旅行・地域

オーストラリア政府主催「オーストラリア now (2018年4月~11月)」開催発表!

Now_2

今のオーストラリアを紹介する政府主催のプログラム「オーストラリア now」の記者発表が3月13日、在日オーストラリア大使館で行われました。

2016年ブラジル、2017年ドイツと、毎年、ひとつの国を選んで開催される「オーストラリアnow」が今年はついに日本で!
2018年4月から11月にかけて「イノベーション」「ライフスタイル」「文化・芸術」の3つのテーマで、約40のイヴェントが行われます。

イノベーション
日豪の研究・イノベーション分野における連携の取り組みや事例を紹介する「日豪イノベーション&リサーチシンポジウム
豪国立科学技術センター(クエスタコン)による子供たちに科学の面白さや学ぶ楽しさを伝える巡回展示プログラム「サイエンス・サーカス
など
ライフスタイル
オーストラリア産のビーフまたはラムを使った料理とそれにマッチするワインを、選りすぐりのレストランで提供するキャンペーン「オージービーフ・ラム&オーストラリアワインセールスプロモーション
タッチ・フットボール普及のための専門的知識や資源を提供するタッチ・フットボール・オーストラリア(TFA)による技術向上のためのトレーニング・セッション「日豪タッチフットボール交流
など
文化・芸術
オーストラリア・クラシック界を代表するオーストラリア室内管弦楽団のコンサート「ACO特別公演 Australia now 2018
アボリジニ&トレス海峡諸島民により独自のダンスシーンを展開しているダンスカンパニー「バンガラ・ダンス・シアター」の公演「I.B.I.S. / Spirit 2018
など

その他のプログラム・詳細は専用ホームページで見ることができます。https://australianow2018.com/program

「オーストラリア now」親善大使
「オーストラリアnow」の親善大使として、日本とオーストラリアの両国に深いゆかりのある俳優の柴俊夫さん、女優の真野響子さん、俳優の別所哲也さん、ラジオDJ クリス・グレンさん、エッセイストの小島慶子さん、アーティストのサラ・オレインさんの6人が任命されました。

Now_3
左から、プラチナパートナー/リオ・ティント・ジャパン代表取締役社長 山地昇氏、ジョー 駐日大使夫人、オージーくん(オージー・ビーフのステーキマイスター)、「オーストラリアnow」親善大使サラ・オレインさん、リチャード・コート駐日大使、プラチナパートナー/ウッドサイド・ジャパン カントリー・マネージャー ジョージ・キルボイ氏。

記者発表後のネットワーキングでは

Now_4
オーストラリアのドリンク

Now_5
オーストラリアの食材を使ったフードがふるまわれました。

Now_6
FOODEX JAPAN 2018でも人気のオーストラリアチーズには注目!

| | コメント (0)

トスカーナ州モンテプルチャーノ市長らによるワイン&観光プレゼンテーション「ヴァルディキャーナ・セネーゼの魅力」

2月27日、在日イタリア商工会議所で、イタリア・トスカナーナ州シエナ県のモンテプルチャーノ市長自らが行うワイン&観光プレゼンテーション「ヴァルディキャーナ・セネーゼの魅力」が行われました。

Photo_8
写真右;モンテプルチャーノ市長Andrea Rossi氏、左;Strada del Vino NobileのP. Bombagli女史。

「今、トスカーナのヴァルディキャーナ・セネーゼに居て、皆さんをお迎えしている気持ちになっています」というRossi氏の挨拶でプレゼンテーションが始まりました。

Photo_4

ブドウ畑が広がる丘陵地帯、エトルリアに起源を発する歴史ある小さな町、ルネサンス期の建築物・・・そんな風景と伝統的食文化が交わる中部イタリアに位置するシエナ。シエナ県内には35のコムーネがありますが、キュージやモンテプルチャーノなどを合わせた10のコムーネ(村)はまとめてヴァルディキャーナ・セネーゼ(Valdichiana Senese)と呼ばれています。

シエナの南にあるヴァルディキャーナ・セネーゼにはシエナから車で1時間、フィレンツェからも同じく車で1時間、ローマからは2時間で行くことがきます。
電車ではローマから一日2便出ている急行がヴァルディキャーナ・セネーゼの中心Chiusi駅に停車します。

通常は村の団体が直接、海外でプロモーション&プレゼンテーションを行うことは許されていないのですが、ヴァルディキャーナ・セネーゼは観光地域としてとても重要な地域なので特別に許可されているということです。

Photo_3

ヴァルディキャーナ・セネーゼの特徴はなんといっても、もっともトスカーナらしい田園風景。
他にはないトスカーナ流のライフスタイルが楽しめます。

源泉を34持つスパ。
ウォーキングやサイクリング、乗馬、森の中でのアーチェリーなどのアクティヴスポーツ。
エトルリア文明の遺物を収めた考古学博物館、ロマネスク様式の協会などの歴史的建造物。
そして、ワイン、甘口のワインヴ・ヴィンサント、チーズ、オリーヴオイル、フィレンツェ名物ステーキに使われるキエナ牛、恐ろしい顔をした原種に近いチンタ・セネーゼ豚など美食の宝庫。
クラシックコンサートや伝統行事などのイヴェント。
もちろん宿泊施設も充実。ラグジュアリーな歴史的レジデンス、快適なホテル、別荘気分が味わえるホリデイ・ホーム、農家宿泊が体験できるファームハウスなど種類も豊富。

映画化もされたベストセラー小説「トスカーナの休日」で世界中の人が憧れたトスカーナの世界がヴァルディキャーナ・セネーゼで体験できます。

なお、3月1日には大阪でも同様のプレゼンテーションが行われます。

*** Photo_7

ヴァルディキャーナ(Valdichiana)とヴァルドルチャ(Val d'Orcia)を見下ろす山の上に位置し、城壁に囲まれた典型的な中部イタリアの町、モンテプルチャーノはエトルリア時代から、長熟型の銘酒ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノを産み出してきました。
サンジョヴェーゼ主体のヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノの名声は昔から高く、1966年にイタリア初のDOCに、1983年に最初のDOCGワインの一つとなりました。
現在、80のワイナリーがあります。

🍷カルピネート / ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ・リゼルヴァ 2011
Carpineto / Vino Nobile di Montepulciano
ブラックチェリーや黒スグリ、リゼルヴァらしいレザーやタールなどの複雑な味わい。

輸入元:オエノングループ/合同酒精株式会社
写真右

🍷クロチアーニ / ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ 2013
Crociani  / Vino Nobile di Montepulciano
輸入元:ワインウェイヴ株式会社
サンジョーヴェに特徴的なスミレの香り、ブルベリー、ラズベリーのニュアンスに細かなタンニン。
写真左

| | コメント (0)

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café」が期間限定でオープン!

日本初のルクセンブルク政府公認「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」がHama House(ハマハウス/日本橋浜町)に期間限定(2017年11月27日~12月17日)でオープン中!

今年は日本ルクセンブルク外交関係樹立90周年に当たり、国家元首であるアンリ大公と長女のアレクサンドラ王女が国賓として来日。
この関連事業として、日本で初となる「Luxembourg Café (ルクセンブルク・カフェ)」開催が実現しました。

Photo_2

11月27日のオープンには、ルクセンブルク大公国副首相兼経済大臣、公安大臣、防衛大臣であるエティエンヌ・シュナイダー氏が来賓として出席。
「この3週間で、ルクセンブルグの文化、習慣、伝統を知って欲しい」とスピーチ。

また、ルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史からは
「このカフェでは、ルクセンブルクの生活が体験していただけるでしょう。
そして、ぜひルクセンブルクに来ていただきたいのです。
決して後悔はさせません」
とルクセンブルク観光がアピールされました。

photo:ルクセンブルク大公国副首相エティエンヌ・シュナイダー氏(写真左)とルクセンブルク・フォー・ツーリズム局長アンヌ・ホフマン女史(写真右)。

***

レセプション・パーティではルクセンブルク料理に

Photo_3
ルクセンブルクのワインやビールが
Photo_4
ふるまわれました。

Photo

店内には、ルクセンブルクの本やお菓子が。

Photo_5

「日本ルクセンブルク国交樹立90周年記念 ルクセンブルクワイン・ラベルデザインコンテスト」(ルクセンブルク貿易投資事務所、デシーマジャパン株式会社主催)での優秀作品がラベル化されて、展示されています。

Photo_6

力作が多かったため、全応募作を載せたポスターも作られました。
楽しいラベルがいっぱいです。

Photo_8

■期間限定ルクセンブルク特別メニュー
Luxembourg Café開催時の特別メニュー。
14:00からの提供。

FOOD
オニオンクリ-ムスープ リースリングの香り \300(税別)
パテ・オ・リースリング \600(税別)
ルクセンブルク グリルドソーセージホットドッグ \450(税別)
DRINK
ショコラショウ(ホットチョコレート) \500(税別)
リヴァネール(ルクセンブルクのワイン) \750(税別)
シオンビール(ルクセンブルクのビール) \800(税別)

■主なイヴェント

12月4日(月) 19:00~21:30頃
今野有子ルクセンブルク・ワインセミナー
料金:5,000円
限定20名

12月6日(水) 19:00~21:30頃 
写真家保井崇志氏ギャラリートーク
料金:2,000円
限定30名

12月7日(木) 18:30受付 19:00スタート
LIEF(ルクセンブルク情報交流フォーラム)懇親パーティー
料金:3,000円
定員40名

12月10日(日) 16:00~18:00 出入り自由
ルクセンブルクのクリスマス~聖ニコラ祭り
料金:子供\1,000円/人(ボックスメンチェン(人のかたちを模したパン)をプレゼント、大人無料

詳細は専用ホームページで
http://hamacho.jp/hamahouse/luxembourg/

***

Photo_7
Luxembourg Café (Hama House)
東京都中央区日本橋浜町3-10-6 
営業時間:平日 8:00~21:00 (L.O.20:00)、 土日祝 10:30~18:00
http://hamacho.jp/hamahouse/

| | コメント (0)

山形 ホテルキャッスルのワイナリーツアー・プラン

JR山形駅から徒歩7分というところにあるホテルキャッスルが期間限定(11月30日まで)で、「上山のワイナリーを巡るワイナリーツアー宿泊プラン」を発売しています。

ワイナリーツアーでいつも問題になるのが、交通手段。
ワイナリーは畑のあるところに多く、交通不便なところが多く、自動車で行くしかないところが多いのですが、ワイナりーでは当然、ワイン・テイスティングすることになってしまいます。
そこで、タクシーとかになってしまうのが結構、タクシー代がかかってしまったりして…。

ホテルキャッスルの「上山のワイナリーを巡るワイナリーツアー宿泊プラン」では、2つのワイナリー(タケダワイナリー、蔵王ウッディファーム)への送迎つきです。
2食つきなのですが、夕食は洋食レストラン(イタリアン・カフェダイニング「Patio」)か中華レストラン(クラシック&モダンの「櫻果林」)で、ワイナりーで購入したワインを無料で持ち込むことができます。
料理はシェフがワインに合わせてつくったコースメニュー「ワインペアリングディナー」。
山形牛や庄内浜の魚介を贅沢に使ったお料理が味わえます。
ワイン持ち込み無料は嬉しいです。
やはり買ったワインはすぐに飲んでみたいですからね。

2軒のワイナリーも、日本を代表する老舗ワイナリー「タケダワイナリー」と、2013年開業の「蔵王ウッディファーム」(ワイン販売開始は、なんと2014年11月10日!)というまったく違ったタイプのワイナリーというもの興味をそそられます。

部屋はプレミアムツインかエグゼクティブツイン、1室2名で一人21,000円から。
ゆったりと、贅沢なワイナリーツアーを愉しんでみませんか?
詳細はキャッスルホテルのサイトで。

| | コメント (0)

一之江名主屋敷

225 東京都指定旧跡の江戸川区にある、都営新宿線から徒歩15分の一之江名主屋敷。
重厚な萱葺き屋根が、ここが23区内とは思えません。

江戸時代、新田開発した田島家の屋敷です。
建物の中に入ることもできます。
土間にはかまどがあり、野太い大黒柱が立っています。
大黒柱という意味が本当に分かる、とても太い柱です。
土間に面した板の間には囲炉裏が切られ、天井は煤で黒くつや光をしています。

225_4 裏庭の部屋の方には濡れ縁があり、温かい日差しの中、ほけらっ、としていたい気分。

225_5 草木に囲まれ、井戸のポンプもあります。

協力維持費100円で、素敵なひと時が過せます。
まさに大人の隠れ家的な場所です。

| | コメント (0)

谷津干潟でちょっと休憩

1014002 気候も秋らしくなって、自転車には最適の時期になりました。
そこで、南船橋まで自転車でお出かけ。

荒川サイクリングを少し走り、葛西臨海公園に行くと、ローディがあちこちに。
これから荒サイか江戸サイに行くのでしょう。
海を見ながら公園内を走り、自動車には便利だけれども、自転車と歩行者には優しくない(なぜか千葉に入ると歩道の途切れているところあり)湾岸道路を通り、南船橋へ。

ららぽーとは人だらけ。
サイクルショップの前に置いてある客の自転車はピカピカの新しい高そうなロード・バイク。
やはりにわかローディは増えています。

お昼なので、谷津干潟のベンチでお弁当(298円の寿司弁当。安い!)。
バードウォッチングの人もかなりいました。
谷津干潟の周りを走るのも気持ちが良いのですが、自転車立ち入り禁止の路が多いのに、駐輪ラックなどは無く、ちょっと不親切。
自転車乗り入れ禁止なら、駐輪ラックぐらいは置いて欲しいです。
自動車の駐車場は広くて立派なのに…

今度はどこに遠出(と言っても片道50キロぐらいまで)にしようかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で横浜ベイサイドマリーナへ

96002 横浜のGreen StyleでMarinのミニベロをレンタル(3時間以内なら1000円)してアウトレットのある横浜ベイサイドマリーナへ。
自転車こぎこぎ、マリーナに面したカフェで一休み。
数年ぶりのクリームソーダなんかを飲んでしまいました。

それなりの自転車に乗ったローディたちも何人かいます。
坂があまりないので、ロードスポーツの自転車なら、横浜に住んでいる人なら簡単に来れるし、自転車をマリーナの止めて、さりげなく自慢できるので人気のスポットのようです。

96行きは1時間15分かかったのに、ほぼ同じルートなのに帰りは50分弱。
やはりレンタサイクルなので、慣れるまでに少々時間がかかり、行きの方が時間がかかってしまったよう。

しかし、変速機付きとはいえ、ミニベロはタイヤが太いので、路面抵抗はかなりなもの。
トレーニング、という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野鳥の森

615 お天気が良いけれども、湿度が低く、自転車に乗るのには最適な日です。
そこで、千葉の「野鳥の森」までひとっ走り。

結構、森は深いのですが、あまり野鳥の姿は見えません。当たりまえか…。
でも、緑が多くて、気持ちが良いです。

途中の浦安では夏祭り。
お神輿が出て、街中を練り歩いていました。

615_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館のB級グルメ

46 函館と言えば、有名なのが朝市。
JR函館駅のすぐそば、という分かりやすさのため、シーズンには観光客がとても多そうです。

おばさんの呼び込み誘われ、回転寿司の「回転すし新村」へ。
お午前なので、客はほとんどいない状態。
そのため、回転しているベルトの上には見本用の写真があるのみ。
お店の人の、本日のおすすめに従い、今しか食べられない活きぼたん海老の握りと活きイカの刺身を注文しました。
ぼたん海老は大きい! そして海老特有の甘みが!!
イカの刺身は、醤油をけると足がぴくぴく動きます。
身は本当に透明できれい。
函館に来てよかったなあ、と実感したのです。

46_4 そして電車の中で食べるお弁当をハセガワストアで購入。
ベイイエリア店の正面はかなりインパクトがあります。
店に入ると、函館出身のGLAYの好物としてもよく知られているためか、若いお客さんが多いです。
オーダーを受けてから作ってくれるシステム。
塩がタレをチョイスできる味つけは、今回は塩で。
「やきとり弁当」というのに、なぜか焼きトンなのは、道南では焼き鳥は焼きトンという常識のため…!
焼きトンの下に海苔が敷かれて、ご飯には塩コショウがきいています。
こういったものはビールにとっても合うのです。
おつまみ感覚で、おいしい。

46_5そこで、ビールはサッポロクラシックの青函トンネル開通20周年記念の特別缶。
スーパー白鳥のイラストがついています。
ローカルなお弁当に、電車イラストのビール。
46_6 旅ならではですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏磐梯の猫魔ホテルで温泉、美食、雪遊び

121_2 昨年は雪不足のため断念したスキーですが、一度、夏に行ったことのある裏磐梯の猫魔ホテルへ今年から東京から直通バスが出ているということなので行ってきました。

朝、8時に東京駅を出発。
予定通り午後1時過ぎに猫魔ホテル着。
さっそくチェックインして、部屋へ。
広さは十分(36.6㎡)で、綺麗。
一泊二日の予定なので、さっそく着替えて猫魔スキー場へ。
じつはこのホテルからは3つのスキー場(猫魔スキー場、グランデコ、裏磐梯スキー場)へアクセス可能。
どこへ行こうか迷っていたのですが、猫魔スキー場はバスを出してくれるというので、猫魔スキー場へGO!

久しぶりのスキーなのですべりはなにかぎこちない感じ。
天気は曇りで、風も時々強いので、「子供の日」にもかかわらず、リフト待ちもなく何本かすべり、写真や動画をとってとりあえず満足。

夜は和食を選択。
地のものの野菜がおいしいメニューです。
地元のブランド豚を使った陶板焼きは、野菜の甘みが絶妙。
最後のご飯は会津のコシヒカリで粒が立っています。
野菜だけでなく、お造りのサーモンも余分ば脂がなくて今まで食べたことのない俊逸もの。
お酒は当然、日本酒。地酒を燗にしていただきました。
量も質も大満足!!!

温泉は鉄分を多く含んだ茶色の源泉かけ流し。
ほどよい温度のお湯にゆったりと浸かります。
露天風呂からは凍結した桧原湖が望めます。
スチーム・サウナもあって、スキーで凍えた身体が温まります。

121_3 朝ご飯はバイキングですが、とにかく種類が多い!
やはり野菜を使った料理や、地元の卵を使った温泉卵が良いです。
朝からこんなに食べちゃっていいの?という感じで、ついいろいろと食べてしまいます。

裏磐梯はネイチャー・ツァーもあって、せっかくなので磐梯スキー場の上方のガイド付きスノーシュー・トレッキングに参加。
リフトを乗り継いで、銅沼まで行きます。
お天気は快晴&無風で、絶好のトレッキング日和。
ガイドさんの枯れた木についている実は何の実とか、この足跡はウサギのもの、など説明を受けながら、歩いていきます。
凍結している銅沼の上を歩いていくと、磐梯山の横から、蒸気が噴出しているのが見え、この山はいまだ活動している、ということを実感させられます。

ホテルへ戻り、お風呂の後、ランチ。
平日限定の「パワー丼」をオーダー。
これがじつにボリューム満点。
ご飯の上に豚肉・野菜炒めが乗っているものなのですが、とにかくすごい量。
サービスの人が「多く見えますが、野菜ですから」。
でも、やっぱり多い。
ところがやはり野菜がおいしいせいか、なんと完食!
スープ、サラダ、コ^ヒーがついて980円はお値打ちです。

スキー場へのバスが意外と多くアクセスが良いし、温泉と食事は大満足。
スキー以外にもいろいろと楽しめるので今度は二泊三日で行きたいところです。

121_4 ホテルから眺めることができる桧原湖ではわかさぎ釣りもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧