書籍・雑誌

カズオ・イシグロ講演会

昨晩、イイノホールまで「第19回 ハヤカワ国際フォーラム カズオ・イシグロ講演会」に行ってきました。

Photo
数十年ぶりに訪れたイイノホールはすっかり立派になっていました。
確か落語の会に訪れたのが最後。

いつも思うのは、海外作家は自分自身をプレゼンするため、格好良い人が多いです。
カズオ・イシグロ氏もインテリジェンスを漂わせて素敵。
イシグロ人気を反映して、500人収容のホールは満席。

第一部はカズオ・イシグロ氏と女優の杏さん、それに司会として文芸評論家の市川真人氏。
今まで発表されたイシグロ作品について語られました。
イシグロ作品のすべての作品は「記憶」というキーワードで展開されているのが主な内容。
また、映像化や演劇化の多いイシグロ作品ですが、イシグロ氏は「小説とそれ以外の芸術作品では表現できるものが違うので、小説と異なる部分があっても認める」、と他のアーティストへのリスペクトぶりを見せました。
Hon

第二部はイシグロ氏と、新作『忘れた巨人』他の翻訳者である土屋正雄氏、司会進行として英米文学研究者として名高い柴田元幸氏が登壇。
『忘れた巨人』について興味深い話が多々出ました。

最後のQ&Aでは、「なぜ『忘れられた巨人』は今までの作品と異なり一人称で書かれていないのか?」というまじめな質問があったりもしたのですが、イシグロ氏の回答が興味深かったのが、「小説家になるのはどうしたら良いのか?」という質問。
イシグロ氏の答えは、「そうした質問は英米の若い人たちからも多く受ける。英米で創作クラスも多い。だが、多くの人は小説家になりたいのであって、小説を書きたいわけではない。時間を無駄にしないためにも、本当に小説を書きたいかどうかを考えることが大事」というもの。
これって、小説界だけの話じゃないですよね!

*********

Kazuho Ishiguro talks in Tokyo.

Kazuo Ishiguro, winner of the Booker Prize, talks for the 19th Hayakawa International Forum.

Part 1:
Mr. Ishiguro talks with Ms. Anne (actress) and Mr. Makoto Ichikawa. (literary essayist).
They talked about Shiguro works' theme "memory".
And Mr. Shiguro talked whtat to do about the movies and the plays based on his novels.

Part 2:
Mr. Ishiguro talks with Mr. Motoyuki Shibata (English and American literature scholar) and Mr. Masao Tsuchiya (translator) about Ishiguro new book "The Buried Giant". 

| | コメント (0)

今、読んでもおもしろい村井弦斎「食道楽」

814001 明治のベストセラー、村井弦斎の「食道楽」がおもしろいのです。
最近、いろいろと古くておもしろいものを発掘している岩波文庫から、100年の時を経て再び世に現われました。

明治36年の1月3日から一年間、報知新聞に連載されたのですが、もともと文化的(西洋的)食育を目指した啓蒙小説でした。
ストーリーは大食漢の大原満の友人たちが料理上手の娘を娶わせようとしたものの、田舎から両親が婚約者と連れてきて、騒動が起きる、というもの。
しかし、随所に啓蒙小説らしく、調理場は衛生的にしなければならないとか、西洋料理を食べる時の心得など実用的な内容がちりばめられています。

村井弦斎は報知新聞の編集長でしたが、彼の書くものは当時、絶大な人気を博しました。文壇の人気者「紅露逍鴎」すなわち尾崎紅葉、幸田露伴、坪内逍遥、森鴎外4人を合わせても本の売上は弦斎が上回っていたのです。

「食道楽」に出てくる料理は、今でも通用するものも多く、作ってみようという気になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレードランナー ファイナル・カット

1129 新宿の新しいシネマコンプレックス、バルト9で「ブレードランナー ファイナル・カット」を観てきました。
なんと、この映画が最初に公開されてから25年も経ってしまっているのです。
当時、ロードショーでは人が入らず、すぐに2番館へ。
小さな劇場で観たのですが、「2001年宇宙の旅」以来のSF度の高さで衝撃を受けましたが、大半の観客は「よく判らない」といった感じでした。
そもそも原作とされるフィリップ・K・ディックの原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が結構、ディックの不思議ワールドの話。それを原作というよりは原案的に扱っているのがおもしろいところです。

「ファイナル・カット」は「ディレクターズ・カット」を元にしているため、ラストも最初の公開のものとは異なっています。ネタばれ!?
今回はディジタル版なので、少しSFXの画像の悪かったところが修正されています。
なんと言っても新しい劇場なので音響が良いいのが嬉しいところです。
25年経っても、古さをほとんど感じさせないのは、やはり凄い映画です。

最後に、「フィリップ・K・ディックの思い出に捧ぐ」とスクリーンに映されるが泣けます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)