旅行・地域

オーストラリア政府主催「オーストラリア now (2018年4月~11月)」開催発表!

Now_2

今のオーストラリアを紹介する政府主催のプログラム「オーストラリア now」の記者発表が3月13日、在日オーストラリア大使館で行われました。

2016年ブラジル、2017年ドイツと、毎年、ひとつの国を選んで開催される「オーストラリアnow」が今年はついに日本で!
2018年4月から11月にかけて「イノベーション」「ライフスタイル」「文化・芸術」の3つのテーマで、約40のイヴェントが行われます。

イノベーション
日豪の研究・イノベーション分野における連携の取り組みや事例を紹介する「日豪イノベーション&リサーチシンポジウム
豪国立科学技術センター(クエスタコン)による子供たちに科学の面白さや学ぶ楽しさを伝える巡回展示プログラム「サイエンス・サーカス
など
ライフスタイル
オーストラリア産のビーフまたはラムを使った料理とそれにマッチするワインを、選りすぐりのレストランで提供するキャンペーン「オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション
タッチ・フットボール普及のための専門的知識や資源を提供するタッチ・フットボール・オーストラリア(TFA)による技術向上のためのトレーニング・セッション「日豪タッチフットボール交流
など
文化・芸術
オーストラリア・クラシック界を代表するオーストラリア室内管弦楽団のコンサート「ACO特別公演 Australia now 2018
アボリジニ&トレス海峡諸島民により独自のダンスシーンを展開しているダンスカンパニー「バンガラ・ダンス・シアター」の公演「I.B.I.S. / Spirit 2018
など

その他のプログラム・詳細は専用ホームページで見ることができます。https://australianow2018.com/program

「オーストラリア now」親善大使
「オーストラリアnow」の親善大使として、日本とオーストラリアの両国に深いゆかりのある俳優の柴俊夫さん、女優の真野響子さん、俳優の別所哲也さん、ラジオDJ クリス・グレンさん、エッセイストの小島慶子さん、アーティストのサラ・オレインさんの6人が任命されました。

Now_3
左から、プラチナパートナー/リオ・ティント・ジャパン代表取締役社長 山地昇氏、ジョー 駐日大使夫人、オージーくん(オージー・ビーフのステーキマイスター)、「オーストラリアnow」親善大使サラ・オレインさん、リチャード・コート駐日大使、プラチナパートナー/ウッドサイド・ジャパン カントリー・マネージャー ジョージ・キルボイ氏。

記者発表後のネットワーキングでは

Now_4
オーストラリアのドリンク

Now_5
オーストラリアの食材を使ったフードがふるまわれました。

Now_6
FOODEX JAPAN 2018でも人気のオーストラリアチーズには注目!

| | コメント (0)

トスカーナ州モンテプルチャーノ市長らによるワイン&観光プレゼンテーション「ヴァルディキャーナ・セネーゼの魅力」

2月27日、在日イタリア商工会議所で、イタリア・トスカナーナ州シエナ県のモンテプルチャーノ市長自らが行うワイン&観光プレゼンテーション「ヴァルディキャーナ・セネーゼの魅力」が行われました。

Photo_8
写真右;モンテプルチャーノ市長Andrea Rossi氏、左;Strada del Vino NobileのP. Bombagli女史。

「今、トスカーナのヴァルディキャーナ・セネーゼに居て、皆さんをお迎えしている気持ちになっています」というRossi氏の挨拶でプレゼンテーションが始まりました。

Photo_4

ブドウ畑が広がる丘陵地帯、エトルリアに起源を発する歴史ある小さな町、ルネサンス期の建築物・・・そんな風景と伝統的食文化が交わる中部イタリアに位置するシエナ。シエナ県内には35のコムーネがありますが、キュージやモンテプルチャーノなどを合わせた10のコムーネ(村)はまとめてヴァルディキャーナ・セネーゼ(Valdichiana Senese)と呼ばれています。

シエナの南にあるヴァルディキャーナ・セネーゼにはシエナから車で1時間、フィレンツェからも同じく車で1時間、ローマからは2時間で行くことがきます。
電車ではローマから一日2便出ている急行がヴァルディキャーナ・セネーゼの中心Chiusi駅に停車します。

通常は村の団体が直接、海外でプロモーション&プレゼンテーションを行うことは許されていないのですが、ヴァルディキャーナ・セネーゼは観光地域としてとても重要な地域なので特別に許可されているということです。

Photo_3

ヴァルディキャーナ・セネーゼの特徴はなんといっても、もっともトスカーナらしい田園風景。
他にはないトスカーナ流のライフスタイルが楽しめます。

源泉を34持つスパ。
ウォーキングやサイクリング、乗馬、森の中でのアーチェリーなどのアクティヴスポーツ。
エトルリア文明の遺物を収めた考古学博物館、ロマネスク様式の協会などの歴史的建造物。
そして、ワイン、甘口のワインヴ・ヴィンサント、チーズ、オリーヴオイル、フィレンツェ名物ステーキに使われるキエナ牛、恐ろしい顔をした原種に近いチンタ・セネーゼ豚など美食の宝庫。
クラシックコンサートや伝統行事などのイヴェント。
もちろん宿泊施設も充実。ラグジュアリーな歴史的レジデンス、快適なホテル、別荘気分が味わえるホリデイ・ホーム、農家宿泊が体験できるファームハウスなど種類も豊富。

映画化もされたベストセラー小説「トスカーナの休日」で世界中の人が憧れたトスカーナの世界がヴァルディキャーナ・セネーゼで体験できます。

なお、3月1日には大阪でも同様のプレゼンテーションが行われます。

*** Photo_7

ヴァルディキャーナ(Valdichiana)とヴァルドルチャ(Val d'Orcia)を見下ろす山の上に位置し、城壁に囲まれた典型的な中部イタリアの町、モンテプルチャーノはエトルリア時代から、長熟型の銘酒ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノを産み出してきました。
サンジョヴェーゼ主体のヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノの名声は昔から高く、1966年にイタリア初のDOCに、1983年に最初のDOCGワインの一つとなりました。
現在、80のワイナリーがあります。

🍷カルピネート / ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ・リゼルヴァ 2011
Carpineto / Vino Nobile di Montepulciano
ブラックチェリーや黒スグリ、リゼルヴァらしいレザーやタールなどの複雑な味わい。

輸入元:オエノングループ/合同酒精株式会社
写真右

🍷クロチアーニ / ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ 2013
Crociani  / Vino Nobile di Montepulciano
輸入元:ワインウェイヴ株式会社
サンジョーヴェに特徴的なスミレの香り、ブルベリー、ラズベリーのニュアンスに細かなタンニン。
写真左

| | コメント (0)

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン!

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」がHama House(ハマハウス/日本橋浜町)に期間限定(2017年11月27日~12月17日)でオープン中!

今年は日本ルクセンブルク外交関係樹立90周年に当たり、国家元首であるアンリ大公と長女のアレクサンドラ王女が国賓として来日。
この関連事業として、日本で初となる「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」開催が実現しました。

Photo_2

11月27日のオープンには、ルクセンブルク大公国副首相兼経済大臣、公安大臣、防衛大臣であるエティエンヌ・シュナイダー氏が来賓として出席。
「この3週間で、ルクセンブルグの文化、習慣、伝統を知って欲しい」とスピーチ。

また、ルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史からは
「このカフェでは、ルクセンブルクの生活が体験していただけるでしょう。
そして、ぜひルクセンブルクに来ていただきたいのです。
決して後悔はさせません」
とルクセンブルク観光がアピールされました。

photo:ルクセンブルク大公国副首相エティエンヌ・シュナイダー氏(写真左)とルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史(写真右)。

***

レセプション・パーティではルクセンブルク料理に

Photo_3
ルクセンブルクのワインやビールが
Photo_4
ふるまわれました。

Photo

店内には、ルクセンブルクの本やお菓子が。

Photo_5

「日本ルクセンブルク国交樹立90周年記念 ルクセンブルクワイン・ラベルデザインコンテスト」(ルクセンブルク貿易投資事務所、デシーマジャパン株式会社主催)での優秀作品がラベル化されて、展示されています。

Photo_6

力作が多かったため、全応募作を載せたポスターも作られました。
楽しいラベルがいっぱいです。

Photo_8

■期間限定ルクセンブルク特別メニュー
Luxembourg Café開催時の特別メニュー。
14:00からの提供。

FOOD
オニオンクリ-ムスープ リースリングの香り \300(税別)
パテ・オ・リースリング \600(税別)
ルクセンブルク グリルドソーセージホットドッグ \450(税別)
DRINK
ショコラショウ(ホットチョコレート) \500(税別)
リヴァネール(ルクセンブルクのワイン) \750(税別)
シオンビール(ルクセンブルクのビール) \800(税別)

■主なイヴェント

12月4日(月) 19:00~21:30頃
今野有子ルクセンブルク・ワインセミナー
料金:5,000円
限定20名

12月6日(水) 19:00~21:30頃 
写真家保井崇志氏ギャラリートーク
料金:2,000円
限定30名

12月7日(木) 18:30受付 19:00スタート
LIEF(ルクセンブルク情報交流フォーラム)懇親パーティー
料金:3,000円
定員40名

12月10日(日) 16:00~18:00 出入り自由
ルクセンブルクのクリスマス~聖ニコラ祭り
料金:子供\1,000円/人(ボックスメンチェン(人のかたちを模したパン)をプレゼント、大人無料

詳細は専用ホームページで
http://hamacho.jp/hamahouse/luxembourg/

***

Photo_7
Luxembourg Café (Hama House)
東京都中央区日本橋浜町3-10-6 
営業時間:平日 8:00~21:00 (L.O.20:00)、 土日祝 10:30~18:00
http://hamacho.jp/hamahouse/

| | コメント (0)

マルスワイン祭り2016

山梨県石和町の山梨マルスワイナリーで、5月3日(火・祝日)、4日(水・祝日)、マルスワイン祭り2016が開催されます。

2015

人気のワイン試飲コーナー 昨年(2015年)の様子。
蔵出しワイン、そのまま蔵出しにごりワイン、あなたの生まれた年のワイン、日本ワインコンクール受賞ワインなどが試飲できます。

グルメ屋台
地元山梨の飲食店の、ワインにぴったりのおつまみや料理が味わえるグルメ屋台。

大人も子供も楽しめる恒例の「ぶどう飛ばし大会」
口に含んだデラウェアの実を、一番遠くまで飛ばした人が勝ち。
豪華景品をゲットできます。

マルス de ききワイン大会
要望に応え復活しました。

チーズ&ワインセミナー
料金:一人500円
古酒ワインなど貴重なワインを使ったセミナー。

他にも楽しいイヴェントがもりだくさん。
今年のGWもマルス祭りへGO!

2015_2

マルスワイン祭り2016
日時:5月2日(プレオープンのため、グルメ屋台とステージイベントは無し)、3日、4日。
    10時~17時
       少雨決行。
場所:本坊酒造株式会社 山梨マルスワイナリー
        山梨県笛吹市石和町山崎126

5月3日と4日のみ、石和駅/石和温泉駅との間でシャトルワゴン(無料)を運行。

チラシはこちら
http://www.hombo.co.jp/img/news/marswinefestival2016.pdf

*********

Mars Winery Wine Festival 2016

Mars Winery Wine Festival 2016 will be held on 3ed and 4th May.
Mars Winery is one of the most famous winery in Japan.
Mars Winery Wine Festival is held every year.
Wine tasting, wine and cheese seminar, and more events.
There are plenty of good wines and foods.

Venue; Mars Winery  Yamazaki 126, Isawachou, Fuefuki-shi, Yamanashi Prefecture.
Date and tme; 10:00 - 17:00 on 3ed and 4th May 2016.

| | コメント (0)

山形 ホテルキャッスルのワイナリーツアー・プラン

JR山形駅から徒歩7分というところにあるホテルキャッスルが期間限定(11月30日まで)で、「上山のワイナリーを巡るワイナリーツアー宿泊プラン」を発売しています。

ワイナリーツアーでいつも問題になるのが、交通手段。
ワイナリーは畑のあるところに多く、交通不便なところが多く、自動車で行くしかないところが多いのですが、ワイナりーでは当然、ワイン・テイスティングすることになってしまいます。
そこで、タクシーとかになってしまうのが結構、タクシー代がかかってしまったりして…。

ホテルキャッスルの「上山のワイナリーを巡るワイナリーツアー宿泊プラン」では、2つのワイナリー(タケダワイナリー、蔵王ウッディファーム)への送迎つきです。
2食つきなのですが、夕食は洋食レストラン(イタリアン・カフェダイニング「Patio」)か中華レストラン(クラシック&モダンの「櫻果林」)で、ワイナりーで購入したワインを無料で持ち込むことができます。
料理はシェフがワインに合わせてつくったコースメニュー「ワインペアリングディナー」。
山形牛や庄内浜の魚介を贅沢に使ったお料理が味わえます。
ワイン持ち込み無料は嬉しいです。
やはり買ったワインはすぐに飲んでみたいですからね。

2軒のワイナリーも、日本を代表する老舗ワイナリー「タケダワイナリー」と、2013年開業の「蔵王ウッディファーム」(ワイン販売開始は、なんと2014年11月10日!)というまったく違ったタイプのワイナリーというもの興味をそそられます。

部屋はプレミアムツインかエグゼクティブツイン、1室2名で一人21,000円から。
ゆったりと、贅沢なワイナリーツアーを愉しんでみませんか?
詳細はキャッスルホテルのサイトで。

| | コメント (0)

ゲートブリッジ

若洲の先から、防波堤埋立に架けられたのが、「ゲートブリッジ」別名「恐竜橋」。
恐竜が2匹向き合っているように見えるところから呼ばれているらしい。
2011年内に完成予定で、道路は無料。
橋のたもとにあるエレベーターで上にあがって、歩いて渡れることになるらしいです。

418

| | コメント (0)

りんりんロード

ヨーロッパなどと違い、自転車専用道路があまり整備されていない日本で、比較的東京に近い、本格的自転車専用道路が「りんりんロード(正式名:岩瀬土浦自転車道」。
常磐線の土浦と水戸線の岩瀬を結んでいた、旧筑波鉄道跡に造られたため、高低差が少なく、またカーヴも少ない道路です。

ますは秋葉原から筑波エクスプレスに乗り、つくば駅を目指します。
一番、後ろの車両に乗っていたため、あまり気がつかなかったけれども、終点のつくば駅に降りると、山ガールがたくさん(自転車他には居ず)。
中吊り広告で、「パワースポット筑波山」なんてものがあったので、やはりそういう方々が多いようです。
駅前で自転車を組み立てて、土浦に向かいます。
つくばから藤沢休憩所に行く方が早いらしいのですが、初めて走る道路なので、やはり出発点からということで、土浦に向かいます。
人工的なつくばの街からひとつ峠を越えて、土浦へ。
少し迷いかけたものの、無事、りんりんロードへ入りました。
これからはどんどん北へ向かっていくだけ。
微妙な追い風です。
ところどころに、昔の駅が休憩所として整備されています。

921001

筑波山をずっと見ながら走り続けます。

921

真夏はちょっと暑そうな道(けっこう草が伸びている場所あり)な道ですが、初秋に走るには快適です。
ヒルクライムへのアプローチに使っているローディとか、土浦-岩瀬走破のミニベロとか、地元のママチャリとか。
でも、みんなゆとりを持って走っています。
おだやかな道の雰囲気がそうさせるのでしょうか。

921_2

40km走って、終点の岩瀬につきました。
ここが記念撮影のスポットで、到着したサイクリストたちが次々と愛車をカメラに収めていました。

| | コメント (0)

千葉サイクリング

千葉の佐倉へ。
印旛沼を回って、利根川へ出ます。

ふるさと広場の風車はサイクリストにとってはおなじみのランドマーク。
青い空がこれからの暑さを予感させます。

831

印旛沼は西印旛沼と北印旛沼に分かれていて、水路で繋がっています。
その水路沿いの道の岸壁にナウマン象の化石が発見された場所があるのですが、なんと、崩落が!
通行止めです。
そこで、いつも下から見上げていた橋を渡ることに。

831_2

なかなかの眺めですが、檄坂を登り下りして、えらい目にあってしまいました。
どんどん利根川を目指します。
利根川のサイクリング・ロードは単調。
途中で、下の道路に降りて、古い街道のような道を佐原を目指します。

831_3

東京では見かけることのない青ガエル。
コンビニのガラス窓にいました。
置物みたいです。

しかし、どんどん時間は経つし、お腹は空くしで、下総神崎のあたりでお昼ご飯して、利根川を渡って、霞ヶ浦を目指します。
適度なアップダウンがあり、霞ヶ浦に出ると、気持ち、涼しい風が。
水の上を渡ってくる風が心地良いです。
今度は土浦を目指します。

831

途中の田んぼは黄金色。
収穫の始まっているところもあります。

そしてたどり着いたのが、霞ヶ浦総合公園にある国民宿舎水郷。
温泉です!
そして、なぜかここにも風車が。

831_4

ほっこりしてから、土浦の駅にたどり着き、反省会。
本日、75キロの走行でした。
暑い中、こんなものです。

| | コメント (0)

荒川ロックゲート

320_2 荒川サイクリングロードを大島小松川公園から少し河口に下ったところにある荒川ロックゲート。
かなり大きいです。
これは水面差が最大3.1mある中川と荒川を繋げて、船を航行させることができる設備です。
防災用に作られたものです。
船が早く通れるように、日本最速のゲート開閉速度になっているようです。

320_3 実はこのロックゲートの裏側(船が通るところ)に入って見学することができます。
日曜・祝日以外は8:45~16:30、開放されているのです。
周りには風力発電の装置があり、あまりお目にかかれないSF的な光景であります。

320_4 近くの公園「希望の丘」には、古いロックゲートがあります。
レンガ造りでいかにも古色蒼然。
でも、なとなくシンデレラ城に似ている気も…

| | コメント (0)

一之江名主屋敷

225 東京都指定旧跡の江戸川区にある、都営新宿線から徒歩15分の一之江名主屋敷。
重厚な萱葺き屋根が、ここが23区内とは思えません。

江戸時代、新田開発した田島家の屋敷です。
建物の中に入ることもできます。
土間にはかまどがあり、野太い大黒柱が立っています。
大黒柱という意味が本当に分かる、とても太い柱です。
土間に面した板の間には囲炉裏が切られ、天井は煤で黒くつや光をしています。

225_4 裏庭の部屋の方には濡れ縁があり、温かい日差しの中、ほけらっ、としていたい気分。

225_5 草木に囲まれ、井戸のポンプもあります。

協力維持費100円で、素敵なひと時が過せます。
まさに大人の隠れ家的な場所です。

| | コメント (0)