ワイン

ドウロ地方初のジン「コバルト-17」

ポートワインの産地として有名なポルトガルのドウロ地方。
しかし、近年はポートワインの重要が減っているためスティルワインを造る生産者も増えてきました。

Photo
4月11日(水)~13日(金)、東京ビッグサイトで開催された「ワイン&グルメ 2018」に出展していたCobalto Douro社の「コバルト-17」はドウロ地方初のジンです。

ブドウで造ったスピリッツをベースの6種類のボタニカル(ジュイパー、ペパーミント、バーベナ、カルダモン、洋ナシ、ティンタ・マレーラ種のブドウ)を使用。
「ワイン&グルメ 2018」(4月11日~13日開催/東京ビッグサイト)に「コバルト-17」を携えてやってきやコバルト・ドゥロ社の創業者エドガー・ロッカ氏は「今ままでないブドウ味のジンを造ってみたかった」と言います。
バース・スピリッツとボタニカルに使用したブドウの風味が活きた、料理にも合わせやすいジン。
世界的なジン・ブームにまたひとつ新しいジンが加わりました。

Photo_2

| | コメント (0)

アペリティフの日 in 東京 2018

今年も「アペリティフの日 in 東京 2018 」が代官山・ヒルサイド・テラスで開催されています。

Photo

今年で日仏交流160周年を迎えます。
「アペリティフの日 in 東京」は日仏交流160周年記念事業に認定されました。

■開催日時
5月18日(金) 12:00-20:00
5月19日(土)・20日(日) 11:00-19:00

5月18日、心配されたお天気もなんとか持った18日。

2
フレンチな設えが良いです。

Photo_2

ムール貝など海の味も。

3
フランスのビールもあります。

Photo_3
パティシエ・シマのパティスリーがおいしそう。

Photo_4

ビストロ料理がおいしい「ル・プティ・ブドン」のお店もあります。
肉まんの皮に、フレンチ味の具材(カスレや牛肉の赤ワイン煮込みなど)を入れたテイクアウトも楽しい一品。

Photo
日本各地の良質な食材にこだわるドミニク・コルビ・シェフのサンドイッチ。
自家製自然酵母のパンに、シャンボン(ハム)やパテ・ド・カンパーニュをはさんだ極上の自然派サンドです。

Photo_3
連日、来場のコルビ・シェフ。
気さくな人柄でお客さんに大人気。

Photo_5
「アペリティフ」なのでワインはシャンパンが多く、日本の「アペリティフの日」公式シャンパンのデュヴァル=ルロワも出展。

Photo_6
Bauget-Jouetteは1822年の創業以来、5世代にわたりシャンパンの中心地エペルネでシャンパンを造り続けています。

2_2

「アペリティフの日 in 東京 2018 」では20,000円以上するプレミアム・シャンパンをグラス売りで注文することができます。

2_3
各ワイン販売ブースのグラスワイン売りはプラスティックグラスですが、200円のガラスのレンタルグラスがあります。
やはり上質のワインはワイングラスで味わう方が、ワイン本来の味が楽しめます。

| | コメント (0)

マルケ州ワインセミナー、ワインディナー

Photo_4

4月24日、ホテルニューオータニで、「マルケ州ワインセミナー」及び「マルケ州ワインディナー」が行われました。

アドリア海に面したイタリア中部にあるマルケ州は昔からワイン造りが行われてきました。
今年、マルケ州を代表するワイン2種─白ブドウ・ヴェルディッキオ種から造られる白ワイン「ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ」と、黒ブドウのモンテプルチアーノ種とサンジョヴェーゼ種をブレンドして造られる赤ワイン「ロッソ・ピチェーノ」がDOP(保護原産地呼称ワイン)となって50年を迎えました。
「50周年記念ワインセミナー」には、アンナ・カシーニ マルケ州副知事 兼 食品担当評議会議員が来賓。
「マルケ州のワインは量ではなく品質を重視。オーガニック栽培にも力を入れている。
また、郷土料理との繋がりも深い。
ぜひマルケに来て、どのような人々がワイン造りをしているのか見て、郷土料理と共に味わう体験をして欲しい」と挨拶がありました。

アントネッラ・マルッチ イタリア大使館貿易促進部副部長からは
「日本はイタリアワインの重要な貿易相手国で、第三位となっている。
これからも最高品質のイタリアワインを紹介したい」と挨拶。

Photo

左から、アンナ・カシーニ マルケ州副知事 兼 食品担当評議会議員、セミナー講師・内藤和雄氏、リッカルド・ストラーノ マルケ州食品プロモーション担当官。

ワインセミナーの講師はイタリアワインに造詣の深いソムリエの内藤和雄氏(イタリアワインソムリエ技能コンテスト優秀ソムリエ)。

ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージDOPセミナー
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージDOPセミナーでは、イェージ川の左岸と右岸に分けての、ワイン醸造の違いが特徴を現すワイン8種の試飲セミナー。

【セミナー試飲ワイン
🍷ヴィカーリ/ヴェルディッキオ デル・ポッツォ・ブオーノ 2016
ヴェルディッキオ100%
19世紀からブドウ栽培とワイン醸造を行っている家族経営のワイナリー。
ステレンスタンクのみで醸造。
海に近い畑のなので、ミネラル感があるワイン。
輸入元:アプレヴ・トレーディング株式会社

🍷ヴィッラ・ブッチ/“ブッチ”ヴェルディッキオ・クラッシコ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ 2016
ヴェルディッキオ100%
アーモンドのニュアンス。
ととのっている骨格がブッチの特徴。
輸入元:日欧商事株式会社

🍷サルタレッリ/ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエージ ”トラリヴィオ” 2015
ヴェルディッキオ100%
樹齢50年を超す畑「トラリヴィオ」のブドウを使用。
洋ナシ、アカシア、アーモンドの香りを持つ、ボディ感のあるドライワイン。
オーガニックワイン。
輸入元:テラヴェール株式会社

🍷ファットリア・サン・ロレンツォ/ ”レ・オケ” ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエージ2015
ヴェルディッキオ100%
”レ・オケ”Le Ocheは「ガチョウ」の意味。
オーガニック&ビオディナミ。
ナシ、アーモンドの香りにミネラル、かすかなアニス。
輸入元:メイワ株式会社

🍷アンドレア・フェリーチェ/ヴェルディッキオ・クラシコ・スペリオーレ 2015
ヴェルディッキオ100%
4生産者のみのアビーロにあるワイナリー。
祖父の畑を引き継ぎ、2003年ワイナリーを興す。
ビオロジック。
青リンゴやアーモンドの香りを持つ「山のヴェルディッキオ」。
輸入元:株式会社 飯田

🍷ピエヴァルタ/ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエージ クラシコ・スーペリオーレ 2016
ヴェルディッキオ100%
フランチャコルタで成功した生産者が、風の強いエシーノ河左岸のビオディナミ農法で栽培すっるブドウで造るワイン。
白い花やミネラルの香り。
フレッシュさと骨格を併せ持つ。
輸入元:株式会社 アルカン

🍷ラ・マルカ・ディ・サン・ミケーレ/ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエージ クラシコ・スーペリオーレ 2016
ヴェルディッキオ100%
異業種からの3人がワイン造りを始める。
石灰質土壌の畑を10ヘクタール所有。
熟したリンゴの香りに、石灰質土壌からのミネラル。
ペトロール香も。
輸入元:有限会社 ソーニ

🍷ヴァッレローザ・ボンチ/ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエージ クラシコ・スーペリオーレ ”サン・ミケーレ” 2013
ヴェルディッキオ100%
4世代続くワイナリー。
4つのクリュを所有しているが、「サン・ミケーレ」はもっとも古いもの。
アニス、柑橘系、アカシアなどの香りを持ち、ペトロールも感じる複雑なワイン。
輸入元:アカデミー・デュ・ヴァン

ロッソ・ピチェーノDOPセミナー
ロッソ・ピチェーノDOPセミナーでは、2つのブドウのブレンド割合により特徴が付けられるワイン8種の試飲セミナー。

【セミナー試飲ワイン
🍷エンツォ・メチェッラ/”コッレ・マルヴァーノ” ロッソ・ピチェーノ 2015
モンテプルチアーノ50%、サンジョヴェーゼ50%
1997年、父の跡を継いだエンツォが、バリック樽の使い方にこだわったワイン造りを続けている。
このワインは伝統的手法「カペッロ・ソンメルソ」で、マセレーションを長期間行わず、熟した果実のフレッシュさを活かしている。
輸入元:メイワ株式会社

🍷サラディーニ・ピラストリ/ロッソ・ピチェーノ・スーペリオーレ 2015
サンジョヴェーゼ70%、モンテプルチアーノ30%
1995年にオーガニック農法に転換。
スロヴェニアンオークの大樽で6カ月熟成。
ブルベリー、スミレの香り。
ソストなタンニンのバランスよいワイン。
輸入元:日欧商事株式会社

🍷アルド・ディ・ジャコミ/ロッソ・ピチェーノ ”ザイール” 2014
サンジョヴェーゼ70%、モンテプルチアーノ30%
「ザイール」Zahirはアラビア語が起源で、深い自然に対する情熱を表す。
カストラーノ村に2000年、創立。
ステンレスタンク(サンジョヴェーゼ)とバリック樽(モンテプルチアーノ)で3カ月熟成させ、ブレンドして1~2年熟成。
有機認定。
チェリーやスパイスの香りの、エレガントなワイン。
輸入元:大榮産業株式会社

🍷ファットリア・サン・ロレンツォ/ロッソ・ピチェーノ ”ブレッロ” 2012
モンテプルチアーノ60%、サンジョヴェーゼ40%
セメントタンク(サンジョヴェーゼ)とオークの大樽(モンテプルチアーノ)で18カ月熟成、6カ月瓶熟成。
下草、スミレの香りに、新鮮なイチジク、ミネラルの味わい。
フルボディだが、ミネラルで引き締まったワインになっている。
輸入元:メイワ株式会社

🍷チウチウ/ロッソ・ピチェーノ ・スーペリオーレ ”ゴティコ" 2015
モンテプルチアーノ70%、サンジョヴェーゼ30%
オーガニックの畑が連なるオフィーダの近郊に1970年、創立。
オーガニック認証:CCPB
イタリア産の大樽で12カ月熟成。
黒い果実、なめし皮、甘いスパイス。
アフターにコーヒー、トフィー。
もう少し熟成を待ちたいポテンシャルの高いワイン。
輸入元:アプレヴ・トレーディング株式会社

🍷クラーラ・マルチェッリ/ロッソ・ピチェーノ ・スーペリオーレ 2014
モンテプルチアーノ50%、サンジョヴェーゼ50%
2500ℓの大樽で12カ月澱とともに熟成。
ゼラニウム、ナツメグ、にミネラル、高い酸、シルキーな口当たり。
クラシカルな印象を持たせる、スケールの大きさを感じるワイン。
輸入元:BMO株式会社

🍷レ・カニエッテ/ロッソ・ピチェーノ ”モッレローネ” 2011
モンテプルチアーノ70%、サンジョヴェーゼ30%
ロッソ・ピチェーノではもっとも標高の高い(430m)の畑のブドウ。
古樽で24カ月熟成。
すぐり、ジュニパーベリーの香り。
高い酸、ブラッドオレンジのニュアンス。
輸入元:テラヴェール株式会社

🍷ヴェレノージ/ロッソ・ピチェーノ ・スペリオーレ ”ロッジョ・デル・フィラーレ” 2013
モンテプルチアーノ70%、サンジョヴェーゼ30%
1984年、アンジェラが夫のエルコレとともに始めたワイナリー。
当初9へクタールだった畑は現在マルケ州2番目の規模。
単一畑のブドウを使用。
チェリー、カシス、ベルガモット、ミネラル。
アフターは軽いチョコレート。
エキゾチックなスパイスも感じる、モダンな造りの完成度の高いワイン。
輸入元:株式会社 稲葉

Photo_3

セミナーの後には、セミナーで試飲したもの以外のヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージDOP、ロッソ・ピチェーノDOPもふるまわれ、イタリアワイン輸入業者、プレス、関係者らが、食事と良く合うマルケワインを味わいました。

Photo_5

| | コメント (0)

「岩の原葡萄園」に注目!

4月11日(水)~13日(金)、東京ビッグサイトで開催された「ワイン&グルメ 2018」。
日本ワインに出展も多くありましたが、注目は「岩の原葡萄園」。

Photo

日本のワインぶどうの父と呼ばれる岩の原葡萄園創業者「川上善兵衛」は、1890年(明治23年)、越後高田(新潟県)に岩の原葡萄園を開設し、マスカット・ベーリーAを初め優良22品種を世に送り出しました。

3年ほど前までにワイナリー設備を一新。
定番の「深雪花」や「善」に加え、川上善兵衛氏開発の「レッド・ミルレンニューム」「ローズ・シオター」のブドウを使用したワインに力を注いでいます。
設備を新しくした良い影響で、今まで造るのが困難だったワインにも挑戦しているそうです。
そして、今まで親しまれてきた「岩の原ワイン」の名前は今年10月のワインラベル表示法の変更にともない「岩の原葡萄園」と葡萄園と同じ名前となります。

ワインフェス

毎月、ワイナリーツァーなどのイベントが行われていますが、5月は年に一度の「ワインフェス」が開催されます。
今年は川上善兵衛生誕150年に当たり、さらにパワーアップ。
日時:5月26日(土)、27日(日) 11:00~15:00
* ガイド付きツァー (前売制) 各日2回
午前の部 11:15~
午後の部 12:45~
・ 普段は飲めない樽熟成途中のワインを試飲
・ チケットでワインと食の素敵なマリアージュ

チケット プレミアムワイン4種+オードブル1皿
前売券 一般コース1500円 ガイド付きコース2000円
*ワイナリーHPページ、岩の原ワイナリーショップ店頭
当日券 一般コースのみ2000円

無料シャトルバス
乗り場:JR新幹線上越妙高駅東口、頸城自動車 高田駅前案内所

詳しくは岩の原葡萄園のHPで。
http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/index.html

| | コメント (0)

エンタープライズ・ギリシャ主催/駐日ギリシャ大使館共催「ギリシャワイン試飲会」

4月23日、ホテルニューオータニ東京で、エンタープライズ・ギリシャ主催・駐日ギリシャ大使館共催による「ギリシャワイン試飲会」が開催されました。

B

国内インポーター7社、日本未輸入の生産者3社、地方別(マケドニア/エピルス、テッサリ/中央ギリシャ/アッテイカ、ペロポネソス、ギリシャの島々)未輸入ワインが出展しました。

来日ワイナリー

B_2
メシムネオス・オーガニック・ワイナリー
Methymnaeos Organic Winery

レスボス島のワイナリーですが、土壌がとても風変り。
レスヴォスの化石の森を形成している溶岩から生まれた擦りガラスのような半透明な石に、硫黄の黄色い粉がついています。
この硫黄成分のおかげで、オーガニック栽培が容易にできるとのこと。
またミネラル感あふれたワインになっています。
ワインは3種のみで、すべて黒ブドウのレスボス島ではめずらしいキディリオティコ。
最初に地元の他の生産者と同じように赤ワインを造り、それから「ブラン・ド・ブラン」みたいに白ワインを造ってみたいと思い白ワインを造り、最近、オレンジ・ワインを造り始めたそうです。

🍷メシムネオス ドライ・ホワイト・ワイン 2016
Methymnaeos Dry White Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
ミネラル感あふれるまさしく「海のワイン」。

🍷メシムネオス オレンジドライ・ワイン 2016
Methymnaeos Orange Dry Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
オレンジ色をしたオレンジのニュアンスのあるワイン。
きれいな酸が特徴。

🍷メシムネオス ドライ・レッド・ワイン 2016
Methymnaeos Dry Red Wine
レスボスPGI
キディリオティコ
コショウの風味がアクセント。

B2
オーナーのYannis Lambrou氏。
15ヘクタールの畑はお父さんの代からのもの。
ワインメーカーはボルドーなどでもワイン造りをしているためか、ワインのスタイルはモダン。

B_3
プタリ
Boutari Wineries

1879年、ナウサで設立されたギリシャで大手生産者。
現在、6つのワイナリー(ナウサ、サントリーニ島、ペロポネソス、クレタ島、グメニサ、アッテイカ)を所有。
安定したおいしさ。

🍷プタリ・モスコフィレロ 2017
Boutari Moschofilero
マンティニアPDO
モスコフィレロ
さわやかなレモンの味わいのカジュアルワインだが、バランス良く美味。

🍷プタリ・オロペディオ 2017
Boutari Oropedio
マンティニアPDO
モスコフィレロ
標高650mの畑のブドウを使用して、短期間樽熟成。
まろやかさを増している。

🍷サントリーニ・プタリ 2017
Santorini Boutari
サントリーニPDO
アシルティコ
樹齢50~60年のブドウを使用。
ビターさがアクセントになっているなめらかなワイン。

🍷プタリ・ナウサ 2016
Boutari Naoussa
ナウサPDO
クシノマヴロ
樹齢30~40年のブドウを使用。
軽いタンニンが心地よい。

B_4

ムッシュー・ニコラスワイナリー・バイ・カラミトロ
Winery monsieur Nicolas by G. Karamitros

土着品種「ブラック・ニコラス」に力を入れているワイナリー。

ラベルデザインもユニーク。

🍷レディ・オブ・ザ・レイク 2017
Lady of the Lake
メセニコラPDO
ロディティス
ステレンスタンクのみで醸造したフレッシュな味わい。

🍷モワ、ジュ・モン・フー リミョナ 2017
Moi, Je M'en Fous Lumniona
カルディツァPDO
リムニョナ
樹齢50年のブドウを使用。
ステレンスタンクのみで醸造した、個性的だが飲みやすいワイン。

🍷メセニコラ 2013
Santorini Messenicola
メセニコラPDO
ブラック・オブ・メセニコラ70%、シラー30%
樹齢50年のブドウを使用。
オーク樽熟成12カ月の伝統的な造り方。
過剰すぎない赤いベリーのニュアンスを持つ、なめらかなワイン。

地方別未輸入ワイン

B_5

以前よりもさらにギリシャ固有品種に力を入れて品質が上がっています。
特に、白ワインがすべてきれいな高い酸を持ち、フード・フレンドリーなワインになっています。
イタリア、スペインに続く、食事とともに味わいワインとして、これから注目を浴びそうです。

国内インポーター

JSRトレーディング、Vins d'Olive、有限会社アルコトレード トラスト、有限会社ノスティミア、株式会社モトックス、株式会社ヨルゴス、株式会社ラシーヌが出展。

B_6



ギリシャワインを輸入販売しているインポーターはまだまだ少ないのですが、ギリシャ人がオーナーの株式会社ヨルゴスは品ぞろえが豊富。
価格もリーズナブルなものから高額なものまで。

食品

B_7

ギリシャはオリーブオイルづくりも盛ん。
パッケージがギリシャっぽいところが良いです。

| | コメント (0)

盛況の「イタリア・アモーレ・ミオ! 2018 」

「イタリア・アモーレ・ミオ! 2018」に行ってきました。

Photo
お天気は快晴!
多くの人でにぎわっています。

Photo_2

ガチ冷えのワインが美味しい!

I
パスタんどおなじみのイタリア食材も。

Photo_3

イタリアのレモンリキュール「レモンチェッロ」もあります。
冷凍庫でとろとろになるぐらいに冷やしてストレートで飲むのもおいしいし、炭酸など割って軽く飲むのもおいしいです。

Photo_4
JOOPの「オーガニック最高賞」を受賞したプーリア州のインティーニ搾油場(OLOI INTINI s.r.l.)のインティーニ・ビオ・コラティーナ(Biologico Olio extravergine di Oliva)と「ブレンド最高賞」を受賞したインティーニ・アフィオラ―ト(Olio extravergine di Oliva Affiorato)を販売していました。
「最高賞」は10点満点の9.50から10までのもの。
「最高のもの」ということです。
インティーニ社は品質がどんどん向上し、JOOPでは昨年よりも高得点を獲得しました。

ビオ・コラティーナはビオロジック農の、「プーリアの女王」と称されるコラティーナ種を使用。
青リンゴやアーモンドのような香り、苦味辛味のバランスが最高。

インティーニ・アフィオラ―トはオリヴァストラ種、コラティーナ種、プロヴェンツァーレ種をブレンド。
収穫から製造まですべて手作業という伝統的手法でつくられています。
マイルドなブレンドなので、オリーブオイル初心にも好まれます。

インティーニのオリーブオイルは、輸入販売の株式会社フリームズワークの「自然食まるしぇ」のサイトで購入できます。
またイヴェントでも購入ができます。
http://www.olivemarche.com

***

イタリア気分満喫のイヴェントでした。





| | コメント (0)

杉山商事株式会社・やまきゅういちスイスワイン「スイスワイン試飲会&セミナー」

4月4日、東京・丸の内の糖業会館において、杉山商事株式会社・やまきゅういちスイスワインの「スイスワイン試飲会&セミナー」が開催されました。

Photo

2009年ヴィンテージのものから、スイスワインにほれ込んだ店長自ら足で探してきた高品質なスイスワインのみを輸入・販売している「やまきゅういちスイスワイン」。

セミナーは関心が高いため急遽、席を増やしての開催。
まずはスイス・ビジネス・ハブ外国企業誘致局 上級担当官の松田俊宏氏によるスイス全体とワイン産地についての説明。
そしてワインジャーナリスト柳忠之氏と来日したキャトリーヌ・クルション氏によってスイスワインが語られました。

試飲会
9生産者28アイテムという、今まで見たことがない数のスイスワインが並んでいます。

*ボトル容量表示のないものは750mlボトルです。

Photo_2

ドメーヌ・アンリ・クルション Domaine Henri Cruchon
ヴォー州、モルジェ

1976年、アンリ・クルション氏により興された家族経営のワイナリーで、現在、3世代によって営まれています。
畑は36ヘクタール、約20種のブドウが栽培されており、その中にはピノ・ノワールの古代品種セルヴァニョーン、ガメイとライヒェンシュタイナーとのかけ合わせで生まれたギャマレやギャラノワールと同じ系列のマラなど新しい品種も含まれています。
2000年よりヴィオディナミ農法を採用。2016年、すべての畑をヴィオディナミ農法に転換し、2018年、ドメーヌ全体でデメテール取得予定。

”With the Hands and the Heart...!”がモットーの手と心で造られたトップクラスのワインです。

Photo_3
キャトリーヌ・クルション氏は、アンリ氏の孫娘。
2010年より、醸造家としてドメーヌ・アンリ・クルションのワイン造りに携わっています。

234
🍷ル・モルジェ 2016 Le Morget
Morges,La Côte AOC
Vinatura認証(スイスのヴィオロジック認証)
税別参考小売価格2,800円
700ml(スイス・ヴォー州では、伝統的に700ml瓶にワインを入れていました。)

シャスラ種100%
オーソドックスなシャスラ・ワイン。
酸と果実味のバランスが良い。

🍷ル・モルジェ・セレクション 2016 Le Morget Selection
Morges, La Côte AOC
Vinatura認証(スイスのヴィオロジック認証)
税別参考小売価格3,200円

シャスラ種100%
選び抜かれたブドウを使用。
より凝縮感のあるワイン。

🍷モン・ド・ヴォー グランクリュ 無濾過 2016  Mont de Vaut, Grand Cru, non filtré
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格4,000円

シングルヴィンヤード
シャスラ種100%
樹齢30年のブドウを使用。
シュール・リー
しっかりしたスタイルのビオワイン。(2002年よりビオデナミ)

飲み比べると、3つのシャスラの個性の違いがよくわかります。

Photo_4
🍷アンリ・クルション・クール・ド・キュヴェ 2009 Coeur de Cuve
Vinatura認証
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格4,000円

ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%
シャンパンと同じブレンドのスパークリングワイン。
さわやかな酸を持つエレガントなワイン。

🍷メロディーヌ 2015 Melodine
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格3,500円

ガマレ50%、ガメイ50%
めずらしい品種の組み合わせ。
酸と果実味がバランスよいワイン

🍷セルヴァニャン グランクリュ 2015 Servagnin, Grand Cru
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格4,900円

ピノ・ノワール100%
「セルヴァニャン」は、ピノ・ノワールがスイスにもたらされた当時の品種の呼び名で厳正な管理規制のもと、この名を冠することを許されたワイナリーのみが「セルヴァニャン」を造ることができます。
ピノ・ノワール特有の赤いベリーが香ります。

🍷シャンパネル グランクリュ 2015 Champanel, Grand Cru
Morges,La Côte AOC
税別参考小売価格5,500円

ピノ・ノワール100%
石灰岩質土壌のグランクリュ。
グランクリュならではのエレガントでなめらかなワイン。

🍷レスナ グランクリュ 2014 Raissennaz, Grand Cru
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格8,000円

ピノ・ノワール100%
ロバート・パーカーによってスイス・ベストピノ・ノワールにも選ばれたフラッグワイン。

🍷 ニイロ 2015  Nihilo
Morges, La Côte AOC
税別参考小売価格5,400円

ピノ・ノワール、ガメイ、ガマレ
Demeter 認証
So²無添加、無濾過、無清澄
究極のビオワイン。
3種類のブドウの果実の味わいが口にあふれます。
ボディもあり、フード・フレンドリーでもあるワイン。
白コショウのニュアンスが個性的。

1
アーティザン・ヴィニュロン・イヴォルヌ Artisants Vignerons d'Yvorne
スイス・シャブレ地区イヴォルヌ

イヴォルヌの協同組合。
プロヴァインに出展したり意欲的な生産者。

🍷ブラン・ド・ブラン NV Blanc de Blanc
税別参考小売価格4,600円

シャスラ100%
瓶内二次発酵
めずらしいシャスラのスパークリング。
シャスラ特有の白い花の香りがあふれる優しいイメージを持たせるワイン。
圧も弱いので、発泡性ワインが苦手な人にも。

1112

ヴォー州では2011年ヴィンテージから、ブドウ品種(ピノ・ノワール、シャスラ、ガメイ)、樹齢、収穫方法(手摘み)、収穫量などが厳格に規定された最良畑のものを1er Grand Cruに認定することになりました。

🍷シャトー・ラ・バティ 2015 Château La Batie
1er Grand Cru, Vinzel La Cote AOC
税別参考小売価格4,400円
シャスラ種100%

中世の頃から見張塔として存在したシャトー・ラ・バティですが、1756年にAndré Jacques Baraban氏が購入。
以来6世代にわたり所有されています。
複雑さとエレガントさを併せ持つ、プレミアムワイン。

🍷シャトー・ド・マルセール 2015 Château de Malessert
1er Grand Cru, Fechy La Cote AOC
税別参考小売価格4,400円
シャスラ種100%

修道院の土地であった土地に「シャトー・ド・マルセール」の名を付けられたのは15世紀。
パリ近郊の有名なフォンテーヌブロー城の王様御用ワインのために特別に栽培された「シャスラ・ル・フォンテーヌブロー種」を100%使用。

1415
ドメーヌ・メルムテュス Domaine Mermutus
ラヴォー地区

スイスワインの品質向上に努め、スイス屈指のブドウ栽培、ワイン醸造家のひとりであったアンリ・ショレ氏のワイナリー。
現当主ヴァンサン氏は引き継いだ畑で手づくりでワイン造りを続けています。

🍷テラス・ド・ヴァレリー 2015 Terrasses de Valerie
Lavaux AOC Epesses
税別参考小売価格4,700円

シャスラ100%
ヴァンサン氏の奥さんの名「ヴァレリー」が付けられたワイン。
ドライに仕上げられています。

🍷ヴァン・デュ・バクニ 2014 Vin du Bacouni
Lavaux AOC Epesses
税別参考小売価格6,800円

モンドゥーズ100%(フランス・サヴォワ地方由来の黒ブドウ)
昔、フランスからやってきたモンドゥーズを使用。
スミレやシダ、森の香りがするワインでジビエに合いそう。

1516
ドメーヌ・クロワ・デュプレ Domaine Croix Duplex
ラヴォー地区

1929年、ラヴォーを訪れたSamuel Vogel 氏はその風景の美しさに魅了され、ここでワイン造りをすることを決意。油圧エンジニアからワインメーカーへと変身しました。
3世代にわたりワイン造りを続け、事業を拡張しています。
現在は栽培学と醸造学を3代目のSimon 氏がワインメーカー、妹のMarcelin氏がマーケティングとセールスで兄をサポートしています。

🍷ウイユ・ド・ペルドリ OEil-de-Perdrix
Bonvillars AOC
税別参考小売価格4,200円

ピノ・ノワール100%
スイスワインを代表するロゼワイン。
「山ウズラ「の目」という意味のスイスロゼワイン(山ウズラの目がピンク色のため)は、ヌシャテル湖畔で伝統的にピノ・ノワール100%で造られてきました。
赤いベリーの味わいと、きれいな酸。

🍷フルレット キャトル  Fleurettes 4 Plants
Lavaux AOC
税別参考小売価格3,300円  375ml

リースリング、シルヴァネール、ミュスカ・オットネール、シャスラ
このドメーヌで現在、ワインを造っているシモンのおじいさんのサミュエルが1947年に初めて造った白ワインです。古き良き時代を彷彿させるゆったりとおおらかな味わい。

18192021
ジャン・ルネ ジェルマニエ Jean-Réne Germanier
ヴァレー州

1896年、ユルバン・ジェルマニエ氏がブドウを収穫して以来、ジェルマニエ家はブドウ栽培を続けてきました。
現在は100 ヘクタールの畑を有し、3代目のジャン・ルネ・ジェルマニエ氏と甥のジル・ベス氏がワイン造りに情熱を注いでいます。
スイスを代表するワイナリーのひとつ。

🍷ファンダン・ヴェトロ・テラス 2016  Fendant Vétroz Terrasses
Valais AOC
税別参考小売価格3,200円 

ファンダン(シャスラ)100% 
すっきりした、さわやかなシャスラ。

🍷ファンダン・ヴェトロ・テラス 2016  Fendant Vétroz Terrasses
Valais AOC
税別参考小売価格2,300円  375ml

🍷プティット・アルヴィン 2015  Petite Arvine
Valais AOC
税別参考小売価格5,400円

プティット・アルヴィン100%
プティット・アルヴィンは、ヴァレー州で伝統的に生産されているスイス固有品種。
しっかりとしたストラクチャーを持つ白ワイン。

🍷アミーニュ・グランクリュ・ビオ 2014  Amigne Grand Cru BIO
Valais AOC
税別参考小売価格5,700円

アミーニュ100%
ヴァレー地方だけで栽培されるスイス固有の白ブドウですが、作付面積はわずか20ヘクタール。
少しハチミツなどのアロマを感じるドライ白。

🍷アイダ・ド・ヴェ、クロ・ドゥ・ラ・クタ 2015  Heida de Vex, Clos de la Couta
Valais AOC
税別参考小売価格5,000円

アイダ(別名パイヤン、サヴァニャン)100%
トラミネールの亜種で、フランスのジュラ地方で栽培されているサヴァニャンの別名のアイダ。
さわやか仕立て上げられた白ワイン。

🍷ドール・ブランシュ 2015  Dôle Blanche
Valais AOC
税別参考小売価格3,900円

ガメイ60%、ピノ・ノワール60%
スイスの代表的なロゼワインのひとつ「ドール・ブランシュ」。
ピノ・ノワールの優雅さと、ガメイのしっかりしたストラクチャーを併せ持つロゼ。

🍷ヴェスパ 2014  Vespae
Valais AOC
税別参考小売価格4,900円

ガメイ100%
冷涼気候のため、ボジョレよりもひきしまったワインに仕上がっています。

🍷カイヤス 2013 Cayas
Valais AOC
税別参考小売価格8,500円

シラー100%
シラーらしいスパイスのニュアンスを持つ、冷涼地域のシラー。

🍷ユマーニュ・ルージュ 2015  Humagne Rouge
Valais AOC
税別参考小売価格4,800円

ユマーニュ・ルージュ100%
ヴァレー地方だけで栽培されるスイス固有の黒ブドウを使用。
穏やかな大人の赤ワイン。

232425

26

イストワール・ダンフェール  Domaine Histoire d'Enfer
ヴァレー州サルクネン

2008年、3人のワイン造りへの情熱に憑りつかれた男たち、アレクサンドル・シャラン氏、ジェイムス・パジェ氏、パトリック・レガメ氏によって設立。

🍷カルケール・アプソリュ 2012 Calcaire Absolu
Valais AOC
税別参考小売価格16,000円

ピノ・ノワール100%
「カルケール・アプソリュ」とは「完全無欠の石灰岩」の意味。
まさしく石灰岩質の畑「サルクネン」は最高のピノ・ノワールを産み出します。
エレガントで凝縮感のあるスーパープレミアム・ピノ・ノワール。

2728
ドメーヌ・シャパツ Domaine Chappaz 

スイスにおけるビオデナミ生産者第1世代のマリー・テレーズ・シャパツ氏は、2003年よりすべてのブドウ畑でビオデナミによる栽培を採用。
今や「スイスワインのスター」と呼ばれています。

🍷ラ・リオディザ・ロゼ 2015 La Liaudisaz Rose
Valais AOC
税別参考小売価格5,200円

メルロ、ガメイ、ピノ・ノワール
エレガントなプレミアム・ロゼ。

🍷グラン・ガメ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015 Grain Gamay Vieilles Vignes
Valais AOC
税別参考小売価格6,600円

ガメイ100%
古木のガメイから造られるガメイには他のガメイにはないエレガスがあります。

シャスラもいろいろと違いのあるのを発見。
また冷涼地域のピノ・ノワールのポテンシャルにもびっくり。
さらに飲み飽きないワインが多いのに感激。
希少なスイス固有品種のワインもあり、大変貴重な試飲会でした。

やまきゅういちスイスワインは、専用サイトで購入できます。
http://yama91swisswine.com/

| | コメント (0)

「マルスワイン祭り 2018」5月3日(木)、4日(金)開催!

20181

5月3日、4日、今年も「マルスワイン祭り2018」がマルス山梨ワイナリーで開催されます。

●イベント
"ウェルカムビンゴdeワイン!"、"ぶどう飛ばし大会"、"チーズ&ワインセミナー"など。
●試飲コーナー
国産ワインコンクールに受賞した"シャトーマルス・シリーズや、樽出しワイン、蔵出しにごりワイン、あなたの生まれた年のワインなど。
グルメ屋台
地元山梨の飲食店のワインにぴったりの料理やおつまみを提供。

日時:2018年5月3日(木)、4日(金)
午前10:00~午後5:00(5/4は午後3:30) 少雨決行
会場:本坊酒造株式会社 マルス山梨ワイナリー(山梨県笛吹市石和町山崎126) 

車利用:中央自動車道一宮御坂IC.より、車で15分(駐車場あり)
電車利用:JR中央本線石和温泉駅より徒歩7~8分または、タクシーで3~4分

*5月3日、4日のみ石和温泉駅から無料ワゴンバス運行

2017
2017年、大賑わいだった会場。

| | コメント (0)

「バリュー・ボルドー 2018」発表!

ボルドーワインの新たなイメージを普及させる「Bordeaux Wine Week」がスタートしました。
その皮切りとなったのが、4月17日、ROPPONGI HILLS CLUB(六本木)で開かれた「ボルドーワイン委員会 記者会見」です。

Photo_2

ボルドーワイン委員会 記者会見

ボルドーワイン委員会広報ディレクター、クリストフ・シャトー氏よりボルドーワインの最新情報が発表されました。

・ヴィンテージ2017
4月下旬に発生した霜害で収穫量が大幅減(ただし、ポイヤック、サンテステフ、サンジュリアンは過去5年より平均よりも多い)。
地球温暖化の影響か、近年よりも10~15日早い収穫。
総生産量は350万ヘクトリットル(4億6,600万本)で、2016年より40%減。

どうやらアンドリュー・ジェフォード氏がDecanter誌に書いていたように、フィロキセラ禍以来の減産のようですが、ボルドーでは2015年と2016年ヴィンテージのストックを放出し、市場流通量を調整し、価格の安定を図る、ということです。
1911年、ひどい霜害のためボルドーワインの流通量が減り、市場価格が高騰。そのため消費者のボルドーワイン離れが起きてしまった、という事から良年のストックを持ち、状況に応じて在庫を放出するシステム「VCI」(Volume Conserver Individual/個別容量保管制度)を構築しました。今回、このシステムを発動させる予定。

・2017年 日本におけるボルドーワイン市場
一時期の停滞から活性化。
数量で2016年比+5%(約152,500ヘクトリットル;2,000万本)、売上高で2016年比+6%(約150億円)。
輸入割合は、辛口白11%、赤89%。

・ボルドーワイン フェスティバル
2年に一度開かれる「ボルドーワイン フェスティバル」が今年は6月14日~18日、ボルドーの歴史地区とガロンヌ川岸で開催されます。
今年は20周年の記念年にあたり、歴史に名を残す帆船約30隻が、リバプールを出てダブリンを経由し、ボルドーにやってきます。
また、約2キロにわたりネゴシアンや生産者のワインスタンドが1,200軒連なり、ボルドーワインスクールのワイン講座を開催されるなど、ボルドーワインが堪能できるイヴェントです。

・新世代の生産者&女性の活躍
ボルドーでは、若い世代の生産者が世界各地でワイン造りの経験を積み、SNS等でお互い情報交換を行い、カジュアルワインの新しい波を興しつつあります。
また、ワイン業界への女性も進出もめざましく、異なる世代の女性たちがさまざまな新しい試み(ワインツーリズムイヴェントの開催等)を行っています。

Photo
・ボルドーワイン プロ向けe ラーニング・アプリ「ウノボルドー Oeno Bordeaux」
ボルドーワインの専門知識等が簡単に手に入る5カ国語対応(フランス語語、英語、ドイツ語、中国語、日本語)アプリ。
ボルドーワインの知識が得られるワインスクール、得た知識を確認できるクイズ、料理とのマリアージュ、ボルドーのトレンド/観光情報の4つのカテゴリーに65を超えるモジュールを搭載しています。

・POP UP BAR 「MY BORDEAUX PARTY」
青山のCommune 2ndで、ボルドーワインを青空の下カジュアルに楽しむイヴェント。
バリューボルドーが1杯300円(税込)で飲めて、スタンプラリー&抽選会でボルドーワインが当たるお楽しみも。
もちろん、Commune 2ndのフードストールの料理とのペリングのばっちりです。

日時:2018年4月20日(金)~22日(日) 11:00~20:00
会場:Commune 2nd (港区南青山3-13)

***

バリューボルドー 2018

Photo_2
464本のボルドーワイン(小売価格1,000円~4,000円)を5名のソムリエ(井黒 卓氏、岩田 渉氏、大越基裕氏、紫貴 あき氏、松木リエ氏)がブラインド・テイスティングで100本の「バリューボルドー2018」を選出。
Photo_3
紫貴 あき氏、松木リエ氏が来場。
Photo_4
「バリュー・ボルドー 2018」すべてが試飲できるコーナー。

インポーター51社が出展したボルドーワイン大試飲会。
気になるワインがいろいろとありました。

Bbr
ベリー・ブラザーズ&ラッド日本支店
ロンドンの老舗ワイン商が取り扱うのは、長い経験からの正統派ボルドーワインの味わい。

バリュー・ボルドー 2018
🍷ベリーズ・グッド・オーディナリー・クラレット 2014/ドゥルト
Berrys' Good Ordinary Claret/Dourthe
AOCグラーヴ
税込希望小売価格\2,430
少し重めのミディアムボディで、ボルドーらしいタンニンの繊細なニュアンスが楽しめます。
カジュアル・ボルドーとしてすばらしい出来。

🍷ベリーズ・グッド・オーディナリー・クラレット 2014/ジャン-ミシェル・カーズ 
Berrys' Good Ordinary Claret/Jean-Michel Cazes
AOCボルドー
税込希望小売価格\3,608
ジャン-ミシェル・カーズらしいしっかりタイプのボルドー赤。 

🍷ベリーズ・グッド・オーディナリー・クラレット 2015/シャトー・クレマンス 
Berrys' Good Ordinary Claret/Château Clemens
AOCソーテルヌ
税込希望小売価格\3,068
定評のある甘口は安心感あり。

Photo_5

オルカ・インターナショナル株式会社
格付け2級のChâteau Léoville BartonのオーナーであるBarton Sartorius家が所有するシャトーのワインを取り揃えています。

バリュー・ボルドー 2018
🍷アントニー・バルトン ボルドー・ブラン 2016/レ・ヴァ・ファン アントニー・バルトン
Anthony Barton Bordeaux Blanc/Les Vins Fins Anthony Barton
AOCボルドー
税込希望小売価格\2,138
ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデルのブレンド。
フローラル、さわやかな酸、エレガンス─典型的なボルドー白。

🍷ランプレッシオン・ドゥ・モーヴザン バルトン 2011/レ・ヴァ・ファン アントニー・バルトン
L'impression de Mauvesin Barton/Les Vins Fins Anthony Barton
AOCムーリス・アン・メドック
税込希望小売価格\3,218
しなやかなタンニンと複雑な香り・味わいを持つ、カジュアルというにはエレガントなルビー色のワイン。

Photo_6
■明治屋
ボルドーの老舗ネゴシアン(1889年創業)、J.J.モルチェ社のワインを長年取り扱っています。
13種と数多く出展していますが、今回はアントル・ド・メールのプティ・シャトー、ヴィニョーブル・デガスに注目。
アントル・ド・メールで8世代続く生産者で、現在、祖母・母・孫娘の女性醸造家たちの手によってワインは造られています。


🍷シャトー・ムーラン・ド・ラ・ソロワ 2014/ヴィニョーブル・デガス
Château Moulin de la Souloire/Vignobles Degas
AOCボルドー
税込希望小売価格\1,728
バリュー・ボルドー 2018
ミディアムボディの飲みやすい赤。

🍷シャトー・デガス・ブラン 2016/ヴィニョーブル・デガス
Château Degas Blanc/Vignobles Degas
AOCボルドー
税込希望小売価格\1,728
さわやかな味わいの、モダンスタイルの白。

🍷シャトー・デガス 2014/ヴィニョーブル・デガス
Château Degas/Vignobles Degas
AOCボルドー・シュペリウール
税込希望小売価格\1,728
赤い果実のニュアンスを持つモダンスタイルの赤。

🍷シャトー・オー・ガヤ 2012/ヴィニョーブル・デガス
Château Haut Gayat/Vignobles Degas
AOCグラーヴ・ド・ヴェール
税込希望小売価格\2,376
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロのブレンド
ブリュッセル国際ワインコンクール2015金賞した、味わい深いミディアムボディ。

Photo

| | コメント (0)

「イタリア・アモーレ・ミオ!」 4月21日、22日 東京・寺田倉庫で開催!

Italiaamoremiologo


4月21日(土)、22日(日)、東京・寺田倉庫で日本最大級のイタリアン・フェア「イタリア・アモーレ・ミオ! 」が開催されます。

Italiaamoremio20181

会場はボードウォークを挟んで、ヴィア・カナーレ、ナーヴェ・アモーレ、ピアッツァ・イタリア、レ・スタンツァの4会場。

ヴィア・カナーレ VIA CANALE
ストリートフード+物販販売
30以上のブースが出店

ナーヴェ・アモーレ NAVE AMORE
2F メインステージ
B1 船内映画館

ピアッツァ・イタリア PIAZZA ITALI
ライフスタイル、トラベル
セミナー
レストラン
キッズ・スペース

レ・スタンツァ LE STANZE
1F ハイブランド展示、The Love Bar(世界No.1バーテンダー、ブルーノ・ヴァンザンによるオリジナルカクテル『Amore mio』が楽しめます。4月21日-22日11:00-21:00)。
2F プレイベート・ダイニング、VIPラウンジ

Italiaamoremio20183
水上映画館

運河の対岸のビルに投影する巨大映画館。

■ニュー・シネマ・パラダイス
シチリアを舞台に、少年と中年の映写技師が映画を通して心を通わせていく名作。
21日 19:30~

プロセッコがある限り、希望がある Finche c’e’ prosecco, c’esperanza
ジュゼッペ・バッティストン演じる警部が、ブドウ畑を愛すアンチロット伯爵の謎の自殺とその周りの不可解な事件に迫る。
21日 13:30~ /15:30~
22日 11:00~ /15:00~

ナポリターナーズ NAPOLITANERS
世界中のナポリ人を取材したどドキュメンタリー。ジローラモ・パンツェッタさんも登場。
21日 11:00~
22日 12:00~

Italiaamoremio20185

Italia, amore mio!の会場である天王洲アイルを走る一般参加型マラソンもあります。
21日 10:00スタート。

***

その他、イタリア・トップアーティストも登場するライブパフォーマンスを無料で観ることができます。

この週末は、イタリアの魅力満載のイヴェント「イタリア・アモーレ・ミオ!」へ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧