」も特別販売などイタリアの食生活も体験できます。
他にも多くのコンテンツがあります。
詳しくは「イタリア・アモーレ・ミオ! 2019」専用サイトで。
https://italia-amore-mio.com/ja/

 

| | コメント (0)

6月3日は「世界サイダーデー(World Cider Day)」

日本でも年々人気が高まっているリンゴが原料の発酵飲料「シードル(サイダー)」。
今では20カ国以上で生産されています。

Worldciderday_logo_4c

2013年、ドイツ・ヘッセン州にあるアップルワイン等の生産者団体「Association of Apple Wine and Fruit Juice Press Houses」が「6月3日をWorld Cider Day」にと提唱しました。

各国で多彩なイヴェントが催されますが(オーストラリアではガラ・ディナー、オランダではサイダー・フェスティバル、英国ではサイダー製造見学ツアーなど)、初参加となる日本では一般社団法人日本シードルマスター協会とインサイダージャパン合同会社が2019年5月25火(土)~6月3日(月)までを「World Cider Day Celebration Week」として約100のレストランやバーでキャンペーンを行います。
これを機会に珍しいシードルを提供するお店もあるそう。
キャンペーン参加店などは一般社団法人日本シードルマスター協会のホームページで見ることができます。

Photo_44




 

 

| | コメント (0)

第7回JOOP国際オリーブオイルコンテスト

4月12日、在日イタリア商工会議所主催「第7回JOOP(Japan Olive Oil Prize)国際オリーブオイルコンテスト」の表彰式が「タントタント五反田」で行われました。
駐日イタリア大使を始め、駐日スペイン大使、駐日ギリシャ大使、駐日クロアチア大使が隣席。

Photo_3 今年はモロッコ、クロアチア、スロヴェニア、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペイン、チュニジア、トルコ、USAから240点のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルがエントリー。
コンテストのために来日した世界的に名高い国際コンテストの審査員として活躍する経験豊富なオリーブオイル
のエキスパートがひとつひとつ念密にブラインドテイスティングを実施して、厳正な審査を行い、優勝オイルを決定しました。

Photo_4

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧