tokyowineweb.cocolog-nifty.com > コニャック カミュのイヴェント"Sharing more"

2007年2月、東京・八芳園で行われたカミュのイヴェントは、コニャックの原酒を参加者がブレンドしてマイ・コニャックをつくる、というかつてない嗜好。 カミュ現当主のシリル・カミュの説明を聞いてから、3つの原酒を味わいながら自分のレシピをつくっていく参加者は、小学生の実習のように和気藹々と楽しんだ。 「最低3ヶ月はボトルの中で寝かしてから飲んでください」というシリルの言葉に何人が我慢できるか?

●1 シリル・カミュ

●1 シリル・カミュ

1971年生まれの、カミュ家の現当主。若い感性で、5代続くカミュのコニャックに新しい息吹を吹き込む。


●2 藤田宜永さんとのトーク・ショー

●2 藤田宜永さんとのトーク・ショー

ブレンド・イヴェントの前に行われた直木賞作家の 藤田宜永さんとの対談は、コニャックの持つ奥深さ、飲む楽しみを語り合い、おおいに盛り上がる。


●3 これ、全部フランスから運んだもの

●3 これ、全部フランスから運んだもの

ブレンド用コニャック原酒が並んだ会場。原酒を入れて熟成させた木樽、ブレンドのためのフレスコ、ブレンドしたコニャックを入れるためのボトル─すべてコニャックのカミュから運んだもの。


●4 いよいよ、ブレンド

●4 いよいよ、ブレンド

ブレンド用コニャック原酒を入れた巨大なフラスコ。グランド・シャンパーニュ、プティ・シャンパーニュ、ボルドゥリの4つのコニャック地方の畑から造られた原酒をレシピ通りに軽量して、1人に1本のマイ・コニャックがつくられていく。


●5 マイ・コニャックのできあがり

●5 マイ・コニャックのできあがり

手書きの部分もあるラベルが、いかにもマイ・コニャックの感じ。透明なボトルもいい。


●6 原酒比率が分かるラベル

●6 原酒比率が分かるラベル

グラン・シャンパーニュ、プティ・シャンパーニュ、ボルドゥリの比率が分かるラベル。コニャックはグラン・シャンパーニュだけでつくられるものもあるが、ブレンドが原則。香水とか、シャンパンとか、コニャックとかブレンドするところにフランスの技術文化を感じる。