文化・芸術

「イタリア・アモーレ・ミオ!」明日、開幕!

2

日本における最大規模のイタリア・フェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」(在日イタリア商工会議所・主催)が明日(2018年4月21日)、開幕します。

3
ジョルジョ・スタラーチェ 駐日イタリア大使からは
「イタリアは日本ではすでに親しみを持たれているが、”イタリア・アモーレ・ミオ!”ではさらに2つの国の距離が短くなるだろう。
今回はさらにこの後、名古屋(7月21日、22日)、大阪(11月3日、4日)で同イヴェントが行われるので成功を祈る」と期待の言葉が述べられました。

1
イタリアから来日したイタリアのミュージックシーンで絶大な人気を誇るエンマさん、人気ラジオDJで何度も来日し、「I Love Tokyo」というベストセラー本を著した東京愛が熱いラ・ピーナさん、日本のスペシャルゲストの道端アンジェリカさん、パンチェッタ・ジローラモさんが登場。
エンマさんは、「日本に来て多くの刺激を受けたが、その刺激を持ってイタリアに帰りたい」と、ラ・ピーナさんは「東京は訪れるたびにポジティヴに変わってきている。昔はイタリアから東京行きの飛行機にイタリア人はあまり乗っていなかったが、最近はイタリア人だらけ」と、道端アンジェリカさんは「イタリア大好き! 特にナポリが!!」と、映画「ナポリターナーズ」に出演のパンチェッタ・ジローラモさんは「ナポリ人は楽しい人、というよりもイタリア人はすべて楽しい人!」と、「イタリア・アモーレ・ミオ!」の開幕気分を盛り上げてくれました。

| | コメント (0)

「イタリア・アモーレ・ミオ!」 4月21日、22日 東京・寺田倉庫で開催!

Italiaamoremiologo


4月21日(土)、22日(日)、東京・寺田倉庫で日本最大級のイタリアン・フェア「イタリア・アモーレ・ミオ! 」が開催されます。

Italiaamoremio20181

会場はボードウォークを挟んで、ヴィア・カナーレ、ナーヴェ・アモーレ、ピアッツァ・イタリア、レ・スタンツァの4会場。

ヴィア・カナーレ VIA CANALE
ストリートフード+物販販売
30以上のブースが出店

ナーヴェ・アモーレ NAVE AMORE
2F メインステージ
B1 船内映画館

ピアッツァ・イタリア PIAZZA ITALI
ライフスタイル、トラベル
セミナー
レストラン
キッズ・スペース

レ・スタンツァ LE STANZE
1F ハイブランド展示、The Love Bar(世界No.1バーテンダー、ブルーノ・ヴァンザンによるオリジナルカクテル『Amore mio』が楽しめます。4月21日-22日11:00-21:00)。
2F プレイベート・ダイニング、VIPラウンジ

Italiaamoremio20183
水上映画館

運河の対岸のビルに投影する巨大映画館。

■ニュー・シネマ・パラダイス
シチリアを舞台に、少年と中年の映写技師が映画を通して心を通わせていく名作。
21日 19:30~

プロセッコがある限り、希望がある Finche c’e’ prosecco, c’esperanza
ジュゼッペ・バッティストン演じる警部が、ブドウ畑を愛すアンチロット伯爵の謎の自殺とその周りの不可解な事件に迫る。
21日 13:30~ /15:30~
22日 11:00~ /15:00~

ナポリターナーズ NAPOLITANERS
世界中のナポリ人を取材したどドキュメンタリー。ジローラモ・パンツェッタさんも登場。
21日 11:00~
22日 12:00~

Italiaamoremio20185

Italia, amore mio!の会場である天王洲アイルを走る一般参加型マラソンもあります。
21日 10:00スタート。

***

その他、イタリア・トップアーティストも登場するライブパフォーマンスを無料で観ることができます。

この週末は、イタリアの魅力満載のイヴェント「イタリア・アモーレ・ミオ!」へ!

| | コメント (0)

オーストラリア政府主催「オーストラリア now (2018年4月~11月)」開催発表!

Now_2

今のオーストラリアを紹介する政府主催のプログラム「オーストラリア now」の記者発表が3月13日、在日オーストラリア大使館で行われました。

2016年ブラジル、2017年ドイツと、毎年、ひとつの国を選んで開催される「オーストラリアnow」が今年はついに日本で!
2018年4月から11月にかけて「イノベーション」「ライフスタイル」「文化・芸術」の3つのテーマで、約40のイヴェントが行われます。

イノベーション
日豪の研究・イノベーション分野における連携の取り組みや事例を紹介する「日豪イノベーション&リサーチシンポジウム
豪国立科学技術センター(クエスタコン)による子供たちに科学の面白さや学ぶ楽しさを伝える巡回展示プログラム「サイエンス・サーカス
など
ライフスタイル
オーストラリア産のビーフまたはラムを使った料理とそれにマッチするワインを、選りすぐりのレストランで提供するキャンペーン「オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション
タッチ・フットボール普及のための専門的知識や資源を提供するタッチ・フットボール・オーストラリア(TFA)による技術向上のためのトレーニング・セッション「日豪タッチフットボール交流
など
文化・芸術
オーストラリア・クラシック界を代表するオーストラリア室内管弦楽団のコンサート「ACO特別公演 Australia now 2018
アボリジニ&トレス海峡諸島民により独自のダンスシーンを展開しているダンスカンパニー「バンガラ・ダンス・シアター」の公演「I.B.I.S. / Spirit 2018
など

その他のプログラム・詳細は専用ホームページで見ることができます。https://australianow2018.com/program

「オーストラリア now」親善大使
「オーストラリアnow」の親善大使として、日本とオーストラリアの両国に深いゆかりのある俳優の柴俊夫さん、女優の真野響子さん、俳優の別所哲也さん、ラジオDJ クリス・グレンさん、エッセイストの小島慶子さん、アーティストのサラ・オレインさんの6人が任命されました。

Now_3
左から、プラチナパートナー/リオ・ティント・ジャパン代表取締役社長 山地昇氏、ジョー 駐日大使夫人、オージーくん(オージー・ビーフのステーキマイスター)、「オーストラリアnow」親善大使サラ・オレインさん、リチャード・コート駐日大使、プラチナパートナー/ウッドサイド・ジャパン カントリー・マネージャー ジョージ・キルボイ氏。

記者発表後のネットワーキングでは

Now_4
オーストラリアのドリンク

Now_5
オーストラリアの食材を使ったフードがふるまわれました。

Now_6
FOODEX JAPAN 2018でも人気のオーストラリアチーズには注目!

| | コメント (0)

蓄音機の會「第2回・蓄音機コンサート」ブルーノ・ワルター指揮のワーグナー

Photo_2
昨年に続いて、蓄音機の會主催の蓄音機コンサートが開かれます。
第二回は、リヒャルト・ワルター指揮、ウィーンフィルハーモニー楽団による楽劇<ワルキューレ>第一幕のオリジナル78回転盤をHMV194大型蓄音機で聴きます。
案内役は蓄音機のコレクターで、蓄音機の會主催の藤森朗氏。

日時:2月11日(日・祝日) 18:00開場、18:30開演
会場:MUSICASA/ムジカーザ(代々木上原)
会費:3,000円

| | コメント (0)

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン!

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」がHama House(ハマハウス/日本橋浜町)に期間限定(2017年11月27日~12月17日)でオープン中!

今年は日本ルクセンブルク外交関係樹立90周年に当たり、国家元首であるアンリ大公と長女のアレクサンドラ王女が国賓として来日。
この関連事業として、日本で初となる「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」開催が実現しました。

Photo_2

11月27日のオープンには、ルクセンブルク大公国副首相兼経済大臣、公安大臣、防衛大臣であるエティエンヌ・シュナイダー氏が来賓として出席。
「この3週間で、ルクセンブルグの文化、習慣、伝統を知って欲しい」とスピーチ。

また、ルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史からは
「このカフェでは、ルクセンブルクの生活が体験していただけるでしょう。
そして、ぜひルクセンブルクに来ていただきたいのです。
決して後悔はさせません」
とルクセンブルク観光がアピールされました。

photo:ルクセンブルク大公国副首相エティエンヌ・シュナイダー氏(写真左)とルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史(写真右)。

***

レセプション・パーティではルクセンブルク料理に

Photo_3
ルクセンブルクのワインやビールが
Photo_4
ふるまわれました。

Photo

店内には、ルクセンブルクの本やお菓子が。

Photo_5

「日本ルクセンブルク国交樹立90周年記念 ルクセンブルクワイン・ラベルデザインコンテスト」(ルクセンブルク貿易投資事務所、デシーマジャパン株式会社主催)での優秀作品がラベル化されて、展示されています。

Photo_6

力作が多かったため、全応募作を載せたポスターも作られました。
楽しいラベルがいっぱいです。

Photo_8

■期間限定ルクセンブルク特別メニュー
Luxembourg Café開催時の特別メニュー。
14:00からの提供。

FOOD
オニオンクリ-ムスープ リースリングの香り \300(税別)
パテ・オ・リースリング \600(税別)
ルクセンブルク グリルドソーセージホットドッグ \450(税別)
DRINK
ショコラショウ(ホットチョコレート) \500(税別)
リヴァネール(ルクセンブルクのワイン) \750(税別)
シオンビール(ルクセンブルクのビール) \800(税別)

■主なイヴェント

12月4日(月) 19:00~21:30頃
今野有子ルクセンブルク・ワインセミナー
料金:5,000円
限定20名

12月6日(水) 19:00~21:30頃 
写真家保井崇志氏ギャラリートーク
料金:2,000円
限定30名

12月7日(木) 18:30受付 19:00スタート
LIEF(ルクセンブルク情報交流フォーラム)懇親パーティー
料金:3,000円
定員40名

12月10日(日) 16:00~18:00 出入り自由
ルクセンブルクのクリスマス~聖ニコラ祭り
料金:子供\1,000円/人(ボックスメンチェン(人のかたちを模したパン)をプレゼント、大人無料

詳細は専用ホームページで
http://hamacho.jp/hamahouse/luxembourg/

***

Photo_7
Luxembourg Café (Hama House)
東京都中央区日本橋浜町3-10-6 
営業時間:平日 8:00~21:00 (L.O.20:00)、 土日祝 10:30~18:00
http://hamacho.jp/hamahouse/

| | コメント (0)

第2回 日本最大級イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」直前記者会見

Photo


2017年5月20日(土)・21日(日)、六本木ヒルズで開催される日本最大級イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」の直前記者会見が5月19日、行われました。

2016年、日本とイタリアが国交樹立150周年を記念し、開催された「イタリア・アモーレ・ミオ!」は来場者数50,000人を超えました。
今年のテーマは「Life is cool」(常に前向きなベトリーチェ・ヴィオさんの言葉)─生きる喜びと楽しさを伝えます。

●イタリアからのゲスト
アリーサ(歌手)、ベアトリーチェ・ヴィオ(フェンシング選手)、アンドレア・バッティストーニ(指揮者)、マウリツィオ・マストリーニ(ピアニスト)、ジュリア・ベルナルデッリ(アーティスト)
●日本からのゲスト
太田雄貴(フェンシング選手)、吉本ばなな(作家)、土屋アンナ(モデル・歌手・女優)、青木琢磨(プロレーサー)、Blue Tokyo(男子新体操グループ)、フィリップ・エマール(アーティスト・俳優・歌手)

イタリア・アモーレ・ミオ!
主催:在日イタリア商工会議所
【日時】2017年5月20日(土)・21日(日)、10:00~20:00
【会場】六本木ヒルズ
【料金】入場無料(一部有料)

Photo_3
在日イタリア商工会議所会頭 ウィークス藤波久仁子氏の「イタリア・アモーレ・ミオ!」の今年のテーマ「Life is cool」(ベベさんの言葉から)が来場した人々に伝わって欲しいという挨拶の後、在日イタリア大使ジョルジョ・スタラーチェ氏が在日イタリア大使館は在日イタリア商工会議所と一丸となり、これからも「ザ・ベスト・オブ・イタリー」を紹介していくとスピーチしました。
また、スポンサー代表のマセラティジャパン代表取締役社長グイド・ジョヴァネッリ氏からは、会場に2台のマセラティを展示するとの発表がありました。

Photo_4

会見には日本・イタリアの4人のゲストが登場。

アリーザ:2014年サンレモ歌謡祭優勝のイタリアを代表する歌手。
日本のアニメを見て育ったアリーザさんは初めて訪れた日本に興味津々。もんじゃ焼きは自分で作って食べることが面白い、とも。
「イタリア・アモーレ・ミオ!」ではHIllsCafeで2日間だけの限定ライブ(20日18:30~、21日18:00~)を開催。21日は土屋アンナさんとも共演。

ベアトリーチェ・ヴィオ(ベベ):リオパラリンピック車いすフェンシング フルーレカテゴリー金メダリスト。
5歳の時からフェンシングに親しんでいるベベさん。病気になったが、フェンシングが普通の生活に戻してくれる、と言います。
「Life is cool」人生のすばらしさ、かっこよさ─病気で体を失って他人からするとネガティヴな状況に見えるかもしれないが、人生はかっこよく、すばらしいもの、と言うこと。
2018年から東京パラリンピックの予選が始まるので、それを勝ち抜いて、2020年、東京へ、という決意を語ってくれました。
21日11:00~Hills Cafeで、太田雄貴氏とフェンシングの魅力について語ってくれます。

太田雄貴:北京オリンピック フェンシング フルーレカテゴリー金メダリスト。
小柄でもフェンシングで勝てる、と教えてくれたのがイタリアン・フェンシング。
リオオリンピック団体でイタリアに負けたので、イタリアを好きか嫌いかというのはよくわからないが、良きライバルであるのは確か、とか。
イタリア料理で好きなのはピザ。遠征先でみんなで食べて盛り上がります、とも。
いつも前向きなベベさんとのトークショーは21日11:00~。

土屋アンナ:日本のモデル、女優、歌手。
「私、超イタリア好き」という土屋アンナさん。
21日に共演するアリーザさんの心にしみわたるような歌声は、生で聴いて欲しいので、「ぜひ会場に来てください!」と。
また、13年前、生徒役を務めたNHKのイタリア語講座の先生役のパンツェッタ・ジローラモ氏とのトークショーが21日17:00~Hills Cafeにて開催。どんな話が飛び出すのか楽しみです。

Photo_5

| | コメント (0)

TMF 日仏シンポジウム「食を考える─パリは燃えているか、パリはまずくなったか!」

6月18日、TMF日仏メディア交流協会による、日仏シンポジウム「食を考える─パリは燃えているか、パリはまずくなったか!」が日仏会館で行われました。

******

Symposium
Paris brûle-t-il? (Paris Burning?) 
Restaurants in Parsi became worse?

by Association Franco-Japonaise pour la communication-dite TMF
June 19th  at La Maison Franco-japonaise

Tmf

日仏メディア交流協会会長の磯村尚徳氏の挨拶に続いて行われたシンポジウムに登壇したのは、学校法人 服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長の服部幸應氏、FFCC フランス料理文化センター事務局長の大沢晴美氏、「フレンチ割烹Dominique Corby(ドミニク・コルビ)」オーナーシェフのドミニク・コルビ氏、そして司会の池村俊郎氏(TMFに仏メディア交流会 副会長、元読売新聞パリ支局長。

パリのレストランの現況から、フランスの食文化を支えるシステム、フランスの食の文化戦略、そして和食にまでと幅広く話題が膨らみました。

Tmf
池村俊郎氏
パリのビストロやカフェの味は落ちてきている感じがする。
ブイヨンを自分の店で作らないところも増えてきている。
週35時間労働規制のため、手間のかかるブイヨンを作ることができなくなっているのかもしれない。
また気に入っていたビストロが店を閉めてしまったこともある。
店のオーナーの高齢化も閉店の要因のひとつのようだ。

Mr. Toshirou Ikemura─Chairperson, TMF vice-chairman

Some of bistro and cafe in Paris has bacame worse.
There are some bistros no using home-made bouillon.
Beacuse of manpower shortage.

And some bitros was closed for aging of restaurant's owners.

Tmf_2
服部幸應氏
パリのレストランは3年ぐらい沈んでいたが、最近、また燃え始めている。
若手シェフが三ツ星ではなく、上質なビストロを目指してがんばっている。
また、フランスで活躍する日本人シェフも多く、現在ミシュランシェフが21人(パリが9人)いる。
エスコフィエが作ったフランス料理メソッドがあるため、日本人でも正統フランス料理をつくることができる。
かたや和食は、店によって出汁の取り方ひとつ異なるようにメソッドが確立していない。
Sopexa(フランス食品振興会)が長年、日本にフランスの食材を紹介してきた。
日本にも外国に日本食材を正しく紹介する機関が必要。

フランスは、現在の観光客年間数7,000万人を1億人とするために、「食」を戦略的に展開している。

Mr. Yukio Hattori─Hattori Academy Chairman of Board of Directors, Hattori Nutrition College President

Restaurants in Paris became in activity again.
Now the aims of younger cooks is bistronomy chef  not three star restarutant chef.
There are 21 Japanese Michelin star chef in France (9 in Paris).
Great French chef Georges Auguste Escoffier made French cooking method in 19C.
Japanese cooks can make tratitonal French dishes by Escoffier method.

Sopexa Japon has intoroduced  French foods and drinks for a lomg time.
Japan should have  an organization which introduce Japanese foods and drinks to abord, like Sopexa.

Tmf_3
大沢晴美氏
パリでは同じレストランに行き続けているが、この3、4年、まずくなってきているところもある。
ステック・フリット(ステーキ&フリット)のフリットがジャガイモ粉を成形したものになってしまっていたりする。
やはり週35時間労働規制のための人手不足のためのようだ。

三ツ星レストランが現在、経営的には難しいので、実力ある若手シェフはガストロノミー(レストラン)ではなくビストロノミー(ビストロより現代人の二ーズにあったカジュアル・レストラン)のオーナー・シェフになることを目指す。
現在、パリのビストロノミーは20~30軒。

フランスでは3つの分野のシステムが食文化を支えている。
・食材─AOC(原産地呼称制度)
・料理の食べ手─食育
・料理の作り手─エスコフィエ・メソッドによる人材育成

Ms. Harumi Osawa─Secretary-general of French Food Culuture Center

Some bistros became use molding fried potatoes.
Working hour in a week is restricted 35 hours in France.
So manpower in restaurants is not enough.

Some rising star chefs has launched their bistronomy.
There are 20 - 30 good bistromy in Paris.

The 3 systems suport French food culuture.
・Foods and drinks─AOC
・Consumers─dietary education
・Cooks─education for cooking by Escoffier method.

Tmf_5
ドミニク・コルビ氏
35年間、フランスを料理を作り続けている。

フランスでも観光地のレストランはまずい。
パリにはおいしいレストランとまずいレストランがある。(地方はおいしいが)
京都もパリと同じで、おいしい店とまずい店がある。
観光客が多い場所では、おいしいものには当たらない。
パリでも観光客が行くような店は、自家製ではなく盛り付けるだけ。

今年3月、新宿荒木町にフレンチ割烹の店をオープン。
フランス料理と和食の大きな違いは、フランス料理ではメニューを考えてから食材を探すが、和食では食材を手に入れてからメニューを考える。

Mr. Dominique Corby─Owner and chef of French Kappou Dominique Corby

There are good restaurants and no good restaurants in Paris as same as  other sightseeing spots.

French restraunt chef prepares menus first, and secondarily materials.
Japanese restraunt chef prepares matrials first, and secondarily menus.
It is the difference of the two.




 

| | コメント (0)

パウル・クレー おわらないアトリエ

日本で人気のパウル・クレーの展覧会「パウル・クレー おわらないアトリエ」が明日から(5月31日)東京国立近代美術館で行われる、ということで内覧会に行ってきました。

530001

東日本大震災の影響で、大きな展覧会が次々と中止/延期になるなか、京都に引き続き行われる貴重な展覧会です。

パウル・クレーは日本で人気が高いため何度も展覧会が行われていますが、テーマに沿った展覧会(たとえば“子供”とか)が多いのですが、今回の展覧会はパウル・クレーの創作の実態(クレーの作品は物理的にどのように作られたのか)に迫ったものです。

ホールに不定形に組み立てられたパネルに絵が展示され、あたかも絵の森に迷い込んだような感覚に陥ります。

また、テレビ東京「美の巨人たち」7月2日放送分では、クレーの「襲われた場所」が紹介されるので楽しみです。

530002

| | コメント (0)

金子国義ラベルのワイン

1 独特の雰囲気のある絵で人気が高い金子国義さんの美術展が12月17日~24日、相模大野の伊勢丹相模原店本店6階アートギャラリーで開かれています。

17日はオープニング・パーティ。
新作の油絵などを鑑賞しながらのワインとビュッフェです。
オープニング・パーティではいつも金子先生手ずからのお料理が、先生が作った器に盛られて振舞われます。

今回は海老の料理が2種類にリエット。
少しスパイシーな海老とクルーミーなソースがからまった海老。
いずれも負けず劣らずワインにぴったり。

リエットは手作り感たっぷりの、これまたワインのおつまみ。
本物のヨーロッパの味です。

1217001 久しぶりに金子先生のイラストをあしらったワインも登場。
イタリアのヴィノ・ダ・ターヴォラですが、アルコール度11度で軽くて飲みやすいワインです。
気取りのない食事とぴったり。
これは伊勢丹相模原店のみの販売。
価格も1050円とお手頃なので、アートギャラリーで金子国義ワールドにひたって、お土産に買って帰るとおうちでも金子作品を鑑賞できるという嗜好なのです。

3 絶品のリエット→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸まつり盆おどり大会

822004_2 浜町公園で中央区最大の盆踊り「大江戸まつり盆おどり大会」が行われました。
今日は例年よりも涼しくて、これなら浴衣を着て踊ってもあまり汗をかきそうにありません。

盆踊りはパラパラみたいに同じ振りをいっせいにするためか、結構、若い人も多く踊っています。

会場近くには、中央区にある青森県や山口県、北海道などのアンテナショップや冨士河口湖町や栃木市といった友好・交流都市のテントも出ていて、地元の物産を販売しています。

822001 今年はヘブンアーティストが日本の伝統的な大道芸を披露していて楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)