ワイン

中国・寧夏ワインに注目!

3月4日、THE BAR CASABLANCA GINZAで中国・寧夏ワインのシャトーバッカスとシャトーイーゾンの試飲会が行なわれました。

Map

中国の内モンゴル自治区に接する寧夏省は、英国デキャンタ誌で「寧夏ワインは国内外のワインコンクールで多くのメダルを受賞し、投資も盛んに行われている。寧夏こそ真の中国のスター産地だ」と述べられているように、今や中国有数のワイン産地となっています。
ブドウ畑の標高は1,000m超。
砂防林で守られ黄河からの灌漑で水が供給されるブドウ畑では、シャルドン、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ等の他、中国の固有品種「蛇龍珠」などが栽培されています。
寧夏のワイナリーは現在、約300。
中でもトップクラスはシャトーバッカス。
今回、シャトーバッカスとそのセカンドラインとして誕生したシャトーイーゾンの試飲会が行なわれました。

■シャトーイーゾン

Photo_20200306144901

🍷シャルドネ白 2014年
100%シャルドネ 13.0%vol
参考小売価格(税別):4,750円
しっかり樽の北効いたカリフォルニアのプレミアム・シャルドネを思わせる造り。

🍷特級カベルネ・ソーヴィニヨン 2016年
100%カベルネ・ソーヴィニヨン 13.5±1%vol
日本未発売
凝縮した、黒に近いガーネット色。カシス、ブルーベリーなどの香りに、ヴァニラ、オークのニュアンス。
バランスの良いフラッグシップワイン。ボディは重すぎないフルボディ。
熟成が楽しみなワイン。

🍷一級カベルネソーヴィニヨン 2016年
100%カベルネソーヴィニヨン 13.5±1%vol
参考小売価格(税別):10,000円
きれいな酸に、ブルーベリー、カシスにヴァニラ、コーヒーなどのニュアンス。ナパ・ヴァレーほど過剰な凝縮感がないため料理に合わせやすいワイン。

🍷バッカーナ2 015年
カベルネソーヴィニヨ60%、蛇龍珠40% 13.5±1%vol
参考小売価格(税別):5,400円
蛇龍珠をブレンドしているので、酸のバランスがよく、黒系の果実の香りも楽しめるワイン。タンニンはおだやか。

🍷ワルツ 2016年
100%メルロ 13.5±1%vo
日本未輸入
砂地のメルロ。凝縮したルビー色とメルロらしいなめらかな口当たり。

🍷特級メルロ 2016年
100%メルロ 13±1%vol
日本未輸入
メルロのフラッグシップ。
きれのよい酸、ミネラル、凝縮した果実、ヴェルヴェッティな口当たり。
ナパ・ヴァレーよりは夜が冷涼なワシントンに近いメルロ。
樽はひかえめ。
グラスワインとしてワインだけでも楽しめるワイン。

🍷佳境 赤 2017年
メルロ35%、カベルネソーヴィニヨン30%、蛇龍珠20%、シラー15% 13.5±1%vol
日本未輸入
イチゴ、フランボワーズなど赤いベリー、アジアのスパイスを感じるバランスのよいブレンドワイン。

■シャトーイーゾン
シャトーバッカスのオーナーのひとりが2009年より始めた、シャトーバッカスのセカンドにあたるワインを造っています。
ラベルは中国の一般の人にもワインを楽しんで欲しいと、寧夏の古代の鹿の壁画をモチーフにしています。
現在、造っているのは赤ワインのみ。

Photo_20200306144902

🍷マスター カベルネ・ソーヴィニヨン2017年
100%カベルネ・ソーヴィニヨン 14±1%vol
日本未輸入
シャトーイーゾンのフラッグシップワイン。
凝縮したカベルネ・ソーヴィニヨン。
熟成が楽しめるワイン。

🍷和諧 赤 2018年
カベルネ・ソーヴィニヨン75%、蛇龍珠25% 14.2%vol
日本未輸入
バッカーナと同じブレンドながらよりフレッシュで、食事に合わせやすいワイン。

🍷一級カベルネ・ソーヴィニヨン2015年
100%カベルネソーヴィニヨン 13±1%vol
参考小売価格(税別):2,600円
しっかりしたルビー色、日照時間が長いため、完熟したブドウ果実の抑えられた果実味と熟成香が絶妙なバランス。
おだやかなタンニンも心地よく、料理とのバランスは抜群。
肉料理・野菜料理を引き立てます。

***

まだ若いブドウ樹が多いのにもかかわらず凝縮味のあるワインが多く、産地のポテンシャルを感じます。
まだまだブドウ品種も研究中のようで、シラーなども楽しみです。

輸入元:長光貿易株式会社

|

バレンタインデーには日本のにごりスパークリングワイン

今年もやってきます2月14日のバレンタインデー。
日本では「チョコレートの日」となってしまっている感がありますが、もともとは「恋人たちの日」です。
そこで恋する二人に飲んで欲しいのが、丹波ワインのにごりスパーリング「沫霞-MATSUKO-」の白とロゼ。
ラベルのイラストにはハート型の葉っぱがあしらわれ、量も500ミリリットルと二人で飲みきれるサイズです。

Photo_20200207182501

🍷沫霞-MATSUKO- 白
兵庫県と山梨県のデラウェアとシャルドネから造られた辛口にごりスパークリング。
ミントやセルフィーユのハーブの香りがかすかにある、果実味を抑えたワインです。
アルコール度10%。

Photo_20200207182502

🍷沫霞-MATSUKO-」ロゼ
山梨県のマスカットベーリーAを使用したにごりスパークリング。
キイチゴのニュアンスのあるドライスパークリング。
アルコール度11%
今が旬の焼き牡蠣との相性は抜群。

いずれもイオン限定販売で、価格は1,080円(税別)。

|

ボルドーワインの新しい波

ボルドーも最近は、希少品種を使ったり、醸造方法を工夫したものがいろいろとあります。
「ドーニッシュ・ワイン AOCカスティヨン・コート・ド・ボルドー 2016」は一風変わったワインです。


2_20200131143301

サンテミリオンの若手醸造家チボー・バルデー(ヴィニョロン・バルデの10世代目)はアメリカの人気作家、ジョージ・R・R・マーティンのファンタジイ小説「氷と炎の歌」を原作とするテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の大ファン。
そこでドラマに出てくるドーンという国で造られているワイン「ドーニッシュ・ワイン」を飲むことが可能かもしれない、とワイン造りと思い立ちました。
「氷と炎の歌」を丹念に調べたところ、ドーニッシュ・ワインに関する記述は40ページにも及んでいたのです。
ドーンは暖かい土地、ということで、夏が暑い砂地のサンテミリオンのメルロを使用。
色の濃い、フルーティでパワフルかつ飲みやすい「ドーニッシュ・ワイン AOCカスティヨン・コート・ド・ボルドー 2016」はアルコール度14.5%。
今までにないボルドーワインが造られました。
キャップシールではなくワックスを使用し、ラベルデザイン等も個性的です。

Photo_20200131143801

白ワイン「アントル・ドゥ・メールのシャトー・プショー・ラルケ 2015」は自然派ワイン。
1924年、イタリアのピエモンテから移住してきたピヴァ家が興したワイナリーで、1989年にオーガニック栽培に転換しています。

Photo_20200131143802

肉料理の入ったサラダとは相性抜群です。

| | コメント (0)

ノエル・ア・ラ・モード~シャンパーニュの祭典~

伊勢丹新宿店で今年も本日(12月4日)から9日までノエル・ア・ラ・モード~シャンパーニュの祭典~が開かれています。
今回は50以上のブランドが出展。

Photo_20191204191701

ひときわ目を惹くのがドン ペリニヨン。
複数のヴィンテージが有料試飲できます。

生産者も何人か来場。

Photo_20191204220601

ドゥ・ヴノージョの輸出部長のFranck Mayaud氏。
定番のコルドン・ブルー・ブリュット NVは1851年が初リリース。
ピノ・ノワール35%、シャルドネ35%、ムニエ30%のクラシックなスタイル。
氏が手にしているのは上級のプランス・ブランド・ノワール NV。

Photo_20191204225801

今回、初めて登場したJapan Champagne of the Year のコーナー。
審査委員長の阿部誠氏が来場。

Photo_20191204230001

各カテゴリーのグランドコメット(最高賞)受賞の5本セット(阿部誠氏によるテイスティングコメントつき)が特別に限定120セット販売されています。
かなりお買い得価格になっています。

[セット内容]

Standard Trophy/スタンダード部門
Champagne Paul Goerg Blanc de Blancs Premier Cru NV
ポール・グール ブランド・ド・ブラン プルミエ・クリュ NV 輸入元:株式会社オーバーシーズ

Standard Rose Trophy/スタンダードロゼ部門
Champagne Comtes de Dampierre Cuvee des Ambassadeurs Rose NV   .
コント・ド・ダンピエール キュヴェ・デ・アンバサダー NV  輸入元:トゥエンティーワンコミュニティ

Millesime Trophy/ミレジム部門
Cuvées Camille Millésime 2010
ヴァザール・コカール キュヴェ・カミーユ 2010 輸入元:株式会社Soleic

Prestige Trophy/プレステージ部門
Champagne Rare 2002
パイパー・エドシック シャンパーニュ・レア 2002 輸入元:日本リカー株式会社

Prestige Rosé
Trophy/プレステージ・ロゼ部門
Champagne Lanson Noble Cuvée Rosé Brut NV 
ランソン ノーブル・キュヴェ・ロゼ・ブリュット NV 輸入元:アサヒビール株式会社

***

今回もシャンパン好きには堪らない販売イヴェントです。

 

 

 

| | コメント (0)

EUのサステイナブル(持続可能)② ボルドーワイン委員会

10月24日、ボルドーワイン委員会技術部門ディレクター、マリーカトリーヌ・デュフール氏が来日。
#Suetainabordeauxプレスイヴェントが行われました。

#Suetainabordeauxというハッシュタグを合言葉に、ボルドーワイン委員会はサステナブルに取り組んでいます。

Photo_20191204083701Photo_20191204083801

生物多様性の促進
カバークロップの促進(現在85%を100%)に。
生垣の植え付け(多様な環境を維持、動物に隠れ場所と食糧源を供給など)。
ミツバチの巣の設置。
ボrドーでは害虫捕食のコウモリの研究・保護を積極的に推進。

気候変動
気候変動にも関わらずブドウ畑という環境を維持するために、温暖化に適応したブドウ品種をAOC規定に導入。
ボルドー・シュペリウールで承認された新品種(赤ワイン用:アリナルノア、カステ、マルセラン、トリガ・ナショナル/白ワイン用:アルバリーニョ、リリオリラ、プティ・マンサン)
剪定時期の繰り下げ、密植の緩和、収穫日の修正および夜間収穫の導入などの見直しが行われています。

フランス最大の生産地、ボルドーもサステナブルに向けて動き出しています。

Photo_20191204083801

ボルドーのサステナブルワインは日本でも手に入ります。

| | コメント (0)

EUのサステイナブル(持続可能)① イタリアのサステナブル認証EQUALITAS

11月21日、雅叙園において在日イタリア商工会議所及びI.E.M(International Exhibition Management)主催「Simply Italian  Great Wines」が催され、セミナーと試飲会が行なわれました。
セミナーのひとつ、Federdoc(イタリアワイン原産地呼称保護組合連合)会長リッカルド・リッチ・クルバストロ氏(フランチャコルタ協会初代会長でありながら、全ヨーロッパのAOC,DOC委員会の会長も務めました)による「フランチャコルタ:1つの土地、3つの呼称」に焦点を当てた「トレーサビリティとイタリアのDOCワインの規定」の中で、サステナブルに言及する場面がありました。


Photo_20191203165001

フランチャコルタとスティルワインを造っているクルバストロ氏のワイナリー「リッチ・カルド」(ロンバルディア州)はサステナブル(持続可能型)生産方式を取り入れ、2017年にはEQUALITASの認証を取得しました。

EQUALITAS

EQUALITASはイタリアワインのサステナブル認証団体です。
環境(Environmental)、倫理的(Ethical)、経済的(Economical)を目指し、ロゴマークは「3E」。

環境(Environmental)
有機栽培で環境保全を目指します。
ラベルには環境に優しいインクや再生紙を使用します。

倫理的(Ethical)
正規雇用を増やし、労働環境を整えます。
コミューンへ寄与します。

経済的(Economical)
財務会計の健全化がワイナリーの持続の条件として、財務をディスクロージャーします。

今やEUでは「持続可能農法」は、有機栽培やヴィオディナミといった栽培方法・醸造方法のみならず大きな概念になってきているようです。

Photo_20191203182001

セミナーで使用されたリッチ・カルドのサステナブルワイン。

■試飲会でのサステナブルワイン

Bellaria

Bellaria
カンパーニア州イルピーノ
Maffei家の家族経営のワイナリー。
ケミカルは使用せず、野生酵母を使用。
二酸化イオウの使用は最小限。

🍷タウラージ 2012 DOCG
飲みやすいが、タウラージらしいコクを感じるワイン。

🍷グレコ・ディ・トゥーフォ 2018 DOCG
モダンスタイルで、ミネラルを感じるワイン。

Bellaria_20191203183401

ワインメーカー

 

 

 

| | コメント (0)

USトップスパークリング「シュラムスバーグ」オーナー/ワインメーカーのワインセミナー

11月21日、USトップスパークリングの「シュラムスバーグ」のオーナー、ヒュー・デイヴィーズ氏によるプレス向けワインセミナーが、赤坂のヴィノーブル(VINOBLE)において開催されました。

シュラムスバーグ
150年ほど前、ナパ・ヴァレーの山腹にヤコブ・シュラムス氏によりシュラムスバーグは興されました。
1965年、シュラムスバーグの所有者となったジャックとジェイミーのデイヴィーズ夫妻は、アメリカで最高品質の伝統的手法による瓶内二次発酵のスパークリングワインを造ることを決意しました。、
当時、カリフォルニアのワイナリーはわずか21カ所、シャルドネとピノ・ノワールの畑は総面積20ヘクタールに過ぎませんでした。
1965年リリースされたブラン・ド・ブランはUSで初めて、商業用としてシャルドネを使用したスパークリングです。
1967年のブラン・ド・ノワールはUSで初めてピノ・ノワールを主体として瓶内二次発酵で造られた本格的スパークリングとして脚光を浴びました。
やがてシュラムスバーグのワインはUSを代表するスパークリングワインとして、大統領の晩餐会に使用されることとなりました。

Photo_20191202181401

現在は二代目のヒュー・デイヴィーズ氏が社長/ワインメーカーを務める家族経営のワイナリーです。

Photo_20191202182101

ワインセミナーは3つのフライトで行われました。

最初のフライトは、どのようなベースワインからフラッグシップワイン「ジェイ・シュラム ノース・コースト」が造られるかを知るフライトです。
シュラムバーグの12の区画、300のロットから選んだ5種のワインが、ジェイ・シュラム ノース・コースト2018の二次発酵前のベースワインになるのをイメージします。
畑の違い、ブドウ品種の違い、樽発酵をしているかどうかによって、微妙に違う5種のワインです。
ヒュー氏によるとシャルドネのクローンはディジョン・クローンだけでなく、あえてUSで交配されたクローンも使っているとのこと。
これは、「シャンパンとは違う最高品質のUSスパークリング」という矜持のためでしょうか。

2番目のフライトは、ジェイ・シュラム ノース・コーストのドサ―ジュする前のものと、した後のものの比較。また、レイト・デゴルジュマンのもの、などです。
ドサージュの重要性がよく分かります。

最後のフライトは、ブラン・ド・ブラン、ブラン・ド・ノワール、ブリュット・ロゼそして2017年完成したスティルワインのためのデイヴィーズ・ヴィンード(セント・ヘレナ)のエステート・カベルネ・ソーヴィニヨン。
シュラムスバーグの多彩なワインスタイルを経験することができるフライトです。

Photo_20191202183701

 

Photo_20191202183702
ヒュー氏のサーベラージュもお披露目されました。
輸入元;ワイン・イン・スタイル株式会社

 

 

| | コメント (0)

丸の内でIGPペイ・ドックワインのイヴェント

Igp

12月6日(金)~12月13日(金)、新丸ビル7階の『丸の内ハウス』(9店舗)にて、IGPペイ・ドックワインをグラスで楽しめるレストランキャンペーンを「emaine des Vins Pays d’OC IGP 南フランスの多彩なワイン~20種類のワインをグラスで楽しめる8日間~ 」が開催されます。
58品種のブドウから造られる赤・白・ロゼのワインがIGPペイ・ドックワイン。


各店舗に置かれている計20種類のIGPペイ・ドックワインワインとぴったり合う美味しい食事とのマリアージュが楽しめます。
また、ワインを3種類飲み比べながら、IGPペイ・ドックワインやワインの特徴について学べる無料セミナーも催されます。

詳細は特設サイトで
http://clk.nxlk.jp/LthC4E3E

| | コメント (0)

シャンパーニュ・ボワゼルのマダム、エヴリン・ロック=ボワゼルが勇退

11月13日、西麻布のラグジュアリー・システムキッチン・メーカーのボーゲンポールジャパンで、シャンパーニュ・ボワゼル主催のインフルエンサー向けイヴェント「エヴリン・ボワゼル リタイアメントイベント@Poggenpohl With influencers」が行われました。

シャンパーニュ・ボワゼルの当主として40年以上にわたり世界中にボワゼルワインを広めてきたエヴリン・ロック=ボワゼル氏。
パリを皮切りに、ニューヨークでも行われたリタイアメントイベントの最後に訪れたのが東京でした。

シャンパーニュ・ボワゼル
1834年に創業され、ボワゼル家直系により現在まで最高品質のシャンパンを造り続けています。
1920年代には、当時としてはひじょうに珍しいブランド・ド・ブランを造りました。
1984年に社長となったエヴリン氏は、通信販売、フリーダイヤルを使って消費者への直接販売を行いはじめました。
シャンパーニュ・ボワゼルは、伝統的製法による洗練されたワインを造るだけでなく進取の気風に富んだメゾンでもあるのです。
2020年、メゾンはボワゼル家六代目にあたるフロラン氏とライオネル氏の手に委ねられました。

Photo_20191130172901

メゾンの代表取締役会長兼CEOフロラン氏とエヴリン氏

Photo_20191130173501

料理は横浜の「鰻 かのな」のご主人・小松氏の手になる鰻と季節の珍しい食材で仕立てられたプレート。

Photo_20191130175101

ワインは3種。

🍷ボワゼル グラン・ヴィンテージ 2008
シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%
8年間、澱と共に熟成。
まだフレッシュさが楽しめる、エレガントな食中酒。

🍷ボワゼル ロゼ NV
シャルドネ30%、ピノ・ノワール55%、ピノ・ムニエ15%
世界的評価を受けている、控えめなフルーツ香が優美なワイン。

🍷ボワゼル ウルティム NV
ピノ・ノワール50%、シャルドネ37%、ピノ・ムニエ13%
6年間、澱と共に熟成。
ドサージュしていないにもかかわらず最高のブドウからの果実味を感じ、リザーヴワイン(40%)で絶妙なバランスをとっているワイン。

ワインと料理の組み合わせをいろいろ試して楽しめました。

Photo_20191130180201

ディーン&デルーカのワイン・コンシェルジュ、ホアキン氏とエヴリン氏。
ボワゼル家のおもてなしの雰囲気あふれるアットホームなイヴェントでした。


 

| | コメント (0)

ガンベロロッソ主催「トレ・ビッキエーリ試飲会」

10月30日、ザ・リッツ・カールトン東京においてガンベロロッソ主催「トレ・ビッキエーリ試飲会」が開催されました。
会場には99の生産者がトレ・ビッキエーリを携えて一堂に会しました。

また会場には人気のプロセッコDOCのコーナーとルガーナDOCのコーナーも設けられました。

Photo_20191129133501

プロセッコDOC

Photo_20191129133601

ルガーナDOC

■注目ワイン

73

テッレ・デ・ラ・クストディア  Terre de la Custodia
ウンブリアで最大の個人ワイナリーのひとつ。
安定した品質。

🍷モンテファルコ・サグランティーノ 2015
トレ・ビッキエーリ

🍷モンテファルコ・ロッソ・ルビウム・リゼルヴァ 2015
ゆたかな味わいと飲みやすさでお薦め。

🍷コッリ・マルターニ・ロッソ・コッレジオーネ 2018

輸入元:東亜商事株式会社

76

カンティーナ・テルラーノ Cantina Terlano
アルト・アデイジェ州の中心都市、ボルサーノにほど近いテルラーノの町の協同組合。

🍷A.A.テルラーノ・ソーヴィニヨン・クオルツ 2017
トレ・ビッキエーリ
なめらかな口あたりのアルト・アディジェらしいソーヴィニヨン・ブラン。

輸入元:株式会社ヴィーノフェリーチェ

77
ビアンカヴィーニャ ViancaVigna
ヴェネト州の高品質スパークリングを生み出すコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ。
ビアンカヴィーニャは2004年、モスケッタ兄妹がワイナリーを興し、たいまち高い評価を得ました。
🍷コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ リーヴェ・ディ・オリアーノ・ブリュット・ナチューレ 2018
トレ・ビッキエーリ
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネDOCGで43区画のみに与えられる「リーヴェ」の名を持つブドウを使用。
ミネラル、ストラクチャーがありながらも優美でなめらかな口当たり。

輸入元:株式会社ヴィーノフェリーチェ

Frank3

Barollo バロッロ
ヴェネト州
🍷Frank! 2017
トレ・ビッキエーリ
カベルネ・フラン100%
世界最優秀ソムリエ、アンドレアス・ラーソン氏も、「フレッシュで凝縮味あり、セージ等のハーブの香りも持つミディアムボディ」と絶賛。
日本未輸入

| | コメント (0)

より以前の記事一覧